川上裕(庭師)経歴をwiki調査!モネの庭で情熱大陸

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

川上裕さんは30歳で脱サラして庭師となった経歴の持ち主で、世界で唯一となる本場の「モネの庭」からお墨付きを得た自宅庭園を運営。

ドキュメンタリー番組「情熱大陸」出も紹介された川上裕さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

川上裕(庭師)のモネの庭とは?

女性庭師の夢とともに2万本のチューリップ満開 高知 モネの庭

「モネの庭」とはフランス・ジヴェルニー村にある画家クロード・モネの自宅庭園で数多くのモネ作品が「モネの庭」の風景がモチーフとなっています。

その「モネの庭」の光、色などを基にデザインしたのが高知県にある北川村「モネの庭」で庭師の川上裕さんが作り上げました。

北川村の「モネの庭」では睡蓮をはじめ様々な風景を楽しめるように工夫されています。

池の水面にバラのアーチが映り太鼓橋の藤棚『水の庭』
画家のパレットのようにさまざまな色彩で彩られる『花の庭』
ヤシ・ソテツなどの植栽による地中海イメージ『光の庭』

などモネの絵画にある色彩・光・空気感、その全て五冠で楽しめるようになっています。

川上裕さんは2015年にフランスの芸術文化勲章『シュヴァリエ』を受章し、毎年、開催される川上裕さんの「ガーデニング教室」には多くのファンが集まります。

■北川村「モネの庭」マルモッタンの情報

場所:〒781-6441 高知県安芸郡北川村野友甲1100
電話:0887-32-1233
FAX:0887-32-1243
営業時間:午前10時~午後5時★7・8月は午前9時~午後6時
休園日:毎火曜日(祝休日の場合は営業)
入園料:一般700円 小中学生300円 ※10名以上団体割引有

川上裕(庭師)wikiプロフィール

高知県北川村「モネの庭」マルモッタンのご紹介

名前:川上裕(庭師)

出身地:高知県香美市

生年月日:1961年

川上裕さんは農業を営む両親の元、5歳の時には庭に小さなマイガーデンを作って楽しんでいたそうです。

もともと農家を継ぐつもりでいたものの両親から「公務員など安定した仕事に就いた方がいい」と諭され、大学受験に挑戦するも3度失敗、地元の銀行に就職します。

それでも植物への思いは絶ちがたく、30歳でサラリーマンを退職。造園業社に弟子入り。

12年間かけて設計、施工を学ぶと2003年の42歳の時に樹木だけでなく、花を扱いたいという思いで『北川村「モネの庭」マルモッタン』の庭園管理責任者につきます。

川上裕さんはモネの世界観を理解するために、フランス・ジヴェルニーの「モネの庭」を度々訪れるようになります。

川上裕(庭師)の経歴

仏印象派の巨匠クロード・モネが愛したフランスジヴェルニーにある自宅庭園「モネの庭」の影響を受けた庭や施設が日本国内、世界各国に存在します。

しかし、ジヴェルニーの「モネの庭」から正式に名乗る事を認められた施設は世界でも北川村「モネの庭」マルモッタンだけ。

川上裕さんは「モネの庭」で栽培した植物を使って寄せ鉢の通販(ふるさと納税)や寄せ鉢教室の開催なども行ています。

寄せ鉢は苗のチョイス、デザイン、植込み全ての過程が川上裕さんオリジナルの作品

モネの庭の草花は「モネカラー」「モネスタイル」と呼ぶ可憐で美しい生命力あふれる花々となっています。

そんな川上裕さんの庭師としての活動が「情熱大陸」でも紹介されました。

■「情熱大陸」放送内容

印象派の画家クロード・モネが後半生を捧げて描き続けた睡蓮。数多の傑作は、モネが43歳の時に移り住んだフランス・ジヴェルニーの「自宅庭園」に咲く睡蓮をモデルにしている。
今では多くの観光客が訪れるその庭を、もし日本でも見られるとしたら…

高知県にある『北川村「モネの庭」マルモッタン』は、フランスのモネ財団から、世界で唯一モネの名を冠することを許された庭園だ。全体で3ヘクタールに及ぶ庭の管理を担っているのが、川上裕59歳。10人ほどのスタッフたちとともに、本家ジヴェルニーの「モネの庭」を手本としながら、モネの絵画に学び、円形に整えられた睡蓮、水面に映り込む木々の植栽、ナチュラルさを感じさせる花の配置と色彩感、モネが愛した光景を繊細に再現し、守り続けている。存命中のモネが咲かせたいと願いながら、ジヴェルニーの気候が適さず叶わなかった熱帯性の「青い睡蓮」が見られるのは、高知ならではだ。

庭づくりと聞くと優雅なイメージを持つが、その実態は驚くほど過酷だった。取材に訪れた8月上旬、通過したばかりの台風の爪痕が庭のいたるところに残り、川上は復旧作業に追われていた。さらに、その後の長雨による日照不足で睡蓮の花数も激減。
「ジヴェルニーと高知では気候が大きく異なる、庭づくりの条件としてはとても厳しい…」

そんな中、ジヴェルニーの「モネの庭」で長年責任者を務めてきた庭師、ジルベール・ヴァエ氏による視察が行われることになった。昨年4月に来日予定だったがコロナ禍により叶わず、今回はリモートでカメラを通して庭の現状を見てもらうという。モネの名を冠するからには、どんな悪条件が重なろうと、その名に恥じない庭を維持しなくてはいけない。
「庭の状態が悪ければ、いつモネの名を取られてもおかしくない」
川上は、強風で枝が折れた柳を剪定し、無数の倒れた花の茎を支柱に巻きつけ、雨にうたれながら池で睡蓮の葉を整える。モネの愛した光景を取り戻そうと一心不乱に植物と向き合う様は、まるでモネに雇われた庭師のようだった。モネ、ジヴェルニー、北川村…3つの点を結ぶ、庭師のひと夏の奮闘を追った。

川上裕(庭師)のツイッターやインスタグラム

川上裕(庭師)のツイッター

川上裕(庭師)のインスタグラム

川上裕(庭師)のフェイスブック

川上裕(庭師)の高校や大学など学歴は?

川上裕(庭師)さんの出身中学や高校については学校名を特定できるだけの情報が出てきませんでした。

川上裕(庭師)の結婚した嫁や子供は?

調査中
川上裕(庭師)さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ結婚を匂わせる情報も一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました