三宅晶子のwikiプロフや経歴を調査!受刑者専用求人誌「Chance!!」

スポンサーリンク
未分類

三宅晶子さんは受刑者専用求人情報誌「Chance!!」を発行している女性で、ロマンスグレーの白髪がきれいな方ですよね。

自らの体験がベースにあって受刑者に再起の道を開こうとまい進している三宅晶子さんの気になるプロフィールを調べた結果をまとめています。

スポンサーリンク

三宅晶子wikiプロフィール

名前:三宅晶子
生年月日:1971年
年齢:49歳
出身地:新潟県新潟市
最終学歴:早稲田大学第二文学部英文学専修
資格など:中学校・高校英語科教員免許、通関士国家試験合格、アンガーマネジメントファシリテーター、アドラー心理学ELM勇気づけトレーナー

三宅晶子さんは「 “人は変われる”と信じることのできる社会の実現」を目的に、株式会社ヒューマン・コメディを2015年7月に設立し代表取締役に就任。

ヒューマン・コメディという会社名の由来は「人生は、いくらでも変えられる。誰かを笑顔にして、最後は自分も笑って死ねるように生きる。」というもの。

ゆるされた人はゆるす人になる。そうしてやさしい社会をつくることを会社のミッションとして掲げています。

非行歴・犯罪歴のある方の採用・教育支援|(株)ヒューマン・コメディ
「絶対にやり直す」という覚悟のある人を、仕事で笑顔にするための採用支援

そんな三宅晶子さんは小学生までクラス委員長を任されるような優等生だったのに中学時代からシンナーには手を出さないまでもたばこ、酒、夜遊びなど非行を繰り返すように。

パンプスを履いて大人の気分を味わえるチャイナドレスを着たこともあったそうですが、それでも高校進学を果たします。

ただ恋人との同棲が学校に知られると入学すからわずか5ヵ月で退学処分となってしまいます。

地元の新潟市にあるお好み焼き屋に就職して働くようになったそうですが、父親もらったデカルトの『方法序説』をきっかけに大学進学を志し、23歳で高校に入り直しています。

最終的には早稲田大学第二文学部卒業をするまでになっています。

大学卒業後は貿易事務の仕事を経験してから中国・カナダへ留学。

2004年大手情報通信系企業に入社し通販MDとして仕入れ・販促を担当後、監査室配属となり個人情報保護監査を担当。

2014年には人材育成の道で独立することを志してその会社は退職しています。

■職歴
1997年~1998年 旧・関東ゼネラルサービス(株)(現・東洋ビジネスサポート)東レショップ
1998年~2001年 (株)スコアジャパン 香港業務部マネージャー
2004年~2014年 (株)大塚商会 MRO事業部主任、監査室主任

三宅晶子の経歴

大塚商会を退職後、「人材育成」という分野でどんな風に関わっていこうか模索をしていた時に、
自分が生きづらさを抱える人を知るため受刑者支援の団体等でボランティアを始めます。

非行歴や犯罪歴のある人の社会復帰が困難な現状を知るようになり、奄美大島の自立支援ホームでのボランティアで、とある少女と出会います。

両親がいるにもかかわらず十五年以上も施設で過ごしてきた子で、
奄美大島でのボランティアが終わってから半年くらいしてから手紙が届きますが、差出元の住所は福岡の少年院。

手紙の内容はほとんどがたわいもない内容だったようですが、
少年院を出たらおそらく奄美大島の施設に戻り、また悪いことを繰り返す恐れがあることを察知した三宅晶子さん。

彼女と養子縁組をして身元引受人になり一緒に生活することを決め、
彼女を社会復帰させるための〝居場所〟を作ってあげることに。

三宅晶子さんが株式会社ヒューマン・コメディを設立したもの実は彼女の自立支援をすることが最大の契機となっていて、
会社の設立日も実は彼女の誕生日と一緒。

三宅晶子さんは株式会社ヒューマン・コメディを通じて少年院・刑務所等を出た人を支援する事業を展開。

出所者等を雇用する企業のための採用・教育支援をおこなう一方、生きやすい考え方を身につけるための一般向けの講座や事業啓蒙のための講演なども実施しています。

【講座・講演実績】
2016年4月 「夢を実現するプレゼン」(日本IBM元気が出るセミナー)
2016年9月~ 「高校プレゼン授業」(都立高島高校、都立東久留米総合高校)
2017年5月 「当社就労支援の取り組み」(司法福祉委員会)
2017年7月~ 「アドラー心理学による“勇気づけ”講座」(新潟刑務所、朗真堂〈就労移行支援事業所〉等)
2017年12月~ 「仕事にも人生にも役立つ、アンガーマネジメント」(自社主催)
2018年1月 「罪を犯した依存症者を支援するPart⑥」(大森榎本クリニック)
2018年2月 「職業講話」(市原学園)

■株式会社ヒューマンコメディ会社概要
社名 株式会社ヒューマン・コメディ
設立 2015年7月
代表者 三宅晶子
資本金 600万円
所在地 東京都豊島区
連絡先 TEL: 050-3188-6011
FAX: 03-6893-3931
mail: info@human-comedy.com

受刑者専用求人誌「Chance!!」とは

『Chance!!(チャンス)』とは2018年3月に創刊された日本初の受刑者等専用求人誌。

掲載されている会社は「全社身元引受けOK」「全社寮完備」と、受刑者が社会復帰しやすい会社が厳選されて掲載されています。

受刑者専用の履歴書も付いていて、

収容年数
入所回数
今回の犯罪歴
それ以前の犯罪歴
再犯しないための決意
反社会的組織との関係

などを書き込む欄が設けられる独特の仕様となっています。

三宅晶子のツイッターやインスタグラム

三宅晶子のツイッター
@aco_jetlee

三宅晶子のフェイスブック
@akiko.miyake1

三宅晶子の高校や大学など学歴は?

三宅晶子さんは早稲田大学第二文学部を卒業しているものの、高校は中退しています。

お好み焼き屋で働きながら、予備校に通っていたようですが、遊んでしまってしばらくうろうろする期間があったようです。

22歳の冬季講習で出会った英語の先生に影響されて、やっと「英語教師になる」という目標ができて受験勉強に身が入るようになったと語っています。

三宅晶子の結婚した旦那(夫)は?子供はいる?

三宅晶子さんはすでに結婚をされています。

ちなみに、三宅晶子さんの父親も母親も二人路も地方銀行の銀行員というお堅い仕事についていて、
父親の茂さんから手渡されたデカルトの「方法序説」も何を書いてあるかさっぱりわからなかったそうです。

大学に入れば読めるようになるんじゃないかという思いから高校に入り直して勉強をするものの、
デカルトはいまだに理解できていないそうですね。

ちなみに、父親は自分の銀行を相手に「定年制延長裁判」を11年闘って敗れたものの、
「日本がダメなら世界に出る」と、2年後にジュネーブの国連人権小委員会に日本の労働者代表としてスピーチ。

国連から日本政府に勧告が出され、現代の雇用制度の源流につながったそうです。

男女間の賃金格差の是正を訴える「男女差別裁判」に勝利をして、
1986年に施行される男女雇用機会均等法への流れを作ったそうです。

三宅晶子の年収は?

三宅晶子さんの発行する「Chance!!」は年4回の刊行で全国の刑務所、少年院、更生保護施設など、全国約240の施設に無料で送付しているそうです。

掲載企業数も1回あたり20社程度とそれほど多いわけでもなく、
講演会や出所者等を雇用する企業のための採用・教育支援コンサルティングがメインの事業となるとみられます。

決して需要の高い職業というわけではないので、三宅晶子さんの年収も現時点ではそれほど高いわけではなさそうです。

ただ今後、掲載企業が増えてテレビなどメディア出演も増えてきた場合には、それこそ上場企業の社長並みの年収となる可能性はありますね。

タイトルとURLをコピーしました