KB5005033が重い!Windows Updateが終わらない!脆弱性を修正

スポンサーリンク
0未分類

Windows Updateは毎月第2水曜日に配信されるのが恒例となっていますが、アメリカ時間の8月10日にKB5005033 (OS Builds 19041.1165, 19042.1165, and 19043.1165)が配信されました。

スポンサーリンク

KB5005033が重い!Windows Updateが終わらない!脆弱性を修正

 米Microsoftは10日(現地時間)、Windows 10向けに月例アップデート「KB5005033」を配信開始した。

 このアップデートでは既知の脆弱性の修正を多数含んでおり、TCP/IPのリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-26424)やグラフィックスコンポーネントのリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-34530)などが修正される。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1343282.html

■KB5005033累積更新プログラムの新機能について

KB5005033更新プログラムは主にセキュリティ改善のリリースとなっています。

例えば、マイクロソフトは、パワープランやゲームモードが期待通りに機能しないために、ゲーム中のフレームレートが低下し、パフォーマンスが低下する問題を修正しました。

また、ネットワークドライブをマッピングしているときに、「ファイルエクスプローラー」のウィンドウのフォーカスが失われるバグも修正されました。

この更新プログラムをインストールすると、Windows 10 2004 はビルド 19041.1165 に、Windows 10 20H2 はビルド 19042.1165 に、Windows 10 21H1 はビルド 19043.1165 に更新されます。

この累積アップデートによる主な修正点は次のとおり。

Point and Print を使用してドライバーをインストールする際のデフォルトの権限要件を変更しました。この更新プログラムをインストールすると、ドライバーをインストールするには管理者権限が必要になります。Point and Printを使用している場合は、KB5005652, Point and Print Default Behavior Change, およびCVE-2021-34481を参照してください。

ゲームサービスがデスクトップユーザー向けに特定のゲームを開けない問題を修正しました。

IME(Input Method Editor)を使用してテキストを入力できない問題を修正しました。例えば、電源オプションでノートPCの蓋を閉めてシャットダウンするように設定している場合、起動後にこの問題が発生する可能性があります。

MDMサービスで、特定の迷惑メールルールが正しく適用されない問題を修正しました。

MDMサービスへの登録時に、デバイスのアップデートビルドリビジョン(UBR)が常にゼロと報告される問題を修正しました。

イベント4624および5142の監査で、表示言語がオランダ語の場合に誤ったイベントテンプレートが表示される問題を修正しました。

System Integrityがメモリをリークする問題を修正しました。

ゲームコントローラのトリガーボタンを押したときに、ゲームで何かを選択するときの音が大きく再生される問題を修正しました。

パワープランやゲームモードが期待通りに動作しない問題を修正しました。これにより、フレームレートが低下し、パフォーマンスが低下する一方でサインアウトした後、分散ファイルシステム(DFS)のルートにマッピングされたネットワークドライブにアクセスできない問題を修正しました。

Windows 10 バージョン 1909 には、同一の修正を施した KB5005031 が適用されます。

タイトルとURLをコピーしました