束の間の一花キスシーンは?京本大我(きょも)

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「束の間の一花」は共に余命宣告を受けた「哲学講師」と「生徒」による切ないラブストーリー。

京本大我(SixTONES)さんが、連続ドラマ単独初主演を務めますがキスシーンはあるんでしょうか?

【公式】日本テレビ10月期シンドラ『束の間の一花』
余命宣告を受けている「哲学講師(京本大我・SixTONES)」と「生徒(藤原さくら)」 ふたりの儚くも温かい“束の間”の恋の物語。
スポンサーリンク

束の間の一花キスシーンは?京本大我(きょも)

SixTONES 京本大我、10月期シンドラで連続ドラマ単独初主演 藤原さくらがヒロインに

 SixTONESの京本大我が主演を務める連続ドラマ『束の間の一花』が、日本テレビ「シンドラ」枠で10月より放送されることが決定した。

【写真】『TANG』で大手企業社員を演じる金髪のSixTONES 京本大我の姿

 本作は、奇しくも余命宣告をされた同じ境遇のふたりの“束の間”の恋の物語。余命宣告を受けた哲学講師・萬木昭史を演じるのは、本作が連続ドラマ単独初主演となる京本。そして、余命宣告を受けた女子大生の千田原一花を、本作が日本テレビドラマ初出演となる藤原さくらが演じる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/824e1558911c49ea98d74fe7295e2201a070779b

ドラマ「束の間の一花」は大学で出会った哲学講師と女子大学生がともに余命宣告を受け、痛みと怖さを分かち合いながら、お互いを「希望」として生きていくストーリー。

調べてみると原作ではキスシーンはあるようです。

たった1夜、ふたりでやりたいことや行きたいところを巡るために病院を抜け出したふたりは、最終的に海で今夜だけは夜明けまで一緒にいようと話しをして…

束の間の一花で京本大我(きょも)キスシーンは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました