フーテンの亜矢美(あやみ)がなつぞら再登場で仕事は?フーテンの亜矢美とは?

9月11日の放送では冒頭から衝撃の展開が待ち受けていて度肝を抜かれてしまった人が多いんじゃないでしょうか。

十勝・帯広のロケハンから東京に戻ってきたなつたちは、
自分の家に帰る前にまず奥原咲太郎と光子のいる事務所に立ち寄りましたが、
帯広の雪月で亜矢美(あやみ)さんに会ったことを伝えることが目的でした。

フーテンの亜矢美(あやみ)のフーテンとは?亜矢美の職業(仕事)は?

なつたちマコプロダクションのメンバーが
小畑雪次郎(山田裕貴)と小畑雪之助(安田顕)の働く雪月で、
お菓子を食べつつ、とよ(高畑淳子)から開拓時代の話を聞いていると、
ふらっと姿を現したのが亜矢美(山口智子)でした。

奥原咲太郎と光子の結婚を機に、新宿からほぼ疾走する形で姿を消していましたが、
話によると南は九州鹿児島から足掛け7年、徐々に北上をしてようやく帯広に到着したとのこと。

「フーテンの亜矢美です」なんて自己紹介をしていたので、
おそらくは「フーテンの寅さん」をモデルとした設定ではないかと思われます。

フーテンとはどんな意味なのか調べてみるともともとは精神疾患のことを指していたようで、
気が狂った人、といった意味を持っているようです。

ところがテレビドラマで「フーテンの寅さん」が始まると、
「フーテン」という言葉の持つ意味が徐々に変わり始めます。

新宿に集まるヒッピー族のことを「フーテン族」と呼ぶようになったり、
「フーテンの寅さん」のようにそれこそ、
特定の住所を持たずにフラフラと全国を旅してまわる人たちのことを、
「フーテン」と呼ぶようになってきました。

亜矢美の職業(仕事)も、「フーテンの寅さん」がモデルだとすれば、
テキ屋稼業(露天商)で渡り歩いていると考えて良いでしょう。

露天商といえば、神社のお祭りなどでお店を出すのも一つの形態ですが、他にも、

  • ガマの油売り
  • バナナのたたき売り
  • 天津甘栗の作り売り

といったものも露天商の部類に入るとみなされるようで、
現代的に言うと露天商は大道芸に近いものがあるのかもしれません。

実際になつぞらのフーテンの亜矢美も「かなり稼いで目標額までもう一歩!」と言っていましたしね。

フーテンの亜矢美(あやみ)がなつぞら再登場に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました