山崎詩郎の学歴や経歴をwiki調査!コマ博士でテネット字幕を科学監修

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

山崎詩郎さんは映画「テネット」の日本語字幕を科学監修し難解なストーリーを分かりやすく伝えるために貢献した人物。

他にもコマ博士として知られ日本各地で講演やイベントを開催してい山崎詩郎さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

山崎詩郎wikiプロフィール

名前:山崎詩郎

生年月日:11月6日

出身大学:東京理科大学理学部物理学科

最終学歴:東京大学大学院物理学系研究科物理学専攻博士課程修了

肩書:物理学者/コマ博士/SF博士

職歴:
東京工業大学 理学院 物理学系 助教(Assistant professor)
東京理科大学 理学部 物理学科 非常勤講師
大阪大学(Osaka University)特任講師
ハンブルグ大学Postdoctral Researcher

■所属
・NPO法人サイエンスステーション
・科新塾御茶ノ水校第5期塾頭
・株式会社ママそら こども未来館
・株式会社文理 「RikaTan(理科の探求)」誌 企画委員

山崎詩郎の経歴

映画『TENET テネット』スペシャル予告

山崎詩郎さんは研究者が本業

専門の走査プローブ顕微鏡を用いた量子物性物理学では日本物理学会第10回若手奨励賞受賞しています。

「科学者と科学で遊ぼう」をモットーに、科学と遊びを融合した「コマ科学実験教室」や親子向け科学実験教室「青空サイエンス」を開催。

他にも全日本製造業コマ大戦予選で優勝、世界コマ大戦への出場した経歴の持ち主。

「こどもコマ大戦」を日本各地で実施するなどコマ教育に対して超異分野学会特別賞受賞。

NHK等各種メディアで紹介される。著書は講談社ブルーバックス『独楽の科学』。

「SF映画で学ぶ相対論」などの本格的物理教室まで幅広く展開し、映画『テネット』では日本語翻訳の科学監修も担当していました。

ちなみに、『TENET テネット』の翻訳や広報の科学監修を務めることになったきっかけは、もともとクリストファー・ノーラン監督の大ファンだったことから。

映画『インターステラー』も約50回視聴し、世界最大のIMAXシアターで観賞するためだけにシドニーまで15万円かけて日帰りするほどの熱の入れよう。

日本では「インターステラー」を科学的に解説する講演会の依頼が殺到し、約100回約5000人に向けて解説をしてきた実績が認められ「テネット」で字幕の科学監修を務めることになったそうです。

映画「インターステラー」で学ぶ相対性理論超入門1分まとめ動画

山崎詩郎のツイッターやインスタグラム

山崎詩郎のツイッター

山崎詩郎のインスタグラム

山崎詩郎のフェイスブック
@shiro.yamazaki.1

山崎詩郎の高校や大学など学歴は?

山崎詩郎さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、大学進学以降の学歴は次のとおりです。

出身大学:東京理科大学理学部物理学科

最終学歴:東京大学大学院物理学系研究科物理学専攻博士課程修了

山崎詩郎さんの活動経歴を見ると「札幌日本大学学園」とのかかわりが深いようなので、もしかしたらこの高校出身なのかもしれません。

山崎詩郎の結婚した嫁や子供は?

山崎詩郎さんのフェイスブックアカウントの情報を見る限りでは「独身」とあるので結婚はしていないようです。

タイトルとURLをコピーしました