なんだかんだ銀座の考察|最後(ラスト)の意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「何だかんだ銀座」は『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』で放送された野生のお金持ちが出てくるエピソード。

くりぃむしちゅー有田が主演を務めましたが、「何だかんだ銀座」の最後(ラスト)が意味不明という声がネットで続出しています。解説・考察は?

スポンサーリンク

なんだかんだ銀座の考察|最後(ラスト)の意味は?

有田哲平が“野生のお金持ち”役で『世にも奇妙な物語』初出演で初主演「“これですか!?”というのが率直な感想」

6月18日(土)に、土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』(フジテレビ系 午後9時~11時10分)が放送決定。さらに、番組内で放送されるエピソード「何だかんだ銀座」で、有田哲平(くりぃむしちゅー)が主演を務めることが発表された。

 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送を続け、これまで各時代を代表するような作家や脚本家と豪華俳優を掛け合わせることによってその名の通り“奇妙な”物語の世界観を作り出してきた本シリーズ。今回も、珠玉の4つの“奇妙な”短編ドラマを送る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd6337a0467756ba6f54184adbd274507e8ae057

『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』の「何だかんだ銀座」は、銀座の公園で“野生のお金持ち”であるニホンオオカネモチを捕まえて自宅で飼うというストーリー。

ニホンオオカネモチは銀座に大変なこだわりを持っており、銀座で買った食器や銀座の食べ物以外は受けつけないという厄介な生態。

最後のシーンは、「お金持ち」をやむなく手放すことになった少年が大人になり就職活動で出向いた先のトップ(会長)がなんと、自分の飼っていた「お金持ち」。

「お金持ち」役のくりぃむしちゅー有田さんが意味深な笑みを浮かべていたことから、最後の意味について意味不明という声が続出。

いずれにしても、最後のシーンの意味をはっきりさせる描写がないことから、

○子供が「お金持ち(見込み)」に成長した

○子供が「有望新人(奴隷)」とかの、捕まえられる存在になった

○途中で手放したことから「お前はあの時俺を見捨てたな。」という立場が逆転したことを示唆

などと考察する意見が見られます。

なんだかんだ銀座の考察|最後(ラスト)の感想は?


捨てられたからなんですかね?

それよりも、虫取り網に捕らえられて、首根っこを掴まえられると
なぜかその人の家のペットになってしまい、
言葉は喋れないわ、自分の家には帰れないわ、自分のお金で好きなものを食べられなくなるわという散々な目に合わせれますよね。
ペット化されることは明白に迷惑なことじゃないですか?

だって、現にゆうすけは
虫取り網に捕らえられて、首根っこを掴まえられたことを恐れおののいていますよ。まぁ当然ですよね。だってペットになってしまうのですから。
で、あなたも、それを「復讐」と解釈されているわけですよね。

ペット化すること自体が、酷いことじゃないですか?


お前あの時よくも俺を見捨てたな。って有田哲平さんの豹変顔と読んだ。

途中で手放したんでね。

タイトルとURLをコピーしました