明豊高校野球部メンバー2021!出身中学や注目選手#甲子園スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

明豊高校野球部が2021年の夏の甲子園(第103回全国高校野球選手権大会)出場を決めました。

今春センバツ準優勝の明豊が、17年以来4年ぶり7度目となる夏の甲子園出場となりました。

スポンサーリンク

明豊高校野球部メンバー2021の出身中学

背番号選手守備学年出身中学中学所属投/打身長/体重
1京本眞投手3年生大淀ボーイズ右/右
2簑原英明捕手3年生福岡  那珂川市立那珂川南糸島ボーイズ右/右
3東孝太郎内野手3年生泉州阪堺ボーイズ右/右
4黒木日向内野手3年生大分 津久見市立津久見第一大分南リトルシニア右/左
5米田友内野手3年生和歌山 美浜町立松洋和歌山御坊ボーイズ右/左
6幸修也内野手3年生大分  別府市立北部 ◎主将別府市立北部中右/右
7阿南心雄外野手3年生福岡  福岡市立当仁糸島ボーイズ右/左
8原駿太外野手3年生大分  別府市立青山別府ボーイズ右/右
9山本晃也外野手3年生山口  下関市立向洋高川学園リトルシニア右/左
10太田虎次朗投手3年生鹿児島 さつま町立宮之城さつま町立宮之城中左/左
11財原光優投手3年生大阪東ボーイズ右/右
12田中文都捕手3年生和歌山 保田和歌山御坊ボーイズ右/右
13荒木愁太捕手3年生熊本  龍田北熊本ボーイズ右/右
14本多広人内野手3年生日出ボーイズ右/左
15筒井翔太内野手3年生福岡  上毛町立上毛京築ボーイズ右/右
16宮﨑元哉内野手2年生宇佐ボーイズ右/右175/75
17塘原俊平外野手3年生糸島ボーイズ右/右
18貝塚谷城太投手3年生大阪和泉ボーイズ左/左
19森山塁投手1年生日田ボーイズ右/右
20和才蒼空内野手3年生湯布院ボーイズ右/左

明豊高校野球部メンバー2019の出身中学

2019年高校野球九州大会春季ベンチ入りメンバーの出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1若杉晟汰投手2年生明豊中左/右170/64
2成田武蔵捕手3年生京都南山城ボーイズ右/右
3青地七斗捕手3年生河南リトルシニア右/右
4表悠斗内野手3年生中津市立緑ヶ丘中右/右
5後藤杏太内野手3年生枚岡ボーイズ右/右
6野邊優汰内野手3年生明豊中右/左
7布施心海外野手2年生豊中リトルシニア右/右
8釘﨑真紗樹外野手3年生熊本田原坂ボーイズ
9井上功介外野手3年生枚岡ボーイズ右/両
10大畑蓮投手3年生明豊中右/右185/85
11寺迫涼生投手3年生和歌山御坊ボーイズ
12賀来竜馬捕手2年生別府ボーイズ右/左
13吉開大輝投手2年生糸島ボーイズ左/左
14中村洸斗内野手2年生明豊中右/右
15野上真叶外野手2年生明豊中右/左167/64
16宮川雄基内野手2年生別府ボーイズ右/左
17杉本侑樹外野手3年生東成リトルシニア
18狭間大暉内野手2年生大分南リトルシニア右/右
19三塩裕太内野手3年生和歌山リトルシニア右/右
20岡本欧佑投手3年生明豊中左/左

明豊高校野球部メンバー2021甲子園スタメンは?

明豊高校の甲子園スタメンは地方大会決勝のベンチ入りメンバーとほぼ同じになると予想されます。

打順 守備 名前 学年
1 左 阿南心雄 3年生
2 遊 幸修也 3年生
3 二・一 黒木日向 3年生
4 三 米田友 3年生
5 一 東孝太郎 3年生
6 右 山本晃也 3年生
7 捕 田中文都 3年生
8 中 原駿太 3年生
9 投 財原光優 3年生

勝てば甲子園が決まる全国高等学校野球選手権大分大会決勝で明豊高校野球部は大分舞鶴高校と対戦。

初回に4番の米田友内野手(3年)が1点を先制すると2回には簑原英明捕手(3年)のタイムリーで追加点。

その後も追加点を重ねた明豊高校野球部が主導権を握り、投げては先発のエース京本眞投手(3年)が9回3安打無失点と大分舞鶴高校の打線を完封して勝利を収めています。

■全国高等学校野球選手権大分大会の戦績
決勝 大分舞鶴 6-0
準決勝 藤蔭 12-0
準々決勝 柳ケ浦 9-2
3回戦 大分工 10-2
2回戦 大分雄城台 3-2

明豊高校野球部メンバー2021の注目選手

京本眞

出身地:大阪府大阪市

身長:188cm

体重:74kg

投打:右投げ右打ち

球速:146km/h

遠投:120m

50m走:6.7秒

ポジション:ピッチャー

小学校:大阪市立野里小学校

出身中学:大阪市立歌島中学校

出身高校:明豊高校

京本眞さんは小学生から野球を始めると中学は大淀ボーイズに所属し、中学3年生の夏にはジャイアンツカップ出場しています。

京本眞投手は決勝で先発すると6回を無失点に抑える好投でチームの優勝・日本一に大きく貢献しました。

高校では1年秋から背番号18でベンチ入りすると2年秋の新チームからは背番号1を背負うエースとなります。

2年秋の大分県大会では優勝、九州大会では2試合に登板し、合計9回1/3を投げ、2失点を記録しベスト4入りの原動力となりました。

変化球は120キロ前半のスライダー、曲がりが大きいカーブを投げ込み、三振を積み重ねる投手。

太田虎次朗

ポジション:投手

身長:175.0cm

体重:72.0kg

投打:左投左打

球速:141km/h

遠投:105m

50m走:6.5秒

出身地:鹿児島県

出身中学:さつま町立宮之城中学校

太田虎次朗さんは2019年に巨人にドラフト2位で指名された太田龍投手(元・JR東日本硬式野球部)の弟。

兄とはタイプが違い、左からの角度のある球と変化球で勝負する。

1年秋は京本眞に出番を奪われ登板が無かったものの、2年秋には左のエース格として登板を重ねています。

明豊高校野球部メンバーの進路

今宮健太(ソフトバンク)
浜田太貴(ヤクルト)
城島健司(ソフトバンク特別アドバイザー)
石本努(元日本ハム)
山野恭介(元広島)

明豊高校野球部の監督

明豊高校野球部の監督は川崎絢平さんです。

■川崎絢平プロフィール

生年月日:1982年2月12日

年齢:39歳(2021年現在)

出身地:和歌山県海南市

出身高校:智辯和歌山

出身大学:立命館大学

職業:明豊高等学校勤務

甲子園の名将・智辯和歌山の高嶋仁監督の教え子なんですよ。

川崎絢平さんは智辯和歌山時代、1年生から内野手・ショートとしてレギュラーにになると3年連続で夏の甲子園に出場を経験。

1年生だった1997年には優勝、3年生の時にはベスト4進出を果たしています。

立命館大学を経て大学卒業後は社会人野球のクラブチームである和歌山箕島球友会「マツゲン」に所属し、2006年には全日本クラブ野球選手権大会優勝。

現役引退後は実家が経営するコンビニエンスストアで勤務していたが[1]、2008年に高校時代の恩師である髙嶋仁監督に誘われ、母校の智辯学園和歌山高等学校野球部のコーチに就任しています。

そこで3年間、のちにプロへ進む岡田俊哉(現中日)、西川遥輝(現日本ハム)らを育てると、さらに3年後、家庭の事情もあり大分に転居。

地元シニアのコーチをしていると、2011年、明豊で指導をしないかとの打診があり、部長を経て2012年秋、監督に就任しています。

■川崎絢平の主要大会での成績
選抜高等学校野球大会:出場3回[注釈 1]、通算成績 7勝2敗、最高成績・準優勝(2021年)
全国高等学校野球選手権大会:出場2回、通算成績、2勝2敗、最高成績・準々決勝進出(2017年)
明治神宮野球大会:出場1回、通算成績、0勝1敗、最高成績・準々決勝進出(2019年)

明豊高校野球部の戦績

明豊高校野球部は春夏合わせて10回以上の甲子園出場歴があり、19年春はセンバツ4強で、21年春にはセンバツ準優勝を果たしています。

■明豊高校2021戦績
秋季県大会 優勝
秋季九州大会 ベスト4
第93回春選抜大会 準優勝
春季九州大会 ベスト8
夏季県大会 優勝

■明豊高校甲子園戦績
出場回数(春選抜大会) 5回
    (夏選手権大会) 7回
優勝 0回
準優勝 1回

2021年第93回春の選抜大会
◯10-9 東播磨高
◯ 2-1 市和歌山高
◯ 6-4 智弁学園高
◯ 5-4 中京大中京高
● 2-3 東海大相模高

タイトルとURLをコピーしました