京都ルール「いい時計をしてますね」とは京ことばで褒め言葉ではなく…「良い時計してますなぁ」の京ことば

京都には独特な言い回しがあり、嫌味とも皮肉とも取れるようなものが多いようですね。汗

先日、ツイッターの投稿で京都人と商談をしたところ
「良い時計してますなぁ」と言われたものの、その真意は褒め言葉ではなく…

京都ルール「いい時計をしてますね」の意味は?ほめ言葉が真意じゃない?

生まれも育ちも京都人にもし「良い時計してますなぁ」なんて言われたら、
それを鵜呑みにしてしまうの危険かもしれません。

時と場合によってはもちろん、素直なほめ言葉の可能性もありますが、
大半は、時間を気にしてほしいという意味の皮肉・嫌味だと思ったほうが良いです。

たとえば、お店で食事や買い物をしているときに「良い時計してますなぁ」と言われたら、
それは「さっさと帰りやがれ!」という意味だということです。

「良い時計してますなぁ」は、どちらかというと最近の京都ルールかもしれませんが、
もともとは、「ぶぶ漬けいかがどすか?」
長居している客を帰らせたい時に、婉曲に帰りを促す言い回しもありました。

これは、「てめえに店屋物出す手間もかけたくないわ!早く帰れ」!
という強烈な嫌味が込められているようです。

「いい時計をしてますね」以外の京都ルール・京都人の言い回し

「たいそう元気でいらっしゃいますなぁ、外で走ってきはったらええんちゃいます?」
大声でしゃべっててうるせぇぞ!!

「遠いところから来てはるなぁ」
この田舎者が!

「キレイにしてはりますなw」
掃除してんのかこの家は!

「その下駄、ええ音させてますなぁ」
歩く音が耳障りや

「どないしはったん?」
あなた気は確かですか?

他にも来客に手料理を出すことは失礼になるらしく、
仕出しや懐石料理の出前を頼んで出す京都ルールもあるらしいですね。

京都ルール「いい時計をしてますね」の京ことばに関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました