桃田賢斗回復傾向は?退院・帰国はいつ?怪我の休養期間や東京五輪出場は?

スポンサーリンク

バドミントン桃田賢斗選手(NTT東日本)はマレーシアで行われていたマレーシア・マスターズ(PERODUA Malaysia Masters 2020)決勝に進出。

ビクトル・アクセルセン(デンマーク)を2-0で下し東京五輪イヤーの国際大会初戦を優勝で幸先の良いスタートを切ったものの、
帰国のために空港に向かっていた途中、乗っていた車が交通事故に巻き込まれ全身打撲など重傷を負ったことが報道されています。

スポンサーリンク

桃田賢斗の顔の怪我の状態は?

マレーシアの首都クアラルンプール近郊のプトラジャヤで宿泊先のホテルから空港に移動する途中、
桃田賢斗選手を2列目に乗せたワゴン車が交通事故を起こしてしまいました。

桃田賢斗選手の怪我の状態は、

顎部裂傷
眉間部裂傷
唇裂傷
全身打撲

と報じられているものの、意識ははっきりしているようでコミュニケーションはとれる状態のようです。

桃田賢斗が乗車していた車には同乗者がいたことも報じられていますが、彼らの安否はというと、

日本ユニシス女子チームの平山優監督は右脛裂傷や全身打撲
桃田選手の専属トレーナーの森本哲史氏は右前腕骨折や全身打撲

といった怪我を負っているようです。

桃田賢斗の回復傾向は?退院や休養期間や、帰国はいつ?

運転手は死亡するほどの事故で桃田賢斗選手は顔の裂傷や全身打撲といった怪我を負ったものの自力歩行できるそうです。

鍛え上げられたアスリートの肉体というのは普通の人間よりもよっぽど頑丈だったことが不幸中の幸いだったと言えるのかもしれません。

報道によると桃田賢斗選手の見舞いにかけつけたチョンウェイ選手(五輪3大会連続バドミントン銀メダル)が、
日本のヘッドコーチの朴柱奉から「少なくとも2週間の休息が必要」医師から伝えられたことを明かしています。

ただ早ければ1月14日にも退院をするようで、マレーシアでの宿泊先で十分な休養をした後に、
帰国の途につくものとみられます。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-01140083-nksports-spo

桃田賢斗の東京五輪出場は?

2019年に国際大会11優勝を果たした桃田賢斗選手は以前から左かかとの痛みなどを抱えていましたが、
東京五輪2020に日本代表として出場するのはほぼ確実と見られていました。

そうした中で交通事故による重傷を負ってしまったので、東京五輪出場も心配ですが、報じられている通り桃田賢斗選手は自力歩行可能でなおかつ骨折もしていません。

顔の外傷さえある程度まで回復すれば、練習再開できるのではないでしょうか?

ただもちろん、頭部に強い衝撃が加わったことから脳へのダメージも懸念されるため、
桃田賢斗選手の東京五輪出場ならびに2020年のバドミントン大会出場は日本に帰国してからの精密検査の結果次第となりそうです。

桃田賢斗回復傾向に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました