荒野麟太郎のおすすめ鯉のぼりは?「マツコの知らない世界」で紹介

スポンサーリンク
0未分類

荒野麟太郎さんは、「マツコの知らない世界」【鯉のぼりの世界】に出演した鯉のぼりマニア。

19歳にして、120旒(りゅう)もコレクションし、鯉のぼりを自作もする荒野麟太郎さんの気になるプロフィールや、番組で紹介した鯉のぼりををまとめています。

※鯉のぼりの数え方は「枚」や「匹」ではなく、「旒(りゅう)」と数えるそうです。

スポンサーリンク

荒野麟太郎のおすすめ鯉のぼりは?

室内で楽しめる鯉のぼりとしては、

koburi

koburiとは、しまわれたままになっている庭用こいのぼりポールを 再加工して作られた室内用の小さなこいのぼり。

koburi 思い出に寄り添うこいのぼり

ちなみに、全国的に有名な鯉のぼりや鯉のぼりのお祭りには次のようなものがあります。

館林こいのぼりの里まつり【群馬県】(鯉のぼりの数は世界一!)

浅野川・鯉流し【石川県】(鯉のぼりを川に流す)

加須市民平和祭【埼玉県】(全長100m。重さは330kg日本一大きな鯉のぼりが空を泳ぐ!)

竜神峡 鯉のぼり祭【茨城県】

鯉のぼり祭り【群馬県】

荒野麟太郎wikiプロフィール

名前:荒野麟太郎

ツイッター:@Tenryu_asahi

youtube:茨城鯉のぼり

荒野麟太郎さんは、4歳の時に買ってもらった鯉のぼりがきっかけで収集を始めるようになったそうです。

出身地は、youtubeチャンネルの名前が「茨城鯉のぼり」となっているので、おそらくは茨城県出身ではないかと思われます。

荒野麟太郎さんの父親は、鯉のぼりのコレクションに何かと協力をしてくれている様子がツイッターで投稿されています。

2021年5月4日「マツコの知らない世界」【鯉のぼりの世界】に出演もしました。

タイトルとURLをコピーしました