小室圭の論文の内容って評価は?ゴーストライターの疑いも

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

小室圭さんの論文「Compliance Problems in Website Accessibility and Implications for Entrepreneurs」がニューヨーク州の弁護士会が学生を対象に募集した論文コンペで優勝したと報じられています。

優勝賞金は2000ドル(約23万円)

スポンサーリンク

小室圭の論文の内容って評価は?

小室圭の論文は起業家がクラウドファンディングによる資金調達を検討する際に、起業家が取り組むべき課題を分析した内容でビジネス法部門で最優秀賞を獲得。

提出した論文のタイトルは “Compliance Problems in Website Accessibility and Implications for Entrepreneurs”

NY Business Law Journal – New York State Bar Association

日本語に訳すと「ウェブサイトへのアクセスしやすさにおけるコンプライアンス問題と、それが起業家にもたらす影響」といったニュアンスになります。

小室圭の論文の論文の内容を日本語に訳して要約すると次のような感じです。

ここ数十年の間に、ウェブサイトを作ることは、多くの起業家にとってビジネス上の判断材料のひとつとなっています。

あるマーケティング会社が2018年に行ったウェブサイトに関する調査によると中小企業の3分の2が自社のウェブサイトを持っています。

自社のウェブサイトを持たない中小企業でも、半数以上がウェブサイトの構築を計画しています。

より多くの中小企業が自社のWebサイトを構築したいと考えていることは容易に予想できます。

特に、国が封鎖されるなど、ビジネスに不利な環境に置かれている困難な時期には、より多くの中小企業が自社のウェブサイトを開設したいと考えることが予想されます。

かなりの数の起業家がウェブサイトの開設を希望していますが、その設計には大きな課題があります。

この論文では特に商標、プライバシー、ADAコンプライアンスなどの法的問題を検討し、それらを解決するための提言を行っています。

他にも起業家がインターネットを利用する際のもう一つの懸念事項であるウェブサイトのアクセシビリティにおけるコンプライアンス問題にも注目

著作権の問題を避けるための名前の選択から、カリフォルニア州消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act,CCPA)のようなプライバシーに関する規則が増えていることを指摘。

米国障害者法(ADA)に基づく障害者のアクセス確保の必要性も訴えています。

コンペでは、中小企業にアドバイスをする弁護士にとって小室圭さんの論文はウェブサイトの立ち上げを成功させるための貴重なガイドやチェックリストになると評価されています。

小室圭の論文にゴーストライターの疑いも

「論文コンペ優勝」でも小室圭さんを認められない人たち…「ゴーストライターを疑います」根拠のない “難癖” も

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまとの結婚会見を10月26日におこなう小室圭さん。

 その小室さんが、米ニューヨーク州の弁護士会が学生を対象に募集した論文コンペで優勝したという。同会が21日までにホームページで発表した。

 確かに、“素直に喜べない” 人たちの心ない批判が多く見られる。なかには、根拠のない “難癖” のような声も……。

《そんなに能力があるなら、金銭トラブルも解決できたんじゃないですか?》

《ここまでトラブル続きだと、今回の優勝に関しても“裏”を感じてしまう。ゴーストライターを疑ってしまいますね》
https://news.yahoo.co.jp/articles/848c09ea954d3785c15fcfad5af1076f86f651de

「22日に放送された情報番組『ゴゴスマ~GoGo Smile』(TBS系)では、ニューヨーク州弁護士の資格を持つ清原博氏も『スーパーマンですよ』と小室さんを絶賛していました。眞子さまにとっても、“朗報” と言えるでしょう。

『女性自身』2021年5月11日・18日合併号によると、同論文を掲載した法律専門誌『NY Business Law Journal』は、《初めてウェブサイトを開設しようしている企業が考慮すべきことを、明確かつ論理的に説明している》と小室さんを絶賛。

タイトルとURLをコピーしました