古来 紫が高貴な色とされた理由は?紫水晶に希少価値 染料が貴重だった#ことば検定

スポンサーリンク
0未分類

5月24日の「グッドモーニング」内のクイズ「ことば検定」で出題された問題は「古来 紫が高貴な色とされた理由は?」でした。

created by Rinker
朝日新聞出版

スポンサーリンク

答え:古来 紫が高貴な色とされた理由は?【ことば検定】

青:紫水晶に希少価値
赤:染料が貴重だった
緑:増税よりも

答え:染料が貴重だった(赤)

紫は紫草の根を染料としています。ただ、紫に染める為には大変手間がかかった為一部の高貴な人しか着用することができませんでした。このような時代背景から紫=高貴な印象が根付いたようです。赤の歴史では紅花染による赤が制限されていたと書きました。限られた人しか使用が許されない色は、人々の憧れの色だったのではないでしょうか。

https://irohacross.net/2013/05/history_purple.html

世界で最も高貴な色「大和貝紫」

千個の貝からわずか数グラム
貝紫は、膨大な数の巻貝を必要とし、希少かつあまりにも高価なため、帝王や貴族の式服にしか使用を許されず「最も高貴な色」と言われてきました。権威の証でもあったことから「帝王紫」や「クレオパトラの紫」と重宝されていましたが、東ローマ帝国の滅亡とともに途絶え幻の色と なりました。秋山は藍の発酵からヒントを得て独自の手法で日本近海に生息するアカニシ貝の内臓(パープル腺)から紫の色素の抽出と染色に成功し、現代に蘇らせました。

類まれな美しい色と優れた堅牢性において貝紫は、染織職人にとり他の追随を許さない天与の染料です。

https://www.ayasilk.com/workshop/royal_purple.html
タイトルとURLをコピーしました