ある日お姫様になってしまった件についてキスシーンは何話?ルーカス

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ある日お姫様になってしまった件について」はピッコマで連載していた異世界ファンタジー漫画。

小説「かわいらしいお姫様」の脇役姫として転生した主人公・アタナシアと伝説の黒い塔の魔法使い・ルーカスのキスシーンは何話なんでしょうか?

スポンサーリンク

ある日お姫様になってしまった件についてキスシーンは何話?ルーカス

■あらすじ
ある日、目覚めたらお姫様になってしまった…!?皇族に生まれ変わったのはいいけれど、よりによって実父の手で殺められる悲運のお姫様なんて!!血も涙もない冷血な皇帝・クロード。死にたくないなら彼の目に留まってはいけない…なのに!!!「いつからこんな虫けらがいたんだ?」早速、皇帝の目に留まってしまったアタナシア。果して彼女は生き残れるだろうか。「私……どうしよう……!?」

アタナシアがルーカスの頬に口づけするキスシーンは71話になります。

クロードの治療をしたルーカスが『何のメリットもないのに働かされてる』と愚痴をこぼしたところ,アーティが『じゃあキスでもすればいいの?』と冗談まじりに答えたら,ルーカスが真面目に捉えてしまって仕方なくアーティがキスをするという展開になっていました。

ちなみに2回目のキスは最終巻・最終話に掲載されています。

ネット小説の脇役姫「アタナシア」に転生したが、小説の中では…18歳の誕生日に父親の皇帝・クロードに殺されてしまう運命で。
一歩間違えば『死』!?ハードモードな脇役姫生活のはじまりはじまり――。
待望の第5巻!

タイトルとURLをコピーしました