虎狼の血で瀬島ネタバレ!level2最後はなぜ?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

映画 『孤狼の血 LEVEL2』で瀬島孝之(中村梅雀)は麻雀荘を出たあとなぜトラックに引かれ(突き飛ばされた?)てしまったのですか。

スポンサーリンク

虎狼の血で瀬島ネタバレ!level2最後はなぜ?

瀬島孝之(中村梅雀)は公安所属で日岡(松坂桃李)の相棒として信頼されるように行動していました。

県警上層部の方針は「上林(鈴木亮平)を泳がせて、日岡の弱みを握る」その役割をもって日岡に接近したのが瀬島でした。

瀬島は日岡に近づきチンタの情報などを上林にリークしてました。

チンタが上林組の情報を日岡に伝えている、という証拠写真を上林に封書で送ったのも公安。

要は、上林を野放しにしてチンタを殺させた張本人です。

映画の中では写真を撮っているのが、新聞記者の高坂かな、と思わせているが、実は公安が日岡の周辺を探っていた。(県警の嵯峨管理官は、日岡が邪魔なので公安と協力している)

チンタが裏切っている証拠を上林に握らせた張本人は瀬島なので、その事実を日岡がチンタの姉・近田真緒(演:西野七瀬)に伝え、姉が弟の復讐のために瀬島を事故に見せかけて付き飛ばして殺したというのがあのシーンです。

日岡が、瀬島があの辺にいるという情報を真緒に教えている。映画の中ではその説明は省略しています

小説では瀬島(演:中村梅雀)をトラックと激突させた直後に「サングラスを外した女の顔には復讐を遂げた昏い喜びと、愛する者を失った深い喪失感が浮かんでいた・・・・・」となっています。

また主人公の日岡が、上司の拳銃を奪って、上林を射殺しことを警察はなぜ揉み消したのかというと、日岡が上層部がわざと上林を野放しにしていた汚職の証拠を握っているのと、他の汚職の証拠も握っているからでしょう。

その秘密が書かれた日記などが見つかるとまずいので、迂闊に殺すこともできない。といった感じだと思います。こちらは虎狼の血の前作を観るとわかります。

タイトルとURLをコピーしました