マッドアイいつから偽物?なぜ死んだ?理由は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

マッドアイ・ムーディーは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』から登場しましたが、実は偽物でした。

バーテミウス・クラウチJr.がマッドアイ・ムーディーに化けていましたが、マッドアイ・ムーディーはいつから、偽物に入れ代わってしまったんでしょうか?

スポンサーリンク

マッドアイいつから偽物(クラウチJr.)?

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ではバーティー・クラウチJr.がマッドアイ・ムーディーに化けると、ハリーポッターに助言やら手助けをしていました。

ただ真の目的はハリーポッターを墓場まで行かせて、ヴォルデモートを復活させるため。移動キーでヴォルデモートの元へハリーを導くのがクラウチJr.の任務でした

炎のゴブレットに錯乱の呪文をかけて、出場校を四校としました

その四校目の代表としてハリー・ポッターの名前を入れました

バーティー・クラウチJr.がいつから偽のマッドアイ・ムーディーに化けていたのかというと最初からです

マッドアイがホグワーツに赴任した時点ですでに入れ替わっていました

クラウチJr.はアスガバンから母親と入れ替わって(クラウチジュニアと母親がポリジュース薬を飲んで入れ替わって)脱獄しましたがその後父親に自宅軟禁されます。

ただクラウチ・シニアはどうする事も出来ず、屋敷妖精の願い(幽閉されたままでは可哀想)によってワールドカップ観戦に出かけた際、死喰い人の騒ぎに乗じてクラウチJr.は逃亡

ヴォルデモートにより開放されるのは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の物語の(時系列的な)最初期で、ホグワーツに来る前夜、ごみバケツ事件をおこしたと思われていたときです。

そして、マッドアイ・ムーディーホグワーツへ行く前日に入れ替わって赴任します

トランクにマッドアイを閉じ込めていたのは変身薬のポリジュースを作るのに髪の毛とかを取る必要があるためと思われます

本物と出会うのは、トランクの中に監禁されていたのを助け出したときがハリーとの初対面でした。

原作では、毒を盛られるのを危惧しているため自分が用意した飲み物しか口にしないことを言い訳にちょくちょくマイボトルからポリジュース薬を飲んでいることになっています

マッドアイなぜ死んだ?理由は?

マッドアイは「ハリーポッターと死の秘宝パート1」の冒頭、7人のハリーが登場するシーンで命を落とします。

ハリーをダーズリー家から不死鳥の騎士団の隠れ場までつれていくときに、みんなでポリジュース薬を使ってハリーの姿になり、おとりになってほうきで飛んでいく際(7人のポッター作戦)、そのときに襲撃されて、亡くなりました。

殺したのはヴォルデモートで、死体は見つかっていませんが、魔法の目は、ハリーが変装して魔法省に入り、アンブリッチの部屋に行くシーンで、その部屋のドアにマッドアイの使っていた魔法の義眼が付いていて、ハリーが持ち帰り埋葬しています。

タイトルとURLをコピーしました