西岡壱誠wiki|東大勉強法ノートを調査!高校や両親もチェック!

スポンサーリンク
未分類

西岡壱誠さんは偏差値35というド底辺と言える成績から二浪の末に東大合格を果たしているドラゴン桜やビリギャルを体現してしまった人。

自身が考案した様々な勉強法も話題で本を出版したり教育サービスも提供するようになっている西岡壱誠さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

西岡壱誠の勉強法

西岡壱誠さんは現役時代の自身の勉強の取り組み方であったり、予備校時代に講師から教わった様々な受験テクニックから逆算して、勉強ができない(勉強しても成績が伸びない)人の共通点を分析。

勉強ができる人とできない人の決定的な違いは復習(振り返り)をするかどうかの違いで、普段の勉強で下記のポイントを抑えるようにと話しています。

なぜ間違ったのかを分析し、同じ失敗を繰り返さないための改善策を検討する
あやふやな知識と確実な知識を区別し、迷った問題は別ノートにまとめる
正解した問題も、選択肢や問題文のヒントがなくても解ける状態まで理解を深める

予備校の先生にはまた出来なかった問題だけを集めた『ダメ集』ノートを作り、
覚えられない用語(英単語や歴史用語など)は「My復習ノート」にまとめるなど、
過去問は解きまくってやりっぱなしで終わってしまうのはだめだと話しています。

他にも、西岡壱誠さんがノウハウとして教えている勉強法には、

ゲーム式暗記術
東大式学習計画
コスパ最強勉強法

といったものがああります。

ゲーム式暗記術

高校受験・大学受験に限らず様々な資格試験の勉強では「暗記」は避けて通れません。

でも暗記が特異なんて言う人はごく一握りで、東大生だってやっぱり「暗記が苦手」「暗記が面倒だ」と感じる人はたくさんいます。

西岡壱誠さんはそこで効率よく暗記する方法の一つとして記憶の軸を作っていく暗記法をおすすめしています。

例えば英単語の「end」だけを暗記しても、それが点数に直結することはないでしょう。

試験に生かすためには「end」の反対語や熟語なども一緒に覚えるようにすることで、関連する語彙を芋づる式に覚えることで長文読解や英作文に対応できる英語力も養うことができます。

また暗記したらすぐにアウトプットすることも重要で、「インプット2割:アウトプット8割」ほどの割合で考えて、覚えたらすぐにテストをすることがポイントです。

そもそも楽しみながら暗記ができる方法として、

英熟語ポーカー
タイムカプセル暗記ゲーム
ひとやすみ暗記ゲーム
漢字⇔英語トランスレイトゲーム

といったゲーム式暗記術も提唱しています。

英熟語ポーカーは、英熟語でポーカーをして遊びながら英熟語を暗記できるます。

タイムカプセル暗記ゲームは作った問題を箱に入れておいて1週間たってから解くというもの。出来ない問題は、また1週間たってからもう一度解きます。

ひとやすみ暗記ゲームは違う切り口のものを入れておくと集中力が維持できて暗記がしやすいことから、
英単語のカード9枚と世界史や数学の問題1枚というように、別の科目の問題を入れておくやり方です。

東大式学習計画

西岡壱誠さんは学習計画も「付箋」を使って一工夫しています。

まず初めに3カ月間くらいの期間で「古典の参考書を1冊やり切る」といった学習計画を1枚の紙にまとめて箇条書きにしていきます。

勉強の量を付箋を使って細分化していき、総ページ数が200ページなら10ページごとに付箋を一枚使うようにして先ほどの学習計画に付箋を貼っていきます。

普段の勉強で最初に決めた分の勉強量を達成したら、どんどん付箋をはがしていくことで、勉強がどれだけ進んだのかを可視化することができます。

なんてことのない工夫ですが、付箋をはがしていくということに対してモチベーションが生まれるようになり、勉強の取り組むときの心理的ハードルを下げる効果が生まれます。

また、1日の勉強量も100%全力を出し切るのではなくやれると思うことの70%に抑えるようにします。

参考書や問題集を1日に10ページ進められると思ったら、7ページに抑えることで、燃え尽き症候群にならない安全策をとっておきます。

コスパ最強勉強法

東大の中だと塾に通っていなかった学生を探すほうが難しいくらい小・中・高時代に塾に通っているひとがほとんどで、
塾に行くにも年間で60万~70万円は必要と、東大生は高所得の家庭出身者が多く、約6割は世帯年収950万円以上とも言われるのも無理はありません。

そこで西岡壱誠さんはコスパ最強勉強法として「何がわからないのかがわからない」という状態を解消するべきと話しています。

『どこがわからないのか?』という問いとしっかり向き合う習慣をつけて、
わからないところがわからない場合は「わかるところまでさかのぼって」振り返って、
「どこがわからないのか」をしっかりと文字にする、紙に文章として書いてみます。

例えば高校の英文法でつまずいたのなら、中学の英文法の復習をする。中学校の数学でできないところがあってちんぷんかんぷんなら、小学校の算数の教科書をのぞいてみる

西岡壱誠wikiプロフィール

名前:西岡壱誠(にしおか いっせい)
出身地:北海道札幌市(東京都府中市在住)
生年月日:1996年3月15日
年齢:24歳
出身高校:私立宝仙学園高校(中高一貫)
最終学歴:東京大学経済学部(4年生在学中)

西岡壱誠さんは中学時代に精神的のみならず身体的な苦痛も伴ういじめにあっていたそうです

ある日、西岡壱誠さんと同じ学年の生徒が振り回していたペットボトルのふたの部分が西岡壱誠さんの額に直撃。

シャツが血だらけになるほどの大出血で、病院に行って額を縫う羽目になったものの、
西岡壱誠さんはどこか「自分がダメなんだから仕方がない」といじめを受けていることやけがをしたこともなかばあきらめ気味だったそうです。

そんな西岡壱誠さんの様子を見て病院に迎えに来てくれた音楽の先生が

「このままでいいのか?」

と語りかけます。

西岡壱誠さんは「いいんです」って答えるものの、話は終わりません。

「これからの人生ずっと中途半端だぞ。 中途半端なのは、なぜかわかるか?」

「西岡、おまえは”なれま線”を進んでいるんだ」

”なれま線”とは、小さい時になりたいと思っていた職業とかが、中学や高校になるにしたがって遠いものになり”なれないよ”と思ってしまうこと。

「なれない」とか「自分にはできっこない」と思うことがどんどん増えていって、自分の範囲がきまってしまうのが”なれま線”で、
西岡壱誠さんに音楽の先生が「おまえには”なれま線”が近くにありすぎる」「でもその線は幻想だからな」って言ってくれたそうです。

仕方がないとあきらめていた西岡壱誠さんですが、先生の言葉に心が動かされ、
「じゃなにをすればいいんですか?」って聞くと「おまえは東大に行け」と言われ、ぼんやりと東大進学を目指すようになったそうです。

3月23日 1時間目 国語 ざっくり源氏物語がわかる!!

西岡壱誠の経歴

ただ西岡壱誠さんは中学2年から3年生に進級する際、「このままでは留年だ」言われたほど成績が悪かったようですが、
その後、「点の取り方」を誰よりも 研究し「暗記術」「読書術」「作文術」で最終的には偏差値70・模試4位の成績で東大合格を果たしています。

浪人時代に読む力と地頭力をつける教科書の読み方をマスターしたことで、
東大進学後は東大“試験対策委員会委員長”として東大の学内試験の対策も日夜研究するように。

他にも家庭教師として働くかたわらで、2018年1月に連載がスタートしたドラゴン桜2」に情報提供したり、
「ドラゴン桜2東大生プロジェクト」のリーダーや東大で45年続く書評誌「ひろば」の編集長も務めるなど活動の幅を広げています。

「リアルドラゴン桜プロジェクト」では全国の高校生に勉強法を教えるほか、離島の中高生への学習アドバイスなどを行い、
「日本一偏差値が低い」と言われている静岡県・沼津市にある誠恵(せいけい)高校の理事長付学習・特別顧問も務めています。

また非進学校出身の東大生だけのサークル「UTFR」を立ち上げ、2020年に株式会社カルペ・ディエムを設立。

全国6つの高校で高校生に思考法・勉強法を教えているほか、教師には指導法のコンサルティングを行っています。

西岡壱誠のツイッターやインスタグラム

西岡壱誠のツイッター
@nishiokaissey

西岡壱誠のインスタグラム

西岡壱誠のフェイスブック
@Isseinishioka

西岡壱誠のブログ(note)

西岡壱誠のyoutube

西岡壱誠の中学校や高校は?

西岡壱誠さんの通っていた都内の高校とは、
宝仙学園高等学校です。

偏差値を調べてみると、東京都内では 635校中91位といった感じで、極端に成績が悪い高校ではないものの、東大進学をしたのは、西岡壱誠さんが初の快挙。

西岡壱誠の家族構成は?母親と父親の仕事は?

西岡壱誠さんの母親も中学校受験や大学受験でいろいろと勉強をサポートしてくれたそうです。

中学受験では母親が漢字の読み方の単語カードを作ってくれたそうで、
ただ単語カードの使い方がわからず、「答えは?」と聞いて母親「後ろ(単語カードの裏)を見なさい」と言われて
自分の後ろを振り返って後ろを見てしま鵜など、いきなりつまずいてしまったそうです。

西岡壱誠さんが東大合格を目指して受験勉強に励んでいる最中は、
北海道生まれの西岡壱誠さんの好物のジャガバターとかフライドポテトとか
食事にとても気をつかったくれたようです。

餅とジャガイモとチーズを合わせた「餅ピザ」など、
受験勉強で脳を極端に動かす分、必要となるエネルギーを十分に補えていたようですね。

ちなみに西岡壱誠さんに兄弟はなく、一人っ子で3人家族です。

西岡壱誠の本

崖っぷちの状況から東大に合格し、19万部を突破するベストセラーとなった「東大読書」など18冊もの本を出版しています。

東大作文 「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる
東大読書 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく
「ゲーム式」暗記術 超カンタンなのにあっという間に覚えられる! 現役東大生が教える
東大読書 マンガでわかる東大読書
東大勉強法 マンガでわかる東大勉強法
東大アイデア 「発想力」と「想像力」を磨く
最強のアウトプットの作り方 東大で25年使い続けられている「自分の意見」の方程式
東大生が教えるずるいテスト術 読むだけで点数が上がる!
東大式習慣 「ゲーム化」でラクラク身につく<最強の効率術>
いま読むべき100冊 現役東大生が選ぶ
東大集中力 やりたくないことも最速で終わらせる
東大生の本棚 「読解力」と「思考力」を鍛える本の読み方・選び方
東大式スマホ勉強術 いつでもどこでも効率的に学習する新時代の独学法
東大ドリル “なぞなぞ”&“身近なテーマ”で楽しみながら「自分で考える力」を鍛える
現役東大生の世界一おもしろい教養講座 正しく未来を見通すための「地理的思考」入門
東大のへんな問題 解き方のコツ
本東大作文練習ノートつき 特別版 東大作文 「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる
東大思考 一瞬で「本質」がつかめる、「地頭力」がいっきに高まる

非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと
有名進学校からの合格者が極端に多い東京大学。合格者約3000名のうち、上位3校で全体の8分の1以上、上位30校で半数近くを占めています。
そんな東大に、在学中の先輩が一人もいない「東大非進学校」から合格した現役東大生11名にインタビューをしたのが本書です。
非進学校出身の東大生だけのサークル「UTFR」のメンバー

タイトルとURLをコピーしました