盛弘の包丁の口コミや通販価格を調査!福岡県八女市で3年待ちの包丁!

スポンサーリンク
未分類

盛弘の包丁は、やわらかいトマトでも裏側が透けるくらい薄く切ったり、硬いカボチャも力を入れずにサクサク切れるのは当たり前。

分厚い電話帳だって、面白いほど簡単に千切りにしてしまうほど切れ味を誇っている盛弘の包丁は口コミでは絶賛の嵐。

盛弘の包丁が「こんな田舎に高レビュー!~撮影して頂いてイイですか?~」などたくさんのテレビ番組で紹介されてきましたが、通販価格などを調査!

スポンサーリンク

盛弘の包丁とは?価格(値段)はいくら?

盛弘の包丁は刃物を極めた盛弘鍛冶工場の2代目、平泰明さんが手がける包丁で、盛弘鍛冶工場は、昭和36年に創業。

もともとは農業用刃物の製造や修理を請け負う仕事が主だったようですが、初代はすでに時代の先を見据えていて、
「これからの鍛冶屋は農機具だけでは食べていけなくなる時代が来る」という危機感を抱いていたことから、
2代目はすぐに家業を継ぐ前に、高校卒業後にいったん、和包丁では日本一と言われる本場の大阪府堺市でも評判の高い「味岡刃物製作所」で修業を重ね、和包丁の研磨法を学んでいます。

盛弘の包丁には日本一の技術が受け継がれており、日本の伝統が「予約で三年待ち」という切れ味を生み出している秘訣お言ってよいでしょう。

包丁 VS ●● 包丁はバズーカの弾を斬れるのか!

2代目は和包丁の技術を習得したうえで福岡県八女市に戻ると初代盛弘のもとで古式鍛造法を修得。

2019年には天皇家の御料理を司る日本食文化伝承協会から認定を受けるなど、その名を日本中にとどろかせている盛弘の包丁ですが、
価格は大きく分けて

オーダーメイド
業務用
一般家庭用

の3つに分かれています。

オーダーメイドだと都度見積もりで業務用はそれなりの値段がするものの、一般家庭用ならば私たちでもなんとか手が出せそうな価格帯になっています。

家庭用包丁(文化包丁) 12,800(税込)~

菜切り包丁 12,800(税込)~ 野菜を切るときに便利な包丁

牛刀 12,800(税込)~ 文化包丁に比べて刃渡りが長い包丁

ペティナイフ(大) 11,800(税込)~ 文化包丁に比べて軽くて使いやすい包丁

ペティナイフ(小) 11,600(税込)~ 文化包丁に比べて軽くて使いやすい包丁

盛弘の包丁は通販で購入できるは?

盛弘の包丁では現在3代目のが製造現場に入り修行中で、本職用と家庭用の和包丁を中心に、初代から続く様々な農機具や特注品の製造も行っています。

愛用者は地元の九州の有名ホテルや料亭、旅館の料理長などにとらわれず全国各地に盛弘の包丁のファンがおり、最近では海外からの需要も増えているそうです。

口コミで噂が広まり、注文が殺到しているものの、盛弘の包丁は一本一本手造りしているため生産数に限界があり、現在は注文3年待ちという状況が続いています。

包丁一筋33年の2代目・平泰明さんが「うちの包丁より切れる包丁を見たことがない。」と豪語する切れ味を誇る盛弘の包丁は、
綱引きの綱硬い綱やペットボトル5本すらサッと振るだけでサクッと切れるわけですが、入手は極めて困難とはいえ、通販も行っています。

盛弘鍛治工場 - 【そのまんま通販】特産品ギフトを産直お取り寄せ
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/40210/4832532

盛弘の包丁のお店の場所はどこ?

福岡県八女市立花町白木

盛弘の包丁 | 一度手にすれば、一生ものになる。
創業昭和36年、福岡県八女市の盛弘鍛冶工場では本格鍛造で仕上げた「盛弘の包丁」を完全受注生産で製作しています。吸い付くような切れ味の、一度手にすれば一生ものになる最高級品の和包丁です。
盛弘鍛冶工場の鍛造
包丁- 盛弘鍛冶工場 –

盛弘の包丁の口コミ

タイトルとURLをコピーしました