村上塁(靴修理職人)の年収や学歴をwiki調査!情熱大陸に出演

スポンサーリンク
0未分類

村上塁さんは革靴の修理を専門に請け負う「ハドソン靴店」の2代目店主を務める横浜、唯一の靴職人。

2021年には情熱大陸でも紹介された村上塁さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

村上塁wikiプロフィール

名前:村上塁

生年月日:1982年

年齢:39歳

出身地:神奈川県横浜市

出身高校:浜松日体高校

子どものころからブロック玩具遊びや図工、美術の授業が好きで、細かな手作業が得意だった村上塁さん。

大学時代に、テレビで見たオーダー靴を作る職人の姿を目にしたことがきっかけで靴職人を目指すようになります。

師事したのは昭和36年創業「ハドソン靴店」の初代店長で、吉田茂元首相をはじめ、石原裕次郎など多くの著名人の靴を手掛けた佐藤正利さん。

先代が亡くなったことを受けて村上塁が2代目として店を継ぎました。

村上塁さんおすすめの革靴が濡れた時のお手入れ方法

革靴は水が天敵! 突然の雨に降られて、水滴がシミになったり、濡れた部分が波を打ったようなシワになったり……。革靴を大切に履くためには、「濡れたまま放置するのはダメ」と、村上さん。しっかり乾かすことと、乾かす前のひと手間がポイントです。

【1】全体を濡らす
水滴や縫い目からの染み込みなどにより革の濡れた部分の染料が動くことでシミになります。まずは、水を含ませ絞ったスポンジやタオルなどで革靴全体をまんべんなく濡らし、他の部分とトーンをそろえることで、乾いた後の色ムラを抑えます。

スポンジは、台所などで使い古したものでOK。柔らかくなっているものの方が、革を傷つけずにしっかり水を浸透させることができます。ただし、油が付いているとそれでシミになるのでよく洗った物を使用して下さい。

【2】陰干しで乾かす
色のトーンがそろったところで、革靴を乾かします。靴の中に新聞紙やキッチンペーパーなどを詰めて水分を吸収。新聞紙は印刷オイルが革にいいのでオススメです。

乾かす時は、直射日光が当たらない、風通しのよい所で陰干しを。踵を下にして壁に立てかけるとよく乾きます。

また、靴用乾燥機は使用しないこと!

「革は動物の皮膚なので、人間の肌と同じだと考えてください。直射日光や乾燥は良くない。また、革靴に靴用乾燥機を使うのはセーターを乾燥機で乾かすのと同じで、革が収縮してしまいます。靴は革だけでなく、水や熱に弱い糊も使われているため、破損の原因に」(村上塁さん、以下同)

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2020/022675.html

村上塁の経歴

手縫いの靴作りを本業とする職人だった村上塁さんがハドソン靴店を継いだときには、
街中でよく見かける靴修理店と同じ値段で同じような修理をしていたそうでd巣。

ただ、靴の修理業界は立地9割、腕1割と言われるほど立地が大事な世界で、ハドソン靴店はお世辞にも立地が良いとは言えませんでした。

追い打ちを書けるようにスニーカーブームもやってきて、注文が減り続ける中、注目をしたのが他の靴修理屋さんで断られた靴を修理を請け負うこと

修理を断られた靴がどのくらいの量になるのか調べてみたところ、想像以上のボリュームになっていることを突き止めます。

ブランドが違うからと靴のメーカーが他者メーカーの靴修理を断ったり、靴修理店でも靴の種類によっては現場では対応できないケースがあることから、
ほかの修理屋さんで断られた靴を修理します!と打ち出し始めたところ、評判が評判を呼び今や注文は日本全国から押し寄せときには海を越えて、ベルギーやフランスからも修理の依頼が来るほどに。

現在では日本屈指の技術を持つ靴修理職人として年間1500足の靴を修理しています。

村上塁さんはもともと、細かな工程に分かれ完全分業で製作される靴作りの、各パーツを靴に仕立てる「底付」という工程を専門としていました。

ほかで断られた複雑な修理まで引き受けられるのも、手縫いの靴を作る技術やスキルがあってこそでした。

村上塁(靴修理職人) | 情熱大陸
大切な靴を直してみませんか?思い出に光を灯す

村上塁のツイッターやインスタグラム

村上塁のツイッター

村上塁のインスタグラム
@hudsonkutsuten

村上塁のフェイスブック

村上塁の高校や大学など学歴は?

村上塁さんの通っていた高校は浜松日体高校です。

大学については学校名は明らかになっていないものの、大学を中退して靴の専門学校に飛び込むと、
ハドソン靴店に本腰を入れるために、結局専門学校も中退しています。

村上塁の結婚した嫁や子供は?

村上塁さんは201年現在、独身とのこと。

村上塁の年収は?

村上塁さんは2011年に先代「ハドソン靴店」店長が急逝したため、最後の弟子として店を継いでいますが、
当初はーダーメイド靴はすでに斜陽の商売で、売上は月3万円といった時期もあったそうです。

思いきって『修理専門店』として再出発したところ、世界的にも注目される職人となっています。

こうした経緯や、様々なメディアに掲載されている様子から村上塁さんは身なりにもかなり気を付けていることがわかります。

少なくとも生活に苦労するレベルではなく、身の回りの品にほとんど不自由なくお金を使えるようになっている様子が伺えるので、年収はやはり1000万円以上になるとみてよいでしょう。

さらに、同じ反町にセミオーダー靴を扱う新店舗『HUDSONS』をオープンさせているので、村上塁さんの年収は今後ますます増えていくんじゃないでしょうか。

新店舗『HUDSONS』では、1モデルに付き152サイズという膨大なサンプル展開で、一人一人にフィットする薄いカーボン材入りの革製シューズを販売します。

タイトルとURLをコピーしました