三重高校野球部メンバー甲子園2022出身中学や注目選手#

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

三重高校野球部が2022年の夏の甲子園(第104回全国高校野球選手権大会)出場を決めました。

2021年に引き続き2年連続14度目の夏の甲子園出場となりました。

スポンサーリンク

三重高校野球部メンバー2022甲子園の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1谷公希投手3年生四日市市立大池中右/右182/76
2高山亮太捕手2年生多気町立勢和中右/右
3宇佐美貴也内野手3年生松阪リトルシニア左/左
4鈴木朝陽内野手3年生愛知木曽川ボーイズ右/左
5端無亜星内野手2年生彦根リトルシニア
6藤井勇斗内野手3年生大正ボーイズ右/右
7大越渉外野手2年生三重ゼッツ右/右
8野田泰市外野手2年生奥伊勢松阪リトルシニア右/左178/73
9上山颯太投手3年生奥伊勢松阪リトルシニア右/左174/61
10西川悠哉投手3年生藤井寺ボーイズ右/右
11前田龍太朗投手2年生尾張ボーイズ
12中家来都内野手3年生和歌山日高ボーイズ右/右
13伊藤大翔捕手3年生鈴鹿ブルズ右/右
14浅井春輝内野手3年生桑員ボーイズ右/右
15青山俊太郎内野手2年生伊勢志摩ボーイズ右/右
16田中聡真内野手1年生松阪市立嬉野中
17輪野暖人外野手2年生奥伊勢松阪リトルシニア
18小林颯斗投手3年生四日市ボーイズ右/左178/81
19松原治也外野手3年生右/右
20神野竜喜外野手3年生兵庫夢前クラブ右/左

2022年の全国高等学校野球選手権三重大会 高校野球夏の選手権大会 決勝では三重県立津商業高等学校と対戦。

初回に先制するとその後は1度もリードを許すことなく8回に2点、9回に6点を追加

投げては先発・上山颯太投手(3年)が8イニングを1失点に抑え11―6で勝利しています。

三重高校野球部メンバー2022甲子園の出身中学

背番号 選手 守備 学年 出身 投/打 身長/体重
1 近藤祐生 投手 3年生 愛知衣浦リトルシニア 右/右 –
2 服部優成 捕手 3年生 四日市市立羽津中 右/右 –
3 池田彪我 内野手 3年生 津ボーイズ 右/右 –
4 奈良迫航汰 内野手 3年生 宇陀リトルシニア – –
5 木本光祐 内野手 3年生 豊田リトルシニア – –
6 藤井勇斗 内野手 2年生 大正ボーイズ 右/右 –
7 森涼太 外野手 3年生 中京ボーイズ 右/右 –
8 宇佐美貴也 内野手 2年生 松阪リトルシニア – –
9 上山颯太 投手 2年生 奥伊勢松阪リトルシニア 右/左 –
10 玉置悠真 投手 3年生 – 右/右 –
11 谷公希 投手 2年生 – – –
12 横井源希 捕手 3年生 西尾ボーイズ – –
13 渡邉光貴 内野手 3年生 津田四日市リトルシニア 右/右 –
14 寳田裕椰 内野手 3年生 大阪交野ボーイズ 右/右 –
15 佐脇桜太 内野手 3年生 東海中央ボーイズ 右/右 –
16 原田俊輔 外野手 3年生 愛知衣浦リトルシニア 右/右 –
17 梅田迅 外野手 3年生 愛知豊橋ボーイズ 右/右 –
18 尾崎凌矢 投手 3年生 奥伊勢松阪リトルシニア 右/右 –
19 斉藤善諒 外野手 3年生 愛知長久手ボーイズ 右/右 –
20 寺尾颯太 捕手 3年生 蒲郡幸田リトルシニア 右/右 –

勝てば甲子園が決まる全国高等学校野球選手権三重大会決勝で三重高校野球部は津田学園高校と対戦。

ノーシードから決勝進出した三重高校野球部は、2回終了時点で2-3と1点を展開となった3回に6-3と逆転に成功。

終盤1点差まで詰め寄られたがリードを守り切り、14年以来7年ぶりの13度目の夏の甲子園出場となりました。

三重高校は1回戦で大会史上最多の65得点、13本塁打を記録し1回戦からの6試合で100得点を挙げる強力打線。

準決勝までの全5試合で2桁安打を記録し、チーム打率は5割を超えています。

■全国高等学校野球選手権三重大会の戦績
決勝 6-5 津田学園
準決勝 6-0 津商業
準々決勝 5-2 松阪商
3回戦 8-5 白山
2回戦 10-0 桑名西(7回コールド)
1回戦 65-0 徳風(5回コールド)

津田学園|201|000|101|=5
三重・・|204|000|00x|=6

三重高校野球部メンバー2022甲子園スタメンは?

三重高校の甲子園スタメンは地方大会決勝(全国高等学校野球選手権三重大会 高校野球夏の選手権大会 決勝)のベンチ入りメンバーとほぼ同じになると予想されます。

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 右 輪野暖人 2年生 奥伊勢松阪リトルシニア – 三重
2 一 宇佐美貴也 3年生 松阪リトルシニア – 台北AA国際野球大会東海連盟選抜 – 三重
3 中 野田泰市 2年生 尾鷲野球少年団 – 奥伊勢松阪リトルシニア – 三重
4 左 大越渉 2年生 三重ゼッツ – 三重
5 二 鈴木朝陽 3年生 愛知木曽川ボーイズ – 三重
6 三 端無亜星 2年生 彦根リトルシニア – 三重
7 遊 田中聡真 1年生 松阪市立嬉野中 – 三重
8 投 上山颯太 3年生 松阪リトルリーグ – 奥伊勢松阪リトルシニア – 台北AA国際野球大会東海連盟選抜 – 三重
9 捕 高山亮太 2年生 多気町立勢和中 – 三重

三重高校野球部メンバー2022の注目選手

上山颯太

名前:上山颯太

出身地:三重県

ポジション;投手/ 外野手

身長:174.0cm

体重:67.0kg

投打:右投左打

球速:144km/h

出身中学:多気中学校

出身高校:三重高校

2021年は2年生エースとして甲子園初戦で樟南(鹿児島)を完封。

2022年は谷公希投手との2枚看板で甲子園を目指す。

三重高校野球部メンバーの進路

榎本 直樹
水谷 清仁
伊藤 泰憲
宮本 四郎
新谷 嘉孝
水谷 孝
水谷 新太郎
清水 昭信
加藤 匠馬

三重高校野球部の監督

三重高校野球部の監督は小島紳さんです。

■小島紳プロフィール
生年月日:1989年4月30日

年齢:33歳

出身地:愛知県

出身高校:中京大中京高

出身大学:三重大学

小島紳さんは高校時代、1年生から捕手(キャッチャー)としてベンチ入りするも2年春から肩を故障し関節唇損傷と診断されます。

手術を受けることになり、「2軍」にあたるBチーム主将から再スタートとすると、試合には出られなくてもチームをまとめた経歴の持ち主。

その後は、「三重大学」に進学し肩の故障もだいぶ癒えていたことから4年時にはキャプテンを努めています。

2011年から三重高に保健体育の教員として赴任すると野球部の副部長を務め中村好治前監督の元、2014夏の選手権準優勝を支えました。

2017年8月中村好治前監督が総監督となり、最年少の28歳でコーチから監督に昇格を果たします。

初采配となった2017秋季大会がは県大会で優勝し、秋季東海大会でもベスト4とまずまずの成績を収めると監督就任2年目の2018春選抜大会に出場を果たしベスト4進出。

準決勝で破れたものの、優勝候補筆頭の大阪桐蔭高と延長戦までもつれ込む激戦となり、甲子園初采配となった大会で、平成生まれの監督として初勝利を挙げることになりました。

三重高校野球部の戦績

■三重高校野球部の甲子園戦績
出場回数 27回
<夏>選手権大会14回(戦績:13勝13敗) 優勝:0回、準優勝:1回
<春>選抜 13回(戦績:16勝12敗)   優勝:1回、準優勝0回

平成26年夏の成績
1回戦 ○ 三重高5-4広陵高(延長11回)
2回戦 ○ 三重高4-2大垣日大高
3回戦 ○ 三重高7-5城北高
準々決勝 ○ 三重高9-3沖縄尚学高
準決勝 ○ 三重高5-0日本文理高
決 勝 ● 準優勝三重高3-4大阪桐蔭高

■2022年の三重高校野球部の戦績
秋季県大会 優勝 〇7-2津商
秋季東海大会 ベスト8 ●1-4至学館高
春季県大会 ベスト8 ●4-7津商
夏季県大会 優勝 〇11-6津商
第104回夏季選手権大会

タイトルとURLをコピーしました