杵築市長選2021立候補者(衛藤竜一郎,永松悟)の公約・プロフィール

スポンサーリンク
0未分類

2021年の杵築市長選挙(杵築市長選)について、立候補者のプロフィールや公約(マニフェスト)をまとめています。

スポンサーリンク

杵築市長選挙(杵築市長選)2021の立候補者の公約・プロフィール

衛藤竜一郎の経歴・公約

杵築石油合資会社役員(会社員)帝京大卒
党派 無所属

永松悟の経歴・公約

大分県杵築市出身。大分県立杵築高等学校卒業。1976年(昭和51年)3月、同志社大学法学部卒業。1978年(昭和53年)10月、大分県庁の佐伯福祉事務所に入庁。こども・女性相談支援センター所長、福祉保健部長などを歴任[2]。

2013年(平成25年)3月、大分県庁を退職。同年10月の杵築市長選挙に無投票で初当選した[3]。2017年10月に無投票で再選。

■政策・公約

2020年(令和2年)2月6日、杵築市が財政危機に陥っていることから、2022年度を目標とした緊急財政対策を取りまとめた。対策の主な内容は以下のとおり。

市職員を17%削減する。
2021、22年度の一般職員の新規採用を取りやめる。
一般職員の給与を平均5%カットし、約4億2千万円減らす。市長や副市長も給料をカットし、議員報酬も削減する。
2020年度当初予算案は、2019年度と比べて一般財源を約12億円削減する。
市内2カ所のプールと1カ所の体育館を廃止する[4]。

タイトルとURLをコピーしました