松元克央の小学校や彼女などwikiプロフ調査!水泳の戦績や筋肉がすごい!

スポンサーリンク
未分類

松元克央さんは男子200m自由形で日本記録を持つ水泳選手。水泳強豪校とされる高校に通い、スイミングスクールの名門:セントラルスポーツで日夜、練習に励んでいます。

東京オリンピック出場の期待も大きい松元克央選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

松元克央wikiプロフィール

名前:松元克央(まつもと かつひろ)
愛称:かつお
出身地:福島県いわき市
生年月日:1997年2月28日
年齢:23歳
身長:185cm
体重:84Kg
小学校:葛飾区立東水元小学校
中学校:葛飾区立常盤中学校
出身高校:千葉商科大学付属高校
最終学歴:明治大学政治経済学部
所属:金町スイミングクラブ→セントラルスポーツ

松元克央選手の「克央(かつひろ)」の名前の由来は、「己に克つ」の意味に加えて
左右対称の字で、画数を見て書きやすい漢字を選んでつけられたそうです。

愛称は小学校の頃からずっと「カツオ」と親しまれているそうです。

松元克央の経歴

松元克央さんは小学生時代にはJOCジュニアオリンピックカップで優勝を果たすも、
その後は中学校3年生に国体出場するまでは、それほど大きな実績を上げていないようです。

ただ高校では1年生から3年連続でインターハイ出場を果たし2014年インターハイでは100m自由形200m自由形で2冠を達成するなど一気に才能を開花させています。

明治大学進学後は、セントラルスポーツで練習するようになった影響も大きかったようで、
2017年の日本選手権で100m自由形3位、200m自由形3位といった記録を残り、
同年7月にハンガリーのブタペストで開催される第17回世界水泳選手権から日本代表(トビウオジャパン)メンバーに選出されています。

松元克央さんが所属するセントラルスポーツは、過去に鈴木大地をはじめとする有名水泳選手を数多く輩出している名門で、
北京オリンピック競泳代表チームヘッドコーチを務めていた鈴木陽二コーチに師事しているそうです。

ちなみに、有名選手を多く輩出する名門水泳スクールといえば他にも、

北島康介の「東京スイミングセンター」
入江陵介の「イトマンスイミングスクール」

などがありますね。

松元克央の戦績

松元克央選手は185cmと大きな体から繰り出すパワフルな泳ぎが特徴で、
力強いバタ足から爆発的な推進力を発揮しています。

■2013年
インターハイ 100m自由形3位 200m自由形4位

■2014年
インターハイ 100m自由形1位 200m自由形1位

■2015年
日本選手権 200m自由形8位
インカレ 200m自由形8位

■2016年
日本選手権 200m自由形7位
インカレ 100m自由形2位 200m自由形2位

■2017年
日本選手権 100m自由形3位 200m自由形3位
世界選手権 400m混合リレー4位 400mリレー5位 800mリレー5位
インカレ 100m自由形2位 200m自由形1位

■2018年
日本選手権 100m自由形3位 200m自由形1位
パンパシフィック選手権 200m3位 400mリレー3位 800mリレー3位
アジア大会 200m自由形2位 400mリレー1位 800mリレー1位
インカレ 100m自由形1位 200m自由形1位

■2019年
日本選手権 100m自由形3位 200m自由形1位
世界選手権 200m自由形2位

■2020年
競泳記録会 200m自由形1位
日本選手権 200m自由形1位

2018年の日本選手権水泳競技大会200m自由形では、
日本記録まで0.7秒差まで迫る1分45秒93で優勝

2019年の世界選手権・200m自由形は1分45秒22という日本記録を更新するとともに、
五輪、世界選手権を通じてこの種目では日本勢初の表彰台となりました。

※3番目のゴールだったものの、レース後、最初にゴールした選手が失格したため、繰り上がりの銀メダル

2020年の日本選手権(競泳日本短水路選手権)では1分42秒10の日本新記録での優勝となりました。

松元克央のツイッターやインスタグラム

松元克央のツイッター
@katsuo0228

松元克央のインスタグラム

松元克央の小学校や中学校は?

松元克央選手は葛飾区立東水元小学校から校区の葛飾区立常盤中学校に進むと、
高校は水泳の推薦で強豪ひしめく千葉商科大学付属高校に進学しています。

リオデジャネイロオリンピックの競泳代表選手に選ばれた寺村美穂なども卒業している学校で、
松元克央選手はなんと1年生で早くも4×100mフリーリレーの選手に選出されます。

後に世界選手権の男子200m平泳ぎに出場する小日向一輝選手や、2014年のアジア大会の男子200mバタフライで2位になった平井健太選手など
3年生の足を引っ張りたくないという気持ちから、必死になって練習を重ねたことが、日本高校選手権の4×100mフリーリレーの優勝つながり、
結果的に松元克央選手の実力を底上げすることになったようです。

大学はオリエンタルラジオの藤森慎吾さんやサッカーの長友佑都選手が同じ明治大学政治経済学部に進学をしていますが、
どうやら一般受験ではなく、水泳のスポーツ推薦のようですね。

松元克央の身長・体重は?

松元克央選手の身長体重は、

身長:185cm
体重:84Kg

となっています。

ただ世界的に見ると自由形に出場する選手は190㎝を超える体格の持ち主も多く、松元克央選手も日本人離れした体格とはいえ、世界で見ると平均的といえるのかもしれません。

松元克央の父親・母親は?

松元克央選手の父親は達也さん、母親は夏江さんさんで、
1歳年上のお兄さんがいるそうです。

もともとは父の影響で野球をしていて体力作りの為に5歳から水泳を始めたそうですが、
野球も水泳もどちらも、やらされている感じがしてあまり好きではなかったようです。

『野球をやめるなら水泳を続けてくれ』と言われしぶしぶ続けていた感じで、
練習にいきたくないとダダをこねたり、決して練習熱心とは言えなかったそうです。

それでも、小学5年生の時にジュニアオリンピックで優勝を果たしていますから、恵まれた素質があったことは間違いないだろうし、
この時に松本丈志選手からメダルをかけてもらっています。

松元克央の彼女は?

調査中
松元克央さんのプライベートについて調べられる範囲では彼氏に関する情報は一切ありませんでした。

松元克央の筋肉がすごい!

松元克央選手は日本人としては長身で上半身は水泳選手特有の見事な逆三角形。

鍛え上げられた腹筋・背筋・腕の筋肉は同性から見ても見とれてしまうものがありますが、
松元克央選手は肉体改造に余念がないようで、週2回は千葉から東京の国立スポーツ科学センターに車で1時間強かけて通いウェイトトレーニングを欠かさず続けているそうです。

松元克央の東京オリンピック出場は?

東京オリンピックでの競泳日本代表の内定・出場枠確保は、

男子50m自由形:「2」まで
男子100m自由形:「2」まで
男子200m自由形:「2」まで
男子400m自由形:「2」まで
男子800m自由形:「2」まで
男子1500m自由形:「2」まで
男子100m背泳ぎ:「2」まで
男子200m背泳ぎ:「2」まで
男子100m平泳ぎ:「2」まで
男子200m平泳ぎ:「2」まで
男子100mバタフライ:「2」まで
男子200mバタフライ:「2」まで
男子200m個人メドレー: 瀬戸大也 ※「2」まで
男子400m個人メドレー: 瀬戸大也 ※「2」まで
男子4×100mリレー: 未定(出場枠は獲得)
男子4×200mリレー: 未定(出場枠は獲得)
男子4×100mメドレーリレー: 未定(出場枠は獲得)

となっています。

松元克央選手は200m自由形で日本新記録を持つ現役の水泳選手ですから、この種目で出場することはまず間違いないとみて良さそうですね。

後は、これまでに出場経験があって上位入賞を果たしている100m自由形や男子4×100mメドレーリレーなどにも出場の期待がかかりますね。

タイトルとURLをコピーしました