1級建築施工管理技士試験解答速報2020|難易度や合格基準点は?

スポンサーリンク
未分類

2020年の1級建築施工管理技士試験は下記のような日程・内容で行われました。

■1級建築施工管理技士試験の日程・時間

1級建築施工管理技士試験の学科試験は当初は2020年6月14日実施予定だったものの新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、

2020年10月18日(合格発表:令和2年11月20日(金))

に延期開催となりました。

※実地試験の試験日は令和3年2月21日(日)で、合格発表は令和3年6月4日(金)

午前: 10:00~12:20(2時間20分)
午後: 13:50~16:00(2時間10分)

■1級建築施工管理技士試験の出題範囲・問題数

四肢択一式(マークシート方式)
出題数82問(必須問題30問、選択問題52問)
解答数60問(必須問題30問、選択問題30問)

建築学等
建築一式工事の施工に必要な建築学、土木工学、電気工学および機械工学に関する一般的な知識を有すること。
設計図書に関する一般的な知識を有すること。

施工管理法
建築一式工事の施工計画の作成方法および工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。

法規
建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

スポンサーリンク

1級建築施工管理技士試験解答速報2020

2020年の1級建築施工管理技士試験は下記のような手段で解答速報を知ることができます。

日建学院 2020年度 1級建築施工管理技術検定 学科試験 解答速報
総合資格学院 建築施工管理技士インフォメーション
twitterのハッシュタグ「#1級建築施工管理技士験解答速報」
5ch

twitterのハッシュタグでは他にも「#1級建築施工管理技士試験」や「#1級建築施工管理技士解答速報」で解答が続々と投稿されるし、
5ch掲示版にも解答がドンドン投稿されていきます。

最終的に完成度の高い解答速報が出来上がるスピードで言えば、
例年だと5ch掲示版が最も速くなります。

1級建築施工管理技士試験の合格率,合格ボーダーラインは?

1級建築施工管理技士試験の学科試験では、合格基準点は60問中36問以上正解となっていて、
これまでの平均合格率は44.3%(実地試験の平均合格率は39.7%)となっています。

年度受験者数合格者数合格率
2007(平成19)年23,87111,08846.40%
2008(平成20)年25,68612,78349.80%
2009(平成21)年25,1958,78234.90%
2010(平成22)年25,64010,43740.70%
2011(平成23)年22,2848,31237.30%
2012(平成24)年22,38511,41451.00%
2013(平成25)年20,5769,67747.00%
2014(平成26)年20,5808,56241.60%
2015(平成27)年25,45211,10343.60%
2016(平成28)年25,63912,67549.40%
2017(平成29)年24,7559,82439.70%
2018(平成30)年25,1989,22936.60%
2019(令和元)年25,39210,83742.70%

なお、配点は次のようになっています。

引用:https://kensetugijutu-k-ct.co.jp/kenchiku/trend1.html

1級建築施工管理技士試験の難易度,受験生感想まとめ

タイトルとURLをコピーしました