田中邦衛さん 俳優になる前の仕事は?【エンタメ検定】

スポンサーリンク
未分類

4月5日の「グッドモーニング」内のクイズ「エンタメ検定」で出題された問題は「田中邦衛さん 俳優になる前の仕事は?」でした。

スポンサーリンク

答え:田中邦衛さん 俳優になる前の仕事は?【エンタメ検定】

青:トラックの運転手
赤:国鉄の職員
緑:中学校の先生

答え:中学校の先生(緑)

千葉県柏市にある麗澤短期大学英語科卒業後は、故郷・岐阜へ戻り、地元の中学校で英語の代用教員(教員資格を持たない教師)をしていたといいます。

ドラマ「北の国から」のロケ開始前に田中邦衛さんら俳優陣が地域に慣れるため富良野市に現地入りした際、
地元青年会議所の歓迎の焼き肉パーティーで「俺、元々中学の教師だったんだ」と言って一同を驚かせたそうです。

俳優・田中邦衛さん死去、88歳 「若大将」シリーズ、「北の国から」

映画「若大将」シリーズ、テレビドラマ「北の国から」などで活躍した俳優の田中邦衛(たなか・くにえ)さんが3月24日午前11時24分、老衰のため死去した。88歳。岐阜県出身。関係者によると、最期は家族に看取られながら息を引き取ったという。

 1932年(昭和7年)生まれ。短大卒業後、中学での教員生活を経て55年に俳優座養成所に入所。3年後に座員に昇格した。61年に映画「大学の若大将」で加山雄三演じる若大将のライバル・青大将役に。コミカルな演技が人気を呼び、以後シリーズで欠かせない存在となった。一方で個性的な風貌から任侠映画にも多数出演し、故高倉健さん主演の「網走番外地」シリーズ、故菅原文太さん主演の「仁義なき戦い」シリーズでも活躍した。

https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20210402_0169/?tpgnr=poli-soci

「北の国から」のイメージが強い田中邦衛さんですが、実は横溝正史の「金田一耕助」シリーズ番外編で主役を演じています。

ギャグやパロディを盛り込んだストーリーで、人気スターとなった名探偵・金田一耕助とその良き相棒・等々力警部のもとに、10年前に解決できなかった「瞳の中の女」事件の鍵を握る石膏像が持ち込まれるといった展開でした。

created by Rinker
角川書店 (映像)

タイトルとURLをコピーしました