部屋が汚いとニキビができる?汚い部屋でニキビ増える,悪化する原因はハウスダスト?

スポンサーリンク
未分類

普段のスキンケアには気をつけていても、ニキビやシワ、くすみ・吹き出物などの肌トラブルはつきものです。

ただ見直すべきはスキンケアのやり方や使っているスキンケアグッズではなく、もしかしたら生活習慣なのかもしれません。

不潔な肌と汚い部屋が実は大きく関係しています。

スポンサーリンク

汚い部屋は美肌の天敵!スキンケアの前にやるべきことは掃除

洗顔やスキンケアに気をつけていても、ニキビや吹き出物が繰り返し発生することがありますよね。

季節の変わり目に発生する吹き出物やかゆみ、乾燥。そんな肌トラブルの原因は「ハウスダスト」かもしれません。

ハウスダストとは、いわゆる家の中に発生するチリやホコリのこと。

ほかにも花粉、ダニの死骸、黄砂、PM2.5、人やペットのフケ、カビなど様々な物質の総称がハウスダストで、ハウスダストがアレルギーの原因になると言われています。

一般的にハウスダストはくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こしますが、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすことも考えられます。

ハウスダストが皮膚に付着することで、かぶれやかゆみを引き起こすことがあり、さらにひどくなると皮膚炎の原因になることもあり得ます。

ハウスダストが皮脂と混ざることで汚れとななって毛穴を詰まらせ、その状態で放置することで肌の雑菌が増殖しニキビや吹き出物の原因となります。

ハウスダストに含まれるアレルゲンはさらに肌の免疫力を低下させますから、治りにくいニキビや吹き出物・肌荒れの原因になります。

人間の目にはきれいに見える部屋でも、実は見落としていたり、目には見えない微量のハウスダストがたくさんあるのです。

そんな部屋の汚れが顔にも付着していると考えると…今すぐにでも掃除したくなりませんか?

ハウスダストの対処法は、とにかくこまめに掃除をすることが一番です!

ニキビを招く汚い部屋を掃除をするのに最適な時間帯は?

ニキビを悪化させかねない汚い部屋を掃除する最適な時間帯は人の動きが少ない朝一番がおすすめです。

就寝中の人の動きがない時間帯に空気中のホコリがゆっくりと床に沈んでいくので、空気中のちりやホコリがかなり落ちていることが予想される朝一番の時間帯です。

お部屋をきれいな状態に保つためにはルンバと一緒にスケジュールを組むとさらに効果的です。

ルンバならわざわざ自分で掃除する必要がないですし、一般的な掃除機よりも排気量が少ないのでハウスダストを巻き散らかすような心配もありません。

ハウスダストは、人の出入りや換気など、日々の些細な動作で必ず発生します。丁寧に掃除をしなければ、ハウスダストは増えるばかりです。

ルンバならボタンを押すだけで済むので時間と手間を省き、美しく効率よくお掃除をしてくれます。

汚い部屋と肌荒れニキビ。一見、何の共通点もないように見えますが、意外な関係を一つ上げることができます。

散らかっていて散らかっていて汚い部屋は、まさにあなたの心の状態を反映していて、
「ストレス」や「心の乱れ」が生じていることが考えらえます。

面倒くさくて仕方がないとか「時間がない」からなんて考えていませんか?
「まだ大丈夫」なんて言い訳をして掃除を先延ばしにしていませんか?
タオルやシーツなどの布地の交換を怠っていませんか?
メイクを落とさずに寝てしまっていませんか?

目の前のことを言い訳にするのではなく、自分のための時間を持つことが解決への第一歩です

まずはお部屋の「清潔感」から始めて、自分自身の「清潔感」を目指していきましょう。

部屋が汚いのはニキビを招くストレスの象徴

掃除や片付けが苦手な人は、実はその悪い習慣をお肌に変えているのです。

部屋の中がホコリだらけだと、肌の皮脂とホコリが混ざり合って毛穴を塞いでしまいます。

毛穴が塞がれば、当然肌荒れやニキビにつながります。

洗顔をしても、何日も経ったタオルで拭いても同じ結果になります。

さらに、仕事から帰ってきてベッドに倒れ込む忙しい女性…あなたは花粉や黄砂、ホコリをベッドの上に降らせていることになります。

そのまま寝ることで、外からの侵入者に対して肌がアレルギーを起こしている可能性があります。

このアレルギーは、いつでも「アトピー性皮膚炎」という形で外側に現れる可能性があります。

さらに、掃除ができないことも要因として心理学的には「部屋の状況≒心理状況」と言われています。

つまり、部屋が散らかっていると、心も散らかっているということです。

部屋を片付けなければならないというプレッシャーから、どんどん散らかった部屋が増えていきます。

散らかった部屋を見ることで、視覚的にやる気がなくなり、無気力になったり、ポジティブさが薄れたり、美容やファッションに注意を払わなくなるという悪循環が生まれてしまいます。

また、「部屋の清潔さは肌の手入れに等しい」とも言えます。

タイトルとURLをコピーしました