水道の蛇口のキーキー音!原因・修理は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

水道の蛇口のねじる部分から、ねじると「キーキー」と音がする原因は?

キッチンの蛇口シングルレバーを動かすとキーキー音が鳴る場合の修理代は?

スポンサーリンク

水道の蛇口のキーキー音!原因は?

水道の蛇口のキーキー音がする場合

ハンドルタイプ
シングルレバータイプ

で原因や修理方法が異なります。

ハンドルタイプの蛇口でキーキー音

水道の蛇口のねじる部分から、ねじると「キーキー」と音がする原因はハンドルタイプの蛇口の場合だと、中のスピンドルが磨耗したものと思われます。

ハンドルを動かすとスピンドルが連動し、スピンドルの動きで蛇口の水量を調節します。

スピンドルの磨耗を放っておくと、そのうち蛇口のハンドルが空回りして蛇口のハンドルを閉めても水が止まらなくなります

ハンドルの空回りという症状はいきなり起こります。ちなみに、ハンドルをきつく閉めても水の止まりが悪いときは早めに蛇口パッキンを交換するようにしましょう。

スピンドルの磨耗が原因でキーキー音がする場合には、古くなったスピンドルを交換するしかありません。

シングルレバータイプの蛇口でキーキー音

シングルレバーの場合、レバーを取ってカバーナットを取れば、その中にカートリッジが入っています。

このカートリッジで温調と吐水量の調整をしています。

スムーズにレバーを回せない場合はカートリッジ交換をします。

カートリッジは同じメーカーの蛇口でも、蛇口の種類によって品番が何種類かあります。
カートリッジは5000~8000円くらいです。
それと作業工賃です。

レバーが外れそうな場合は、レバーのプラスチックが劣化し破損しているかもしれないです。

レバー自体を交換すると料金はレバーのみ交換するなら、既存蛇口の品番から、分解図を確認して、レバーを発注ですかね。数千円単位でしょう。

カートリッジは経年劣化で水漏れします。
劣化することはあっても良くはなりません。

水漏れしてないのなら、質問者様が交換したいタイミングで、変えれば宜しいかと。

ちなみに、カートリッジやレバーハンドルが既に廃番品だと、蛇口の取り替えになります。

水道の蛇口のキーキー音!修理は?

スピンドルの交換もカートリッジの交換も自分で修理できないこともないですが、不用意な水漏れを起こさないために止水栓又は元栓を閉めなければいけません。

つまり修理中は基本的に家中で水道を使うことはできなくなるので、いったん修理を始めたら【確実に】完了するまで続けなければいけません。

特に古い蛇口になると、部品同士が硬く癒着していて、思ったように作業が進まず時間がかかるケースは少なくありません。

途中まで外してギブアップすると、その日は水道が使えなくなってしまいます。

交換のための分解方法をメーカーのお客様相談センターに聞いてみて自分でDIYで修理できなくもないですが、手に負えない場合は、業者に依頼するべきでしょう。

ただ水回りのトラブルに関してはいわゆる「ぼったくり業者」が暗躍をしていて、法外な値段を請求される被害が相次いでいます。

水回り修理「950円〜」のはずが…数十万円の高額請求に!−水回り修理、解錠、害虫駆除などの緊急対応で事業者とトラブルにならないためには?−(発表情報)_国民生活センター
相次ぐ「ぼったくり」水回り修理、「マグネット型」も要注意…年始に困ったらどうすれば?
「許すな!不当高額請求@兵庫」では、これまで悪質な水道工事業者の手口を紹介してきた。読売新聞の兵庫県の各総支局には、多くのメールや手紙が届いている。なかには「年始はどこに修理を頼めばいいのか」といった質問もあり、神戸市

こうしたトラブルに巻き込まれないためにも、水回りの修理代を抑えるためにも、水回りの修理では信頼できる業者を見つけて依頼をするようにしましょう。

○蛇口などの水が止まらない場合は、あわてず水道メータ部のバルブを閉めましょう。(普段から水道メータの位置を確認しておきましょう。)

○チラシの「低料金」や「見積無料」の広告を鵜呑みにせず、申込時にしっかり確認しましょう。

「水道の修理屋さん」は年間対応件数10,000件以上を誇る業界最大手で最短30分で駆けつけてくれます。

・口コミが良い
・到着時間が早い
・出張料金が無料
・キャンセル料が無料
・早朝・深夜料金も無料
・営業時間が長い

水トラブルの際は「水道の修理屋さん」を検討してみてはいかがでしょうか。

対応エリア
【関東】東京都、神奈川県、埼玉県全域
【関西】大阪府、京都府、兵庫県全域
【東海】愛知県、三重県、岐阜県全域
【九州】福岡県、佐賀県全域

最短30分で水回りのトラブルを解決【水道の修理屋さん】




水道の蛇口のキーキー音の口コミ・体験談

タイトルとURLをコピーしました