チジノマスクとは?作者は誰?自由研究で47都道府県知事マスク調査

スポンサーリンク
未分類

コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本ではもっぱらマスクの慢性的な品薄状態が続きました。

使い捨てマスクだけでは当然足りなくなってしまったので、手作りマスクを作る人も増え、各種アパレルブランドからも独自デザインのマスク販売。

ユニクロのエアリズムマスクも随分と販売数を伸ばしたようですが、ここにきてさらにチジノマスクなるものが注目されています。

スポンサーリンク

チジノマスクとは?

チジノマスクとは「知事のマスク」のこと。つまり都道府県知事が実際に着用していたマスクを指していています。

例えば東京都の小池都知事の場合、マーガレットレースやダマスク柄など様々なデザインのマスクを着用していたことから、
記者会見のたびに小池都知事のマスクにも注目が集まるようになっていました。

チジノマスクの作者は誰?

チジノマスクは全国47都道府県知事が使用していたマスク調査を調べた結果をまとめた自由研究で、その作者は小学校4年生の女の子とのこと。

名前や通っている学校名については現時点では公式発表がないので、詳しい情報を確認でき次第、ブログに情報を追記します。

チジノマスクの47都道府県知事マスク

娘の自由研究、 47都道府県の知事のマスクを調べていました。

■北海道 鈴木 直道 (すずき なおみち)
白いウレタンマスクや使い捨てマスク

■青森県 三村 申吾 (みむら しんご)
リンゴ柄など青森をPRするおじさんぽっくないマスク

■岩手県 達増 拓也 (たっそ たくや)
岩手県のご当地キャラ「わんこきょうだい」が描かれたマスク

■宮城県 村井 嘉浩 (むらい よしひろ)
ゆるキャラ「むすび丸」が描かれたマスク

■秋田県 佐竹 敬久 (さたけ のりひさ)
基本的に使い捨てマスクを使用

■山形県 吉村 美栄子 (よしむら みえこ)
コロナで売れなくなった特産品のPRのためにさくらんぼ柄のマスクが多い

■福島県 内堀 雅雄 (うちぼり まさお)
定例会ではアクリル板を利用してマスクを外していることもある

■茨城県 大井川 和彦 (おおいがわ かずひこ)
灰色や青色のマスクなど

■栃木県 福田 富一 (ふくだ とみかず)
使い捨てマスクの使用率が高い

■群馬県 山本 一太 (やまもと いちた)
市販の白いマスクをしていることが多い

■埼玉県 大野 元裕 (おおの もとひろ)
マスク不足でいろいろなマスクを使用し「自分には使い捨てマスクが一番似合う」とコメント

■千葉県 森田 健作 (もりた けんさく)
使い捨てマスクを使用しているものの、裏表を間違っていたことがある

■東京都 小池 百合子 (こいけ ゆりこ)
暑い日にはレース素材の涼しそうなマスクなどを使用

■神奈川県 黒岩 祐治 (くろいわ ゆうじ)
使い捨てマスクを使用

■新潟県 花角 英世 (はなずみ ひでよ)
新潟県五泉市のニット会社から贈られたキャラクター刺繍のマスクを使用

■富山県 石井 隆一 (いしい たかかず)
使い捨てマスクを使用。
マスク不足の際は県でいち早く県民にマスクの配布を開始

■石川県 谷本 正憲 (たにもと まさのり)
富山県、福井県と共にいち早くマスクの配布を開始

■福井県 杉本 達治 (すぎもと たつじ)
マスクにイニシャル(T.S)の刺繍をしている

■山梨県 長崎 幸太郎 (ながさき こうたろう)
布マスクと使い捨てマスクの両方を使用
障碍者施設にマスクやフェイスガードを注文し医療機関などに行政から配布

■長野県 阿部 守一 (あべ しゅいち)
マスクは神と布を両方使っている

■岐阜県 古田 肇 (ふるた はじめ)
画像では使い捨てマスクが多かった

■静岡県 川勝 平太 (かわかつ へいた)
紙マスクも布マスクもあり、紙は富士山のキャラクターのシールを貼っている

■愛知県 大村 秀章 (おおむら ひであき)
記者会見でこっち(フェイスシールド)のほうが話しやすいかなと言っていたが、2日後には「思った以上にマスクより息苦しい」と言っていた

■三重県 鈴木 英敬 (すずき えいけい)
使い捨てマスクが多いが布マスクも使う。ちなみに布マスクは大人気アニメの「鬼滅の刃」マスクをしていた。このマスクは障碍者施設の方が作ったマスクです。

■滋賀県 三日月 大造 (みかづき たいぞう)
使い捨てマスクが多い

■京都府 西脇 隆俊 (にしわき たかとし)
いつも「ダチョウ力」という高給使い捨てマスクを使っていることが写真のロゴからわかった

■大阪府 吉村 洋文 (よしむら ひろふみ)
使い捨てマスクを使っている
ある時、耳に障害がある府民から「マスクで会見をすると内容がわからない」という声があり、そのあとは外して会見をするようになった

■兵庫県 井戸 敏三 (いど としぞう)
兵庫県のキャラクターの「はばタン」がプリントされたマスクを使っている

■奈良県 荒井 正吾 (あらい しょうご)
使い捨てマスクをしている
ちなみに奈良県吉野町はヒノキの産地なのでヒノキを使ったマスクが大人気で注文が殺到している

■和歌山県 仁坂 吉伸 (にさか よしのぶ)
マスクは使い捨てが多い
国内初の院内感染が県内で出てしまったので、和歌山県だけの基準でPCR検査を受けられるようにしてクラスターを閉じ込めた

■鳥取県 平井 伸治 (ひらい しんじ)
■島根県 丸山 達也 (まるやま たつや)
■岡山県 伊原木 隆太 (いばらぎ りゅうた)
■広島県 湯﨑 英彦 (ゆざき ひでひこ)
■山口県 村岡 嗣政 (むらおか つぐまさ)
■徳島県 飯泉 嘉門 (いいずみ かもん)
■香川県 浜田 恵造 (はまだ けいぞう)
■愛媛県 中村 時広 (なかむら ときひろ)
■高知県 濵田 省司 (はまだ せいじ)
■福岡県 小川 洋 (おがわ ひろし)
■佐賀県 山口 祥義 (やまぐち よしのり)
■長崎県 中村 法道 (なかむら ほうどう)
■熊本県 蒲島 郁夫 (かばしま いくお)
■大分県 広瀬 勝貞 (ひろせ かつさだ)
■宮崎県 河野 俊嗣 (こうの しゅんじ)
■鹿児島県 塩田 康一 (しおた こういち)
■沖縄県 玉城 デニー (たまき でにー)

チジノマスクに関するネットの反応

タイトルとURLをコピーしました