樹徳高校野球部メンバー甲子園2022出身中学や注目選手

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

樹徳高校は全国高等学校野球選手権群馬大会 高校野球夏の選手権大会 決勝で健大高崎高校を下し優勝

30年ぶり3回目の甲子園出場を果たし1回戦は明豊高校(大分)と対戦する樹徳高校野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

樹徳高校野球部メンバー/甲子園の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1亀井颯玖投手3年生桐生市立広沢中右/右
2亀田凛太郎捕手2年生館林ボーイズ
3林日陽内野手3年生太田ボーイズ
4阿久津佑太内野手3年生伊勢崎ボーイズ
5森颯良内野手2年生桐生ボーイズ
6武藤右京内野手3年生伊勢崎ボーイズ
7舘野優真内野手3年生桐生ボーイズ
8今野純之介捕手3年生桐生ボーイズ
9高木翼外野手3年生桐生ボーイズ
10清水麻成投手2年生184/
11早川航輝内野手3年生太田翔洋硬式野球クラブ
12橘田雄星不明3年生
13中静健太不明3年生
14阿部匠真不明3年生前橋リトルシニア
15須藤響内野手3年生前橋リトルシニア
16須藤柊芽内野手3年生
17中村奨吾外野手3年生
18田島寛大不明3年生
群馬王者・樹徳が強い!!私学3強を撃破し甲子園へ!

高校野球・群馬 樹徳30年ぶり優勝、不動のエース亀井が粘投

第104回全国高校野球選手権群馬大会は27日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝戦を行い、ノーシードで勝ち上がってきた樹徳が高崎健康福祉大高崎(健大高崎)を6-4で下し、30年ぶり3度目の優勝を果たした。樹徳は序盤に6点をあげて先行し、強打の健大高崎の攻撃をエース亀井の力投とバックの堅守とで4点に抑え、逃げ切った。樹徳は群馬代表として、8月6日から甲子園球場(兵庫県西宮市)で開催される全国大会に出場する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b45590ad8e6e111a866b35b4fcf703394c914439

樹徳高校野球部はノーシードから勝ち上がり、準々決勝から前橋育英、桐生第一と全国制覇経験のある強豪を次々となぎ倒す番狂わせとなりました。

樹徳高校野球部スタメン

全国高等学校野球選手権群馬大会 高校野球夏の選手権大会 決勝・健大高崎との対戦は以下のスタメンで行われました。

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 一 林日陽 3年生 太田ボーイズ – 樹徳
2 右 高木翼 3年生 桐生ボーイズ – 樹徳
3 中 今野純之介 3年生 笠懸東小イースターズ – 東京ヤクルトスワローズジュニア – 桐生ボーイズ – 樹徳
4 二 阿久津佑太 3年生 伊勢崎ボーイズ – 樹徳
5 左 舘野優真 3年生 桐生ボーイズ – 樹徳
6 三 森颯良 2年生 桐生ボーイズ – 東日本報知オールスター群馬県選抜 – 樹徳
7 遊 武藤右京 3年生 伊勢崎ボーイズ – 樹徳
8 投 亀井颯玖 3年生 桐生市立広沢中 – 群馬ダイヤモンドペガサスJr – 樹徳
9 捕 亀田凛太郎 2年生 館林ボーイズ – 東日本報知オールスター群馬県選抜 – 樹徳

樹徳高校野球部メンバー/甲子園の注目選手

亀井颯玖

名前:亀井颯玖(読み方:かめい りゅうく)

生年月日:2005年1月8日

年齢:17歳

出身地:群馬県桐生市

出身中学:桐生市広沢中学校

身長:175cm

体重:66kg

投打:右投げ右打ち

球速:145km/h

(代表)群馬ダイヤモンドペガサスJr

野球を始めたきっかけは、従兄弟が野球をしていたからで6歳から広沢子供会に所属。

やや細身ながら均整の取れた体格の本格派右腕で最速145キロで回転の良い速球を軸に変化球を織り交ぜて相手バッターに的を絞らせない投球術が持ち味。

2022年の夏の選手権は全6試合で先発し、ほぼ全て1人で投げ抜くスタミナで試合後半でも球威はほとんど衰えず140キロ台の速球を出せます。

6連覇を目指す前橋育英との準々決勝では、被安打7で完封。

樹徳高校野球部メンバーの進路

戸部浩(元ロッテ、現ソフトバンク打撃投手)

樹徳高校野球部の監督

樹徳高校野球部の監督は井達誠さんです。

生年月日:1975年

年齢:47歳

出身地:群馬県

出身高校:樹徳高校

出身大学:日本大学

現役時代は戸部浩(元ロッテ、現ソフトバンク打撃投手)を擁し2度甲子園を経験していて、監督として出場する今回と合わせて、樹徳の夏の甲子園3回出場全てに携わるという樹徳高校野球部の歴史に名を刻んでいます。

高校卒業後は日本大学、SUBARUと野球を続け、25歳の時に母校のコーチに就任。2008、2009年夏に県準優勝

7年後に監督に就任しますが、2015年から2018年まで監督を離れ、2019年4月より監督に復帰。

2022夏の県大会ではノーシードから勝ち上がると前橋育英の連覇を阻むなど群馬県を代表する強豪校を次々と下して、母校を甲子園出場に導いています。

樹徳高校野球部の戦績

2022年のチームあhエース亀井が最速145km/hの直球を軸に組み立てると、右打者8人が並ぶ打線は犠打が少なく、序盤から強攻策をとりにいきます。

樹徳高校野球部の2022年新チームの成績(夏の群馬大会)は

・決勝  :樹徳 06-4 健大高崎
・準決勝 :樹徳 10-7 桐生第一
・準々決勝:樹徳 06-0 前橋育英
・3回戦 :樹徳 06-1 商大附
・2回戦 :樹徳 03-0 前橋商業
・1回戦 :樹徳 09-1 群馬高専(7)

タイトルとURLをコピーしました