見島牛の値段や通販お取り寄せは?ふるさと納税は?

スポンサーリンク
0未分類

見島牛とは山口県萩市見島で飼育されてきた日本在来牛(いわゆる和牛)

鹿児島県のトカラ列島北端で飼育されている「口之島牛(くちのしまうし)」と並んで、西洋種と交配していない希少な日本の在来種として国の天然記念物に指定されています。

スポンサーリンク

見島牛の値段は?

日本にいる黒毛和牛の99.8%は但馬牛が元の種で西洋種と交配されています。

0.2%は鹿児島の口之島牛(くちのしまうし)と山口県の見島牛(みしまうし)で、西洋種の影響のない日本の在来種として存在しています。

1950年(昭和25年)には、見島島内で成牛・子牛合わせて600頭近くが農耕牛として見島牛が飼育されていたものの、農機具の機械化が進んだため飼育頭数が減少。

そこで見島牛の種を絶えるのを防ぐために「見島牛保存会」が発足し徹底した管理体制のもとで繁殖が進められ、現在は「天然記念物」として指定されています。

見島島では繁殖用の雌牛や雄牛が飼育されているのみでもちろん、見島牛が肉牛として食肉加工されることはありません。

ただ廃用となった雌牛や去勢子牛が島の外に運ばれて「肉牛」として飼い直しされ、牛肉として食べることが可能となっています。

それでも年に2~3頭しか市場には出荷されず、もともと体が小さく、食用肉があまりとることができない見島牛なので、値段は時価といった感じのようです。

ちなみに、見島牛とホルスタインを交配させて誕生した見蘭牛の値段は次のようになっています。

見蘭牛ロースステーキ 200g 5枚¥19,440、4枚¥15,552、3枚¥11,664、
見蘭牛手切りカルビ焼肉用(ばら) 500g ¥7,560
見蘭牛極上カルビ焼肉用(三角ばら) 500g ¥8,640
見蘭牛ヒレステーキ150g 5枚¥16,200 4枚¥12,960
見蘭牛リブロース焼肉用 500g ¥8,640
見蘭牛肩ロース焼肉用500g ¥7560
見蘭牛肩/うですき焼用 500g ¥4,860
見蘭牛リブロースすき焼用 500g ¥8,640
見蘭牛 肩ロース すき焼用 500g ¥7,560
見蘭牛ももすき焼用 500g ¥4,860

他にも「網焼きレストラン見蘭の焼肉セット」は¥8,100で次のような内容となっています。

・特選ロース×300g
・上カルビー×300g
・焼肉のたれ
・極(つけだれ)×1本
・焼肉のたれ・極(もみだれ)×1本
・見蘭キムチ×1パック

見島牛の通販お取り寄せは?

見島牛は現在、見島島以外だと「みどりや」という食肉販売・加工会社を経営している萩見蘭牧場で飼育されているそうで、
見蘭牛がしいくされているのも萩見蘭牧場のみ。

見島牛の通販・お取り寄せも「みどりや」のオンラインショップで取り扱いはあるものの、すでにふれている通りかなり希少性が高いので通販での入手は極めて困難といった状態です。

ただ、見蘭牛ならば比較的、流通量が安定しているようで、楽天やアマゾンでの取り扱いも見られます。

楽天で見蘭牛の通販取扱店舗を調べるにはこちら

一人で食べる見蘭牛のステーキ: 萩に帰って来ませんか

見島牛のふるさと納税は?

見島牛は和牛ならではの濃い旨みのある美しいサシが入った霜降りが特徴ですが、ふるさと納税で購入可能となっています。

ちなみに「和牛」の定義は日本国産という意味ではありません。

和牛とは日本在来の牛に外国種(ホルスタインなど)を交配させた牛の事で、日本では現在、

黒毛和種
褐毛和種
日本短角種
無角和種

の4品種、主に但馬牛、神戸牛、松坂牛、近江牛などが和牛に該当します。

「見蘭牛」はホルスタインの雌牛に見島牛の精液を交配した交雑種となります。

見島牛の味・感想は?

タイトルとURLをコピーしました