ジャニーズ社員食堂とは?社食のメニューや料金は?

スポンサーリンク
未分類

ジャニーズ事務所は本社を乃木坂にある「SME乃木坂ビル」へ移転したことに伴い、社員食堂を設けたことで話題となっています。

スポンサーリンク

ジャニーズ社員食堂とは?

ジャニーズ事務所の新社屋は地上6階建てで地下3階部分はスタジオになっています。

本社機能の他、レコード会社やファミリークラブなどの関連会社も移ったそうですが、そんな新社屋に新設されたのが社員食堂。

以前、雑誌「MYOJO」ではジャニーズ事務所の社食について所属タレントが特徴を簡潔にリポートしていました。

・5~6人用テーブル×15個
・林間学校で生徒全員が食事するみたいな空間
・広い!キレイ!カフェみたい
・端にステージがある
・日替わりメニュー有
・昼と夜でメニュー変わる
・麺類、和洋食、エスニック
・人気メニューはJプレート
・カジュアルな食堂、レストランチックな食堂、2つ入り口が並んでる
・コーヒーも飲める

事務所スタッフや先輩・後輩の交流する場になっていて、タレントは食べたい放題

Kis-My-Ft2の宮田俊哉さんは風間俊介、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん、キンプリ(King & Prince)の岩橋玄樹さん、長谷川純さんと、キスマイ(Kis-My-Ft2)の北山宏光さんと6人で食事をしたこともあると話しています。

ジャニーズと言えばもともと、故・ジャニーさんがジャニーズJr.の食事に配慮することで知られていました。

ジャニーズステージの舞台裏でも楽屋に冷たいお弁当ではなく、学校帰りの子に温かいものを食べさせたいという配慮からホットミールを出すようにしているという。

KinKi Kidsくらいの世代までは、合宿所からレッスン場までジャニーさんが自ら運転する車で送り迎えをし、さらには料理まで作ってくれていたそうです(お手製の料理の味はあまり美味しくないらしい)

さらに時をさかのぼると、ジャニーさんは自宅を回想した事務所兼スタジオで所属タレントと同居していたことでも知られています。

田原俊彦(トシちゃん)、近藤真彦(マッチ)、川崎麻世さんなどなど、食事はほとんどジャニーさんが用意してくれて、毎晩のようにみんなで食事をしていたこともあります。

ジャニーさんは突然「ユー、お腹すかない?」と、深夜でもラーメンを食べに行くことも多く、ジャニーズタレントの間では「とらの子ラーメン」(当時は麻布)が有名だったそうです。

ちなみに、ジャニーズ事務所には食堂以外にもコンサートなどで着た歴代の衣装は専用の衣装倉庫に保管されているとのこと。

ジャニーズの全タレントの今までの衣装が、グループごとにそこに入っているそうです。

ジャニーズ社員食堂に関するネットの反応

タイトルとURLをコピーしました