胸が鳴るのは君のせい(実写映画)wiki|相関図や原作あらすじは?結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

映画「胸が鳴るのは君のせい」は転校生の有馬隼人と、有馬を一途に思い続ける篠原つかさが繰り広げる王道の青春ラブストーリー。

スポンサーリンク

胸が鳴るのは君のせい(映画)のあらすじ

なんか普段からよくしゃべっていてほかの子よりも自分に素顔を見せてくれてる気がして友達も「両思いじゃない?」なんて言うし、自分でも本当に好きだしすごくすごく期待して告白したら「そんなふうに思ったことなかった」ってズバッとフラレてしまった。。。そんな女の子の、片想い奮闘記☆仲のいい友人(!)を友人としてなくしたくないし、けど優しくされるたびどんどん好きになって苦しくなっていく。そんな思春期の一大事を丁寧に描いた作品

胸が鳴るのは君のせい(映画)の原作

映画「胸が鳴るのは君のせい」の原作は紺野りさが生んだ大ヒット少女漫画。

単行本は全6巻。番外編を除く単行本全5巻の累計発行部数は100万部を突破

紺野りささんは小学館「ベツコミ」にて「AM8:20、はつこい」を連載中の人気少女漫画家としても知られています。

■紺野りさコメント

実写映画化決定のお話を最初に聞いた時は震えが止まりませんでした!
まさか自分の人生にこんなスペシャルな大事件が起きようとは、正直今もまだ夢見心地です。
原作者特権でキャストの方をすでに知っているのですが、涼しげな目元が爽やかな凄まじいイケメンさんと、快活な笑顔がとてつもなく可愛い女優さんに演じて頂けることになっています。
有馬とつかさのイメージそのもの!!なので、『胸きみ』を好きになってくださったファンの皆様はもちろん沢山の方に楽しみにして頂けたら嬉しいです。

胸が鳴るのは君のせい(映画)のキャスト相関図

篠原つかさ
有馬隼人
長谷部泰広
麻友

実写化で浮所飛貴主演説が浮上していますが主役は果たして…!?

篠原つかさ(しのはら つかさ)

第1話では中学3年生、2話目以降は高校1年生。A型。何かを頼まれると拒否できない責任感の強い性格。
有馬のことが好きだが中学3年生の時に一度告白してフラれている。

有馬隼人(ありま はやと)

つかさのクラスメイト。AB型。中学2年生の時につかさのクラスに転入してくる。クールでひょうひょうとしている。いじわるな性格。
転入する前に、麻友と付き合っていた。

長谷部泰広(はせべ やすひろ)

つかさと同級生。有馬とは知り合い。チャラチャラしている。
つかさに惹かれていくも、突然キスをしたことでつかさに距離を置かれる。

麻友(まゆ)

長谷部とはいとこで、有馬の元恋人。体が弱い。
有馬が転校するとき、別れを告げられたショックで貧血を起こし、植え込みに倒れ込んだ際に首元に大きな傷ができる。

胸が鳴るのは君のせい(映画)の結末ネタバレ

親友のように仲がいい友達への片思いが描かれた物語は
友達に恋をしたからこそ生まれる”不意打ちのトキメキ”、そして有馬とつかさを軸に展開される登場人物たちの不器用な恋模様

篠原つかさと有馬隼人は無事に両想いとなるものの、些細なことですれ違いが起き有馬隼人の態度に「もしかしたら有馬はあたしが有馬を想うほどにはあたしのことを好きじゃないのかもしれない。」と疑念を抱きます。

有馬がクラスの男子に「付き合ってない」って言っていたのも、つかさが中学生の頃に男子にからかわれたこと(黒板事件)をトラウマに感じていると配慮してのことで、
除夜の鐘が鳴り響く中、二人は仲直りのキスするといった結末を迎えます。

胸が鳴るのは君のせい(映画)の感想

タイトルとURLをコピーしました