鯨井翔の学歴や年収などwikiプロフィール調査!経歴もチェック!

スポンサーリンク
未分類

鯨井翔さんは「株式会社グリーンダイス」に所属するクイズ作家として様々なイベントを企画したり、テレビのクイズ番組の政策にも関わっています。

リアル謎解きゲームブランド「タンブルウィード」の中心メンバーでもある鯨井翔さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

鯨井翔wikiプロフィール

名前:鯨井翔(くじらい しょう)
生年月日:1991年
出身地:東京都
最終学歴:東京工業大学

鯨井翔さんは大学在学中から多数のタンブルウィードコンテンツ制作に携わるようになり、
『空飛ぶ島マゴニア』『LOST A CONDITION』や童話シリーズなどの代表作があります。

鯨井翔の経歴

鯨井翔さんはおもしろい謎解きイベントを作る「株式会社グリーンダイス」で取締役をしています。

謎解き制作自社ブランド「タンブルウィード」での制作事業
謎解き店舗「タンブルウィードナゾベース下北沢」「ヒラメカ下北沢」「謎解きcafeスイッチ」の運営事業

といった事業が主で、過去には次のような実績があります。

■TAMAARI SUPER QUEST
2018年1月と2019年4月、株式会社さいたまアリーナ様、株式会社バッドニュース様とコラボし、さいたまスーパーアリーナを舞台とした大規模周遊型謎解きを2度に渡って制作しました。延べ来客数は3500人を越え、大きな話題を呼びました。

■宝探し万博
2018年10月、株式会社タカラッシュ様とコラボし、「宝探し万博2018(総来場者数3万人)」に出展。タブレットとスマートフォンを駆使した革新的公演『タンブラッシュ!調査団とフォトジェニ島の秘密を制作・開催し、大好評を博しました。そのエンディング映像は一部で語り草に。

■アルティメットクイズショウ
2017年3月、クイズ番組をテーマにした謎解き公演『アルティメットクイズショウ』を制作。謎の完成度に加え、演出、映像、タブレットシステムなどを駆使することにより生み出された圧倒的な没入感から、ナンバーワン公演の呼び声も高い作品となりました。同年末に投票が行われた「謎解き年間大賞2017」において最優秀作品に輝く。

■TableT
2019年3月に1回6人参加の公演『TableT』を制作。一般的な謎解きゲームとは一線を画した当公演は、文化依存や言語依存が一切ないという特色も含め「ユニバーサルヒラメキゲーム」と命名。複数のタブレット端末が生み出す刺激的なヒラメキの連鎖は大きな反響を呼びました。

■国旗なぞ
2019年3月、世界各国の国旗をテーマにした持ち帰り謎『国旗なぞ』を発売。そのクオリティの高さから謎解きファンの間で大きな評判を呼び、発売からわずか3ヶ月で販売部数1000部を突破。同年7月には英語版の『Fantastic Flag Puzzles』も発売し、世界展開も視野に。

テレビのクイズ番組の制作にも関わっており『佐藤健&千鳥ノブよ!この謎を解いてみろ!~天才謎解き集団からの挑戦状~』ではクイズ作家としてレギュラー出演しています。

■放送内容
天才謎解き集団(矢野了平、堺谷光、鯨井翔、常春、ふくらP)が生み出した“最強の謎”に佐藤&ノブとともに挑むゲスト1人目は、本田翼。佐藤も「全部見てるよ!」と大注目しているYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」で、ゲーム実況の生配信や動画投稿を行うほどゲーム好きな本田は、プライベートでも謎解きイベントに参加しており、今回の参加に大喜びでやる気十分。
引用:https://www.agara.co.jp/article/99902

鯨井翔のツイッターやインスタグラム

鯨井翔のツイッター
@whale94o

鯨井翔の高校や大学など学歴は?

鯨井翔さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、大学は東京工業大学に進学し東京工業大学謎解き制作集団「C-lock-row」を創設。

大学卒業後の進路を調べてみると、株式会社グリーンダイスで取締役を務める傍らで、
慶應義塾大学大学院理工学研究科に進学しているかもしれません。

鯨井翔の結婚した嫁は?

調査中
鯨井翔さんのプライベートについて結婚に関する情報は一切ありませんでした。

鯨井翔の年収は?

調査中

タイトルとURLをコピーしました