Key-Quest(キークエスト)通販の最安値は?楽天・アマゾンの価格は?

スポンサーリンク
未分類

Key-Quest(キークエスト)は現代版の十徳ナイフといった便利ツールで、見た目は一般的なカギそのものといった気ホールだー。

家のカギと一緒にキーケースに入れたりポケットにしのばせることができる多機能鍵型便利ツールとして株式会社ツカダ初の自社商品が注目を集めています。

Key-Quest(キークエスト) PV
スポンサーリンク

Key-Quest(キークエスト)楽天・アマゾンの価格は?

Key-Quest(キークエスト)を開発したツカダは1970年の創業のプレス加工業者で、「関の刃物」で有名な岐阜県関市でも「折れず、曲がらず、よく切れる」と評されています。

クラウドファンディング「MAKUAKE(マクアケ)」でKey-Quest(キークエスト)を掲載したところ目標金額100万円に対し、
なんと想定を大幅に超える2,376名の支援者から700万円以上の支援を集めることに成功し、商品化にこぎつけています。

キーホルダーのように持ち運びができるKey-Quest(キークエスト)には、

(1)缶タブ
(2)栓抜き
(3)ドライバー
(4)ナット
(5)ダンボールカッター(カートンオープナー)
(6)糸切り(ラインカッター)

という6つの機能が搭載されているため、下記のような悩みにも即座に対応できます。

「缶ジュースを飲みたいのに、プルタブが起こせない!」
「アウトドアで瓶ビールを飲みたいのに、栓抜きが手元に無い!」
「ネジを回したいのに、マイナスドライバーが手元に無い!」
「機械の修理をしたいのに、ナットがまわせない!」
「段ボールを開梱したいのに、カッターが手元に無い!」
「洋服についているタグピンを切りたいのに、ハサミが手元に無い!」

Key-Quest(キークエスト)の定価は2,800円となっていましたが、アマゾンや楽天で価格を調べてみると、
楽天でもamazonでもほぼ定価での販売となっている中、ショップによってはamazonでは2000円以下で出品されているようです。

Key-Quest(キークエスト)通販の最安値は?

Key-Quest(キークエスト)を「ナット」として使う場面はそうそうなさそうですが、
糸切りや段ボールカッターといった使用用途は、日常生活で意外と遭遇しやすいシチュエーションですよね。

ナイフ類は本来であれば飛行機に搭乗する際に機内持ち込みが禁止されてしまうものの、
Key-Quest(キークエスト)の場合、その形状から危険物とはみなされないため、手荷物検査で引っかかる心配もありません。

しかも宇宙服・防弾チョッキ・消防士の耐火服にも使われる、世界最強の繊維「ザイロン」や「ケブラー繊維」もスパッと切れるほどの切れ味を誇っています。

Key-Quest(キークエスト)の最安値を調べてみると、1900円代で買うことができればほぼ底値と見て良さそうです。

Key-Quest(キークエスト)の口コミや感想

タイトルとURLをコピーしました