コンクールで緊張しない方法|吹奏楽で音が出ない!震える

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

コンクールで緊張しない方法にはどんなやり方があるんでしょうか?

あがり症で緊張しやすいと、吹奏楽だと震えて音が出ない失敗をしてしまいがち。

本番では練習通りにできず不本意な結果に終わらないように、コンクールで緊張しない方法は?

スポンサーリンク

コンクールで緊張しない方法|吹奏楽で音が出ない!震える

本番になると緊張し過ぎて練習の成果を出し切れない人は少なくありません。

「そんなに緊張するな」と言われても、大勢の前に立たされたり注目を浴びるような場面では誰でも緊張は避けられません。

ゴルフのトッププロでさえ、最終ホールで優勝のかかった1メートルのパットですら緊張で手が震えて外してしまうことがあるほど。

本番に強くなる方法なんて場数を詰む以外に方法はなく、緊張を消すことはできません。

ただステージ袖で待っているときなど震えが止まらず、汗がすごく出るような緊張を和らげる方法はあります。

緊張して震えるのは体内に高まったエネルギーを何かに代えて消費しようとする代償運動なのかも知れませんから

そんなときはこぶしを強く握る。足を踏み鳴らす、足や腕に力を込めるなどの筋運動を行って筋肉内の余分なエネルギーを使ってあげてください。筋肉が疲れると不思議と震えなくなりますよ。

「丹田呼吸法」をお伝えします。

鼻から吸い込んだ空気をできるだけ深いベルトの高さのところまで持っていって、体内にある、握りこぶしくらいの風船を膨らませる要領でゆっくりと呼吸してください。お腹も意識して膨らませる要領で行います。呼吸回数は大きく少なくが目安。

「ピノキオ式調心法」も記します。
次に、あなた自身が糸で吊るされた操り人形になったような気分で少し軽く背筋を伸ばし、あなたは自分の身体を頭上の真上から見下ろすように意識して身体を動かすようにしてみてください。客観的に自分を外から観察しながら自分を操っているので、胸の高鳴りも心地よく快感に感じられるようになり、緊張している自分に微笑ましい好感を自分自身が感じるようになります。

「手文字式リラックス法」も参考に記述します。

手のひらに「人」という文字を書き、飲み込む動作を3回行います。

観客の意識に飲み込まれない自分になれます。

心の中で(イメージの中で)本番をリハーサルする「メンタルリハーサル」もプロのスポーツ選手などにも使われているのでおススメです。

*方法*
①リラックスする(目を閉じる)
②会場入りしたところや、袖裏で待機しているところから始めて、
本番までをイメージする。
その時の周りの様子や、ホルンを吹いている感覚など、
細かいところまでリアルにイメージできるとより効果的です。
③吹き終わるところまでイメージしたら、イメージを消して目を開ける。

これを何度か本番までに練習できるといいと思います。

コンクールで緊張しない方法は?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました