メキシコU23サッカー東京五輪代表メンバーwiki|注目選手やポジションは?

スポンサーリンク
0未分類

東京五輪に出場するメキシコU23サッカー東京五輪代表メンバーについてまとめています。

スポンサーリンク

メキシコU23サッカー東京五輪代表メンバーwiki

2020年CONCACAF男子オリンピック予選に招集された選手がベースになるとみられます。

1 GK ルイス・マラゴン Luis Malagon 1997年3月2日(24歳) ネカクサ
12 GK セバスチャン・ジュラード Sebastian Jurado 1997年9月28日(23歳) クルスアスル
20 GK カルロス・モレノ Carlos Moreno 1998年1月29日(23歳) パチューカ
2 DF ウラジミール・ロローニャ Vladimir Lorona 1998年11月16日(22歳) ティファナ
3 DF アレハンドロ・マヨルガ Alejandro Mayorga 1997年5月29日(23歳) グアダラハラ
4 DF ヒルベルト・セプルベダ Gilberto Sepulveda 1999年2月4日(22歳) グアダラハラ
5 DF ヨハン・バスケス Johan Vasquez 1998年10月22日(21歳) UNAM
13 DF アラン・モゾ Alan Mozo 1997年4月5日(23歳) UNAM
18 DF アルベルト・アングロ Alberto Angulo 1998年1月30日(23歳) アトラス
6 MF アラン・セルバンテス Alan Cervantes 1998年1月17日(23歳) サントスラグーナ
8 MF カルロス・ロドリゲス Carlos Rodriguez 1997年1月3日(23歳) モンテレイ
11 MF ロベルト・アルバラド Roberto Alvarado 1998年9月7日(22歳) クルス・アスル
14 MF エリック・アギーレ Erick Aguirre 1997年2月23日(24歳) パチューカ
15 MF ウリエル・アントゥナ Uriel Antuna 1997年8月21日(23歳) グアダラハラ
16 MF ホセ・ホアキン・エスキベル Jose Joaquin Esquivel 1998年1月7日(23歳) フアレス
17 MF セバスティアン・コルドバ Sebastian Cordova 1997年6月12日(23歳) アメリカーナ
19 MF リカルド・アングロ Ricardo Angulo 1997年2月20日(24歳) グアダラハラ
7 FW サンティアゴ・ムニョス Santiago Munoz 2002年8月14日(18歳) サントスラグーナ
9 FW ホセ・ファン・マシアス Jose Juan Macias 1999年9月22日(21歳) グアダラハラ
10 FW アレクシス・ベガ Alexis Vega 1997年11月25日(23歳) グアダラハラ

ルイス・マラゴン Luis Malagon

ルイス・マラゴン(1997年3月2日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのネカクサでゴールキーパーとして活躍している[1]。

セバスチャン・ジュラード Sebastian Jurado

セバスチャン・ジュラード(1997年9月28日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのクルス・アスルでゴールキーパーとして活躍しています。

■ベラクルス
ベラクルス出身のJuradoは、2013年にTiburones Rojos de Veracruzのユースアカデミーに参加し、様々なランクを経てきました。

2018年11月9日、ベラクルスが2-2で引き分けたケレタロ戦で、ジュラドはリーガMXでデビューしました[2]2019年4月3日、ジュラドがベラクルスと3年の契約延長を結んだことが発表されました。他のクラブからの関心が報じられたものの、同選手はクラブに「残ることができて嬉しい」と述べています。 [3] クラブの2019年アペルトゥーラキャンペーン終了後にベラクルスがリーガMXから離脱したことを受けて、ジュラドはフリーエージェントとなった[4] 。

■クルス・アズール
2019年12月19日、ジュラードは正式にクルス・アスルに加入した[5]。 2月18日、2020年CONCACAFチャンピオンズリーグのポートモア・ユナイテッド戦でクラブデビューを果たし、2-1で勝利した[6]。

■メキシコU-23
ジュラードは、ハイメ・ロサノに招集され、2019年トゥーロン大会に参加したメキシコU-23代表に参加した。[7] 彼はアイルランド共和国との3位決定戦にのみ出場し、PK戦ではアイルランドのシュートを2本止め、メキシコの勝利に貢献した。[8] 。

カルロス・モレノ Carlos Moreno

調査中

ウラジミール・ロローニャ Vladimir Lorona

ウラジミール・ロローニャ(1998年11月16日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのティフアナでディフェンダーとして活躍している[1]。

アレハンドロ・マヨルガ Alejandro Mayorga

アレハンドロ・マヨルガ(1997年5月29日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのグアダラハラで左サイドバックとして活躍しています。

マヨルガは2011年にC.D.グアダラハラのユースアカデミーに入団。2017年8月5日、クラブ・ネカクサとの2-2の引き分けで、マティアス・アルメイダ監督の下、リーガMXデビューを果たしました[2]。

グアダラハラが優勝した2018年のCONCACAFチャンピオンズリーグでは3試合に出場して1ゴールを記録し、大会のベストイレブンに選出された[3]。

2018年6月、2018年アペルトゥーラのためにネカクサにレンタル移籍[5]。

2019年12月、クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルに2020年までのレンタル移籍で加入[6] 2020年1月12日、C.F.パチューカ戦でデビューし、2-1で勝利した。8月30日、クラブ・ティファナ戦で3-0の勝利を収め、チームでの初ゴールを決めた[7]。 プーマスU.N.A.M.がチャンピオンシップの決勝に進出することができた印象的なガーディアンズ2020年のパフォーマンスの後、マヨルガはグアダラハラに戻った[8]。

■メキシコU-20代表
マヨルガは、2017年のCONCACAF U-20選手権にマルコ・アントニオ・ルイスによって招集された。[9] マヨルガは、韓国で開催された2017 FIFA U-20ワールドカップで、代表チームの全試合に出場した。

■メキシコ代表チーム
マヨルガとエドソン・アルバレスは、ファン・カルロス・オソリオ監督から、2017年のコンフェデレーションズカップに参加したシニア代表チームの練習生としてサポートする機会を与えられた[10]。 大会終了後、その後のゴールドカップの予備リストでシニア代表に初招集されたが、すべてはリーガMXでのデビュー前のことだった[11]。

ヒルベルト・セプルベダ Gilberto Sepulveda

ヒルベルト・セプルベダ(1999年2月4日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、Liga MXのGuadalajaraでセンターバックとして活躍しています。ティバ」というニックネームで親しまれています。

セプルベダは2019年1月8日、コパMXグループステージのシマロネス・デ・ソノラ戦で2-1の勝利を収め、グアダラハラでプロデビューを果たした[1]。 9月1日には同クラブでリーガMXデビューを果たし、クルス・アスルとの1-1の引き分けで全試合に出場した[2]。

■メキシコU-20
2018年10月25日、セプルベダはディエゴ・ラミレス監督に召集され、同年のCONCACAF U-20選手権に参加した[3]。 メキシコは同大会で準優勝することになるが、同大会のベストイレブンに選出された[4]。

2019年4月、セプルベダはポーランドで開催されるU-20ワールドカップにメキシコ代表として参加する21名の選手に選ばれた[5]。

■メキシコ代表
2019年11月に行われた2019-20CONCACAFネーションズリーグAのパナマ戦とバミューダ戦で、ゲラルド・マルティーノ監督からシニアチームへの初招集を受けた[1]。 2020年9月30日、グアテマラとの親善試合で代表デビューを果たし、3-0の勝利のために後半途中から交代で出場した[6]。

ヨハン・バスケス Johan Vasquez

ヨハン・バスケス(1998年10月22日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのUNAMでセンターバックとして活躍しています。

バスケスは、2015年に初めてティグレスUANLのユースアカデミーに参加しました。その後、2016年にPoblado Miguel Aleman FCに一時的に移籍しました。その後、Cimarrones de Sonoraに移籍し、Ascenso MXでプロデビューを果たした[1]。

■メキシコU-23
ハイメ・ロサーノ監督に召集され、2019年のパンアメリカン競技大会に23歳以下のメキシコ代表として参加しました[2]。 3位決定戦で勝利したメキシコは、大会の銅メダルを獲得しました[3]。

メキシコ代表
2019年10月2日、トリニダード・トバゴとの親善試合でメキシコ代表サッカーチームにデビューした。63分にパオロ・ユリサルの代役を務めた[4]。

アラン・モゾ Alan Mozo

アラン・モゾ・ロドリゲス(1997年4月5日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのクラブ「UNAM」で右サイドバックとして活躍しています。

2017年9月16日、グアダラハラとの1-1の引き分けに終わった試合でデビューした[2]。 クラウスーラ2018の終了時には、大会のベストイレブンに掲載された。

■メキシコU-23
2019年5月、ハイメ・ロサノ監督に招集され、同年のトゥーロン大会に参加した[3]。 グループステージ初戦のバーレーン戦では、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ賞を受賞する[4]。 同大会で全試合に出場したメキシコは、3位に入賞する[5]。

■メキシコ代表
2019年9月、ゲラルド・マルティーノ監督から一連の親善試合に招集され、10月2日、トリニダード・トバゴ戦でデビューを果たす[6]。

アルベルト・アングロ Alberto Angulo

ヘスス・アルベルト・アングロ・ウリアルテ(1998年1月30日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのクラブ「アトラス」でディフェンダーとして活躍しています[2]。

■サントス・ラグーナ
2018年9月16日に行われたリーグ戦のクルス・アスル戦で、61分にベントゥーラ・アルバラードに代わって出場し、サントス・ラグーナでの初出場を果たしますが、サントスは2-1で敗れました。

■代表歴
9月に行われたウルグアイとアメリカとの親善試合で、メキシコ代表のリカルド・フェレッティ臨時監督から招集された[3]。 ウルグアイ戦で初キャップを獲得し、メキシコは4-1で敗れた[4]。

アラン・セルバンテス Alan Cervantes

アラン・セルバンテス(1998年1月17日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのサントス・ラグーナでミッドフィールダーとして活躍しています。

セルバンテスは、2013年にグアダラハラのユース・アカデミーに入団した。その後、チバス・ユース・アカデミーでU-15、U-17、U-20ユースを経て[1]、1部リーグのクラブ・レオンに入団し、ハビエル・トレンテ監督の下でプロデビューを果たした。[2]。

■レオン(レンタル)
セルバンテスは、クラブ・レオンに1年間のレンタル移籍をした。2017年7月22日に行われたクラブ・アトラス戦で交代出場し、プロデビューを果たしたが、3-0で敗れた[3]。

■グアダラハラ
セルバンテスは、2018年のシーズンに向けて12月にレンタルから復帰しました。

■メキシコU-20
セルバンテスは、2017年に韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップで、代表チームの全試合でキャプテンを務めました。

カルロス・ロドリゲス Carlos Rodriguez

カルロス・アルベルト・ロドリゲス・ゴメス(1997年1月3日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのモンテレイとメキシコ代表のミッドフィールダーとして活躍しています。

2020年10月6日、COVID-19の陽性反応が出た[18]。 自主的な隔離を経て、約2週間後にモンテレイでのトレーニングを再開した[19]。

ロドリゲスは、もともとC.F.モンテレイのユースアカデミー出身である[2]。 2016年9月28日、モンテレイでプロデビューを果たし、2016-17CONCACAFチャンピオンズリーグのグループステージ、ドン・ボスコ戦で3-0で勝利した。スペイン3部リーグのトレドに貸し出され、3ゴールとともにリーグ戦30試合に出場した[3]。

2018-19シーズンにモンテレイに戻り、2018年10月20日、トルーカとの2-1の勝利で交代要員として出場し、リーガMXデビューを果たした[4] 2019年2月15日、モナルカス・モレリアとの3-2の勝利でモンテレイでの初ゴールを決めた。 [5] 彼は、2019年のCONCACAFチャンピオンズリーグ決勝で、町のライバルであるティグレスUANLとの対戦で勝利し[6]、同大会のチーム・オブ・ザ・トーナメントに選出されるなど、クラブにとって不可欠な存在であることを証明した[7]。

12月14日、2019 FIFAクラブワールドカップ準々決勝のアル・サッド戦で、モンテレイの3点目を決め、3-2で勝利する[8]。 月末、アメリカとのアペルトゥーラ優勝決定戦の両レグで争った。第1レグではオウンゴールを決めたが、最終的にはモンテレイが2-1のスコアで勝利した[9]。 第2レグでは1-2で敗れたが、モンテレイはPK戦でアメリカを破り、決勝戦を制した[10]。 最終的にはアペルトゥーラ2019のベストイレブンに選出された[11]。

2019-20年のコパMXを制したモンテレイは、大陸の3冠を手に入れた[12]。

■代表歴
リーガMXデビューから5ヶ月後、ジェラルド・マルティーノ監督の最初のミニキャンプに参加し[4]、2019年3月22日、チリとの親善試合でサッカーメキシコ代表に先発でデビューした[13]。 デビュー後、マルティーノ監督は「カルロス・ロドリゲスは30歳のようなプレーをする」と述べた。 “[14]2019年5月、2019年CONCACAFゴールドカップの予備登録リストに含まれ[15]、最終リストにも含まれた[16]。 メキシコがアメリカとの決勝戦を制したことで、同大会の全試合に出場することになった[17]。

ロベルト・アルバラド Roberto Alvarado

ロベルト・カルロス・アルバラード・ヘルナンデス(1998年9月7日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのクルス・アスルとメキシコ代表で攻撃的MFまたはウイングとしてプレーしている。[2]アセンソMXでプレーした最年少選手である。愛称は “Piojito “で親しまれている[3]。

彼は2013年に2部リーグのセラヤでキャリアをスタートさせ、トップリーグのリーガMXでプレーするようになった2017年まで、クラブのパチューカとネカクサに一時的に参加し、それぞれ2016-17CONCACAFチャンピオンズリーグとクラウスーラ2018コパMXで優勝しました。

また、2018年トゥーロン大会で準優勝したメキシコU-21代表にも参加しました。国際大会やクラブでの活躍を経て、2018年9月7日、ウルグアイとの親善試合でメキシコ代表としてシニア国際大会初出場を果たします。

プレースタイル
多才なプレイメーカーであるアルバラードは、主に中央の攻撃的MFであり、どちらのサイドでもプレーでき、セカンドストライカーとしても機能する[32]。 両足の技術に長けており、右サイドでプレーすることで、得意の左サイドに切り込んだり、中に流れたりすることができた。枠内やその周辺からフィニッシュする能力を見せているが、シュート数と枠外シュート数を比較すると、シュートは彼の得意とするところではないようだ。むしろ、チャンスを作ることに重点を置いている。ネカクサ時代のアルバラードは、さまざまな方法で左右のディフェンダーを打ち破っていた。チェンジ・オブ・ペースはアルバラードが得意とするテクニックであり、相手の背後にスペースがあるときに競り勝つのが得意だが、緻密なコントロールと、ときにはスリリングな技術でディフェンダーを欺くこともできる[33]。 アルバラードはディフェンダーから離れてパスを受けられるようにするのが得意であり、浮き球のクロスやスルーパスを正確に入れる能力にも優れている[34]。 アルバラードはチームメイトのためにプレーし、ボールを持っていないときには効果的にプレスをかけ、フィールド外でもバランスのとれたキャラクターであるようだ[8]。

■セラヤ
アルバラードは、2013年9月25日、アペルトゥーラ2013のコパMXグループステージのエストゥディアンテス・テコス戦で、1-0の勝利のため、59分にギジェルモ・クレメンスの代役として出場し、プロデビューを果たした[4]。 その3日後、同じくエストゥディアンテス・テコス戦で、0-0の引き分けのため、86分にレネ・ガルシアの代役として出場し、リーグ戦デビューを果たした。15歳と21日でのデビューだった[5]。

アルバラードは、2014年2月18日に行われたクラウスーラ2014コパMXグループステージのアトラス戦で、1-0の勝利の27分にプロ初ゴールを決めた[6]。 2014年11月にはイングランドのマンチェスター・ユナイテッドとサンダーランド、[7]2015年1月にはレスター・シティのトライアルに失敗した[5]。 アルバラードが本格的にブレイクしたのは、アペルトゥーラ2016シーズンで、14試合で6ゴールを決め、メキシコのトップリーグのチームの注目を集めた[8]。

■パチューカ
パチューカは、クラウスーラ2017シーズンにセラヤからアルバラードを購入しました[9]。 アルバラードは、2017年3月3日のティファナ戦で、1-0のビハインドから3-2の勝利を収めた際に、チームでの初ゴールを決めました[10]。

■ネカクサ
ネカクサは、アペルトゥーラ2017のためにエドソン・プッチをパチューカにトレードで放出することで、アルバラードを獲得した[11]。 2017年8月26日、ネカクサでの初ゴールを決め、チームにアトラスへの2-1の勝利をもたらした。 [12] 2018年4月14日、ネカクサがロボスBUAPに1-0で勝利した際に、唯一のゴールを決めることになる[13] クラウスーラ2018シーズンには先発となった[14] 4月には、クラウスーラ2018コパMXのトルーカ戦で勝利を収めることになる[15] 。

■クルス・アスル
2018年5月21日、アルバラードはクルス・アスルに加入した[16]。 7月21日、3-0で勝利したプエブラ戦でデビューし、84分間プレーし、最終的にはミサエル・ドミンゲスと交代した[17]。 8月4日、アルバラードはティグレスUANLとの1-0の勝利でクルス・アスルでの初ゴールを決めた。 [18] その2週間後の8月18日、アルバラードはレオン戦で3アシストを記録し、3-0の勝利を収めた。ESPNは、アルバラードを、その若さにもかかわらず「クルス・アスルの主役」と呼ぶ記事を掲載した。 [8] それまでに彼はセンセーションを巻き起こし、スペインの出版物『Marca』はその週の終わりにこのティーンエイジャーを「天から送られた宝石」と呼んだ[19] 大会の半ばには、アルバラードはプレスからリーグで最高のMFの1人と見なされるようになっていた[20] 11月には、モンテレイとのアペルトゥーラ2018コパMXで、クルス・アスルの2度目の優勝に貢献することになる[21]。

■メキシコU-21代表
アルバラードは、2018年トゥーロン大会に参加したロスターの一員であり[22]、グループステージのカタール戦[23]と中国戦[24]、そしてメキシコが2-1で敗れたイングランドとの決勝戦で1度ずつ得点し、大会で2番目に多い3ゴールを記録しました[25]。 2018年中米カリブ大会を前に再び招集されましたが、クルス・アスルは大会のための放出を拒否しました[14]。

■メキシコ代表
2018年8月29日、アルバラードはウルグアイとアメリカとの親善試合でシニア代表に初招集された[26]。 9月7日、ヒューストンで行われたウルグアイ戦に4-1で敗れた際、アラン・プリドの代役として後半から出場し、デビューを果たした[27]。

2019年5月、アルバラードはタタ・マルティーノ監督の2019年CONCACAFゴールドカップの予備登録メンバーに含まれた[28]。 翌月の2019年6月5日、アルバラードはベネズエラとの親善試合で3-1の勝利を収め、国際試合での初ゴールを決めた[29]。 その翌日、ゴールドカップ大会の最終リストに含まれた[30]。 その後、大会の全試合に出場し、メキシコがライバルのアメリカとの決勝戦で勝利するのに貢献した[31]。

エリック・アギーレ Erick Aguirre

エリック・アギーレ(1997年2月23日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、Liga MXのパチューカとメキシコ代表でプレーしています。リガMXのパチューカとメキシコ代表に所属し、フルバックとミッドフィルダーをこなす多才な選手です。

ホールディングミッドフィールダーとしても、フルバックとしてもプレーすることができ、「スローモーションでゲームを見ることができる」と評され、周囲の選手のスペースを認識し、パスを配給するためのビジョンを生来持っている[16][17]。

The Guardianの「Next Generation 2014」に掲載されました。40 of the best young talents in world football」に掲載された[18]。

■モレリア
アギーレは2014年8月8日、0-0のゴールレスドローで、モレリアでシニアデビューを果たした[2]。 2014年9月19日、3-2で敗れたUNAM戦で、チームでの初ゴールを決めることになる[3]。

■パチューカ
2016年6月8日、アギーレがパチューカに買収されたことが宣言された[4] 2018年1月20日のロボス戦で、パチューカが3-1で勝利したところで3点目を追加し、チームでの初ゴールを決めることになる。

■メキシコU-17
アギーレは、パナマで開催された2013年のCONCACAF U-17選手権に出場しました。メキシコはこの大会で優勝し、2013年FIFA U-17ワールドカップへの出場権を獲得しました。アギーレ選手は、U-17ワールドカップにも出場しました。ナイジェリアとの決勝戦では、9分にオウンゴールを決め、メキシコは3-0で敗れました。

■U-20メキシコ代表
アギーレはセルヒオ・アルマゲール監督に招集され、ジャマイカで開催された2015年CONCACAF U-20選手権に出場した[5]。 メキシコは同大会で優勝した[6]。 アギーレはその後、ニュージーランドで開催された2015 FIFA U-20ワールドカップにメキシコ代表として招集され、グループステージの全3試合に出場したが、メキシコはグループリーグで最下位に終わった[7]。

■メキシコU-23
2015年9月18日、アギーレはラウル・グティエレス監督に抜擢され、2015年CONCACAFオリンピック予選選手権に出場しました[8]。 メキシコは決勝に進み、ホンジュラスに2-0で勝利しました[9]。

2016年7月7日、アギーレは、ブラジルのリオデジャネイロで開催される2016年夏季オリンピックに参加するメキシコの18人のメンバーに選ばれた[10]。 メキシコはグループステージで敗退するため、彼はグループステージの2試合にしか出場しなかった[11]。

2019年5月、ハイメ・ロサーノに招集され、同年のトゥーロン大会に参加した[12]。 その後、全試合に出場し、メキシコは同大会で3位を獲得した[13]。

■メキシコ代表
メキシコ暫定監督のリカルド・フェレッティは、9月のウルグアイ、アメリカとの親善試合でアギーレを初招集した[14]。 2018年9月11日、アメリカとの親善試合で代表デビューを果たすが、1-0で敗れた[15]。

ウリエル・アントゥナ Uriel Antuna

カルロス・ウリエル・アントゥナ・ロメロ(1997年8月21日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのグアダラハラとメキシコ代表でウイングとして活躍しています。

2012年、アントゥナはサントス・ラグーナのユースアカデミーに参加し、U-15、U-17、U-20の各チームを順調に渡り歩きました。

2017年には、トップチームの監督であるホセ・マヌエル・デ・ラ・トーレがアントゥーナを昇格させました。3月5日、プーマスUNAMに2-1で敗れた際に代役としてリーガMXに入り、アントゥーナはプロデビューを果たした[3]。

アントゥーナは圧倒的な加速力とスピードを持ち、ドリブルで相手を抜き去ることができる俊敏な選手です[28][29][30][31][32]。ESPNは彼の仕事ぶりを「魅力的」だが「洗練されていない」と評しています[33]。ボールを保持してクロスを上げるのが好きな選手と評されていますが、しばしばファウルを取られます[34]。

ガーディアンズ2020の準々決勝、クラブ・アメリカーナとの試合では、試合中の彼のスピードは、キリアン・ムバッペに次ぐ世界最速のサッカー選手の一人として記録された[35]。

■FCフローニンゲン
2017年7月12日、イングランドのマンチェスター・シティは、シティ・フットボール・グループを通じて、アントゥーナと4年間の契約を結んだことを発表した[4]。 8月9日、エールディビジのFCフローニンゲンに2年間のレンタル移籍で加入した[5]。

9月10日、VVVフェンロ戦でリーグ戦デビューを果たし、1-1の引き分けの中、交代要員として出場した[6]。

■LAギャラクシー
2019年1月29日、アントゥーナはMLSのLAギャラクシーに2019年シーズンのローンで加入しました。4月28日に行われたレアル・ソルトレイク戦で2-1の勝利を収め、チームでの初ゴールを記録した[7] 10月にはマンチェスター・シティとの契約を延長し、2022年まで在籍した[8] LAギャラクシーでの活動を終えた時点で、リーグ戦31試合に出場し、6ゴール5アシストを記録した。ポルトガルのベンフィカからも関心を寄せられていた[9] 。

■グアダラハラ
2019年11月28日、アントゥナはリーガMXのグアダラハラに加入した[10] 2020年1月11日、グアダラハラでデビューすることになり、フアレスに2-0で勝利した際にイサーク・ブリズエラの代役として出場した[11] 9月5日、アントゥナはティグレスUANLとの対戦で3-1の勝利を収め、チバスでの初ゴールを記録した[12] 。

■メキシコU-20
アントゥーナは、2017年CONCACAF U-20選手権の準備のために、メキシコU-20代表のキャンプに招集された[13]。 その後、大会に招集された[14]。 エルサルバドルとの分類ステージの試合では、彼はハットトリックを決め、メキシコは6-1で勝利した[15]。 彼は大会のベストイレブンに含まれた[16]。

2017年FIFA U-20ワールドカップに招集された[17]。 準々決勝でイングランドに敗退するまで、全5試合に出場する。

■メキシコU-21
アントゥーナは、2018年トゥーロン大会に参加した最終登録メンバーに含まれていた[18]。 メキシコは決勝でイングランドと対戦し、2-1で敗れるまで、全5試合に出場することになる[19]。

■メキシコ代表
2017年11月3日、メキシコ代表監督のファン・カルロス・オソリオは、11月10日と13日に行われたベルギーとポーランドとの親善試合にアントゥーナを起用したが、いずれの試合にも出場しなかった[20]。

2019年5月、アントゥナはジェラルド・マルティーノ監督のCONCACAFゴールドカップの予備リストに含まれた[21]。 6月5日、ベネズエラとの親善試合で、ロベルト・アルバラードの代役として68分に登場し、デビューを果たした[22]。 当初、ゴールドカップの確定リストから外れていたが、ホルヘ・サンチェスが親善試合エクアドル戦で負傷したため、含まれるようになった[23]。 [23] メキシコの開幕戦であるキューバ戦で、アントゥナはハットトリックとアシストを決め、7-0の大勝を収めた[24] 試合開始2分で決めた1点目は、ゴールドカップでメキシコが決めた最速のゴールである[25] メキシコが大会を制するために、彼はすべての試合に出場した[26] 。

11月19日、ネイションズリーグのグループステージ最終戦であるバミューダ戦で、アントゥーナはロスタイムに勝利のゴールを決め、2-1の勝利を収め、メキシコのグループステージでの完璧な記録を維持した[27]。

ホセ・ホアキン・エスキベル Jose Joaquin Esquivel

ホセ・ホアキン・エスキベル・マルティネス(1998年1月7日、メキシコ・サカテカス生まれ)は、パチューカからのレンタルでリーガMXクラブのフアレスに所属するメキシコのプロサッカー選手である[1]。

ホセ・ホアキン・エスキベルは、2016年9月24日のケレタロ戦でパチューカの一員としてデビューしました。

メキシコU17
マリオ・アルテアガ監督に召集され、2015年CONCACAF U-17選手権と2015年FIFA U-17ワールドカップに出場。2015年CONCACAF U-17選手権ではキャプテンとして優勝メダルを獲得し、U-17ワールドカップでは4位となり、1分1秒を争う活躍をしました。

セバスティアン・コルドバ Sebastian Cordova

フランシスコ・セバスティアン・コルドバ・レイエス(1997年6月12日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのアメリカとメキシコ代表のミッドフィールダーとして活躍しています。

アグアスカリエンテスで生まれたコルドバは、2015年にクラブ・アメリカのユースアカデミーに入団しました。2016年はアセンソMXのアレブリヘス・デ・オアハカにレンタル移籍し、リーグ戦とコパMXで2試合に出場し、合計21分間のプレーをしました。アセンソMXでの唯一の出場は、オアハカが4-1で勝利したムルシエラゴス戦で、85分に交代で出場しました。オアハカのコパMXでの同じ相手とのスコアレスドローでは、16分間プレーしました[1] レンタル期間後、コルドバはクラブ・アメリカのユースに戻りました[2] 。

2018年、コルドバはネカクサにレンタル移籍し、スーペルコパMXのモンテレイ戦で試合デビューを果たし、この試合唯一のゴールを決めた[3]。 8月14日のロボスBUAP戦でリーガMXデビューを果たした[4]。

コルドバは2019年のクラウスーラ開幕前にアメリカに復帰し、大会中のリーグ戦7試合で2得点を記録した[4] 9月29日、コルドバはアメリカのライバルであるグアダラハラとのアペルトゥーラ戦で4-1の勝利を収め、ブレースを決めた[5] 。

■ユース代表
コルドバは、マルコ・アントニオ・ルイスによって、2017年のCONCACAF U-20選手権に出場する20歳以下のメキシコ代表に招集されました[6]。

彼は2018年のトゥーロン・トーナメントに参加した21歳以下のロスターに含まれており[7]、メキシコは準優勝することになる。また、同年の中米カリブ大会にも出場した[8]。 翌年5月、コルドバは再びその年のトゥーロン・トーナメントに参加するメンバーに加わり、今度はハイメ・ロサノが監督を務める22歳以下のチームに参加した。 [9] 日本との準決勝で、メキシコは90分後に2点差で引き分けた後、PK戦で5対4で敗れたが、コルドバは試合全体に出場し、PK戦で得点を決めた[10] 3位決定戦でアイルランド共和国を相手に4対3のPK戦で勝利した際には、交代要員として出場しなかった。

■A代表
2019年10月2日、コルドバはトリニダード・トバゴとの親善試合でシニアチームでの初キャップを獲得した[12]。 翌月、メキシコでの初ゴールをネーションズリーグのバミューダ戦で決め、チームの2-1の勝利に貢献した[13]。

リカルド・アングロ Ricardo Angulo

ヘスス・リカルド・アングロ・ウリアルテ(1997年2月20日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのグアダラハラでウインガーとして活躍しています。

アングロは、2016年3月13日のデポルティボ・トルーカF.C.戦で3-0の敗北を喫し、ドラドス・デ・シナロアでリーガMXデビューを果たしました[1]。

翌シーズンにドラドス・デ・シナロアがアセンソMXに降格したことで、彼はスターティングイレブンでプレーするようになり、アペルトゥーラ大会で優勝しました[2][3]。 2017年1月21日、アトランテFCとの4-2の敗戦で、彼は彼らとの初ゴールを決めました[3]。 2017年3月3日、シマローネス・デ・ソノラとの5-1の勝利で、彼は初のブレースを決めました[3]。

クラブ・ティファナと契約し、2018年7月21日のC.D.グアダラハラ戦でチームにデビューし、2-1で勝利した[4]。

2019年6月、2019年のアペルトゥーラに向けてクラブ・ネカクサと契約[5] 7月28日、ネカクサでデビューし、クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルとの対戦で2-0の敗北を喫した。9月14日、C.F.モンテレイに2-0で勝利し、チームでの初ゴールとブレスを決めた[6]。

2019年12月17日、アングロが2020年のクラウスーラのためにC.D.グアダラハラと契約したことが正式に発表された[7] 2020年1月11日、フアレスとの2-0の勝利において70分に交代で出場し、チームの公式デビューを果たした[8] 8月12日、フアレスとの2-0の勝利において、チバスでの初ゴールを決める[9] 。

2020年11月21日、ネカクサとのガーディアンズ選手権の組替え戦で、グアダラハラの唯一のゴールを決め、準々決勝への出場権を獲得した[10]。

■メキシコU-23
2019年トゥーロン大会の予備登録メンバーとしてハイメ・ロサノに招集されたが、最終リストには入らなかった[11]。

2020年1月、2020年CONCACAF男子オリンピック予選に向けたミニキャンプに参加するため、再びロサノ監督から招集された[12]。

■メキシコ代表
2019年10月2日、メキシコが2-0で勝利したトリニダード・トバゴ戦でゴールを決め、代表デビューを果たした[13]。

サンティアゴ・ムニョス Santiago Munoz

サンティアゴ・レネ・ムニョス・ロブレス(2002年8月14日生まれ)は、リーガMXのサントス・ラグーナでフォワードとして活躍するプロサッカー選手です。アメリカ出身のムニョスは、メキシコ代表として活躍しています。

ムニョスは、2020年10月25日、リーガMXのアトレティコ・サン・ルイス戦で、交代で出場し、2-1で勝利し、サントス・ラグーナでプロデビューしました。

2019年CONCACAF U-17選手権に参加したロスターの一員として、5ゴールを決め、メキシコが優勝しました[2]。

また、2019年のU-17ワールドカップにも参加し[3]、メキシコは準優勝しました。

ホセ・ファン・マシアス Jose Juan Macias

ホセ・ファン・マシアス・グスマン(1999年9月22日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのグアダラハラやメキシコ代表でストライカーとして活躍しています。

2011年、マキアスはC.D.グアダラハラのユースアカデミーに入団した。その6年後、17歳になったマティアス・アルメイダ監督は、マシアスをトップチームの一員として招集した[2]。 7月16日、マシアスは、2017年カンペオン・デ・カンペオネスのティグレスUANL戦で公式デビューを果たした[3]。 C.と対戦し、スコアレスドローに終わった[4] 8月8日、マキアスはコパMXのFCフアレス戦で、グアダラハラでプロ初ゴールを決めた[5] 10月28日、クラブ・ティファナ戦で、ホームで3-1の勝利を収め、初のブレースを決めた[6] 。

2018年12月、マシーアスはクラブ・レオンに買い取りオプション付きの1年間のレンタル契約で加入した[7] ケレタロF.C.との対戦で、4-0のアウェー戦で初のブレースを決めた[8] 2019年クラウスーラのレギュラーフェーズで8ゴールを決め、わずか19歳で大会のメキシコ人選手としてトップスコアを記録した[9] マシーアスはチャンピオンシップステージでも2ゴールを決め、総ゴール数を10に伸ばし、レオンは決勝に進んだ。決勝戦のティグレスUANL戦は、ポーランドで開催されたワールドカップの20歳以下のメキシコ代表に招集されたため欠場した[10]。 2019年クラウスーラのベストイレブンに選出された[11]。

2019年のアペルトゥーラでは8ゴールをマークして終了した。

12月、マシアスがグアダラハラに戻ることが確認され、レオンはそれが選手の決断であると述べた[12]。 2020年1月11日、グアダラハラでレンタル移籍後初の試合となるフアレス戦に出場し、チームの2-0の勝利に貢献して得点を挙げた[13]。

2020-21シーズンの開幕に先立ち、グアダラハラは親善プレシーズン大会「2020 Copa por Mexico」に参加した。準決勝のライバル、クラブ・アメリカとの試合では、マシアスが開始から19秒でゴールを決め、スパー・クラシコでの最速ゴールを記録し、グアダラハラが4-3で勝利した[14]。 マシアスは4ゴールを挙げて大会の得点王となったが、クルス・アスルとの決勝戦には怪我のため参加せず[15]、グアダラハラは準優勝となった。

■代表歴
メキシコU-20
2018年10月25日、マキアスはディエゴ・ラミレス監督に招集され、2018年CONCACAF U-20選手権に参加した[16]。 同大会ではアルバ戦での4得点を含む10得点を挙げ[17]、同大会のゴールデンブーツを獲得した[18]。 メキシコは同大会で準優勝することになるため、同大会のベストイレブンに選出された[19]。

2019年4月、マシアスはU-20ワールドカップ(ポーランド)にメキシコ代表として参加する21名の選手に選ばれた[20]。

メキシコU-21代表
マキアスは、2018年のトゥーロン大会に参加した最終登録メンバーに含まれた[21]。 彼は3試合に出場し、メキシコは準優勝に終わった[22]。

マキアスは2018年の中米カリブ大会に参加した最終ロスターに含まれていた[23]。 彼はグループステージの2試合に出場し、メキシコは勝ち点1でグループ最下位となった。

メキシコ代表
2019年10月2日、マキアスはトリニダード・トバゴとの親善試合でメキシコのシニアチームで初キャップを獲得し、チームの2-0の勝利にデビュー戦で得点した[24]。 その数日後、彼は2019-20CONCACAFネーションズリーグの両試合で得点することになる。最初のバミューダ戦では、代表チームで初めてのブレースを決めて5-1で勝利し[25]、2回目のパナマ戦では、1-1の膠着状態を打開するために交代で出場し、最終的に3-1の勝利でメキシコの2点目を決めた[26]。

アレクシス・ベガ Alexis Vega

エルネスト・アレクシス・ベガ・ロハス(1997年11月25日生まれ)は、メキシコのプロサッカー選手で、リーガMXのグアダラハラでフォワードやウイングとして活躍しています[2]。

ベガは2016年2月27日、パチューカとのホームリーグ戦で交代要員として出場し、シニアチームでのデビューを果たしました[3]。 4月5日、エクアドルのLDUデキトとのコパ・リベルタドーレスで、トルーカでのプロ初ゴールを決めました。試合は2-1で終了し、トルーカは大会のラウンドオブ16への出場権を獲得しました[4]。 4月16日、ベガはベラクルス戦でリーグ戦初の2ゴールを決めました。

2018年12月8日、ベガが900万ドルと言われる金額でグアダラハラに移籍することが発表され、彼の移籍はクラブ史上最も高額なものの一つとなった[5]。

6試合を無得点でプレーし、3試合連続で未勝利だった2019年2月16日、ベガは町のライバルであるアトラスとの3-0の勝利で3ゴールを決め、キャリア初のハットトリックを達成することに成功した[6]。

2019年3月26日、パラグアイとの親善試合で、ハビエル・エルナンデスの78分の代役として、サッカーメキシコ代表にデビューした[7]。 2019年5月、ベガは、ジェラルド・マルティーノ監督の2019年CONCACAFゴールドカップの暫定的なロスターに含まれ[8]、その後、最終的なリストにも含まれた[9]。 グループステージ初戦のキューバ戦では、7-0の大勝で、代表チームでの初ゴールを決めることになる[10]。 メキシコは、この大会で優勝することになる[11]。

タイトルとURLをコピーしました