管野泰久のラップ古文(古典)経歴をwiki調査!学歴(出身高校・大学)は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

管野泰久さんは国語教師としてラップで古文(古典)を教えるというユニークな指導方法で知られる先生。

NHK「テストの花道」や「ナニコレ珍百景」などでも紹介された管野泰久さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

管野泰久のラップ古文(古典)がすごい!

【フツスゴ】国語教師 管野先生 ラップで古典の授業

管野泰久さんは普段はマジメに古文の授業をしているものの、文法に関してはラップのリズムに合わせた独自の指導方法が脚光を浴びています。

眠ってしまう生徒がいないように古典の文法を楽しく教えようと、古典文法の必須事項となる活用法をラップのリズムでを歌ったところよく語呂が合ったため、独学でラップを習得。

ノリノリのラップのリズムに合わせて古文の文法を学べると評判となっています。

管野泰久wikiプロフィール

名前:管野泰久(かんの やすひさ)

出身地:福島県須賀川市出身

出身高校:福島県立安積高等学校

出身大学:早稲田大学文学部

勤務先:学校法人修道学園中学高等学校

職業:国語教師

管野泰久の経歴

管野泰久さんは高校の頃は東大理Ⅲ(医学部)を目指していたものの、物理の成績が悪勝ったこともあり断念。

母親が国語教師をしていた影響もあり、なんと国語の成績はトップクラスだったことから高校2年生の時に理系から文系に文転しています。

管野泰久さんはラップ古文での知名度が高くなっているものの、修道学園中学高等学校では中学1年生に現代文を教えることもあるそうです。

もちろん中学の授業でもかつらを被るなどラップを使った授業を実施。

他にも「評論文を人生に活かす」をモットーに、

山陽女子中等高等学校の特別講師
子ども会会長
広島市ソフトバレー競技委員
広島市民オーケストラのステージマネージャー
教員バンドのボーカル

なども歴任しています。

そんな管野泰久さんの指導法をまとめた教本とDVD「1分間古典文法180」も販売されています。

“本当に頭がよくなる1分間勉強法”シリーズの石井貴士先生と管野先生がコラボして、大学入試教材が出版されました。もちろん教材には管野先生のラップ暗記法が収録されたDVDも付いています。実は福島出身の管野先生。同教材の売り上げの一部は福島の支援に充てていくそうです。

管野泰久のツイッターやインスタグラム

管野泰久のツイッター

管野泰久のインスタグラム

管野泰久のフェイスブック

管野泰久の高校や大学など学歴は?

管野泰久さんの通っていた学校は次のとおりです。

出身高校:福島県立安積高等学校

出身大学:早稲田大学文学部

管野泰久さんは高校生の時、古文担当の先生から古文の助動詞を覚えておいたら楽だと言われ、実際に覚えると理解が進んだという体験がラップ古文の原体験となっています。

さらにプレイステーションで当時「パラッパラッパー」というリズムゲームが流行っていた時期でもあり、リズムにのって覚えると楽に覚えることができるのではないか?というアイデアから、助動詞ラップを始めるきっかけとなったそうです。

学生時代を通じてオーケストラに所属し、中学では仲間と吹奏楽部を立ち上げ、高校でも吹奏楽部の副部長を務めていた他、現在はロックバンド部の顧問も務めています。

管野泰久の結婚した嫁や子供は?

管野泰久さんのフェイスブックを見てみると2人の娘がいることがわかります。

すでに結婚をしていて2児のパパになっているようです。

タイトルとURLをコピーしました