脳内メロディ症候群とは?原作・曲名・オチは?メロディに乗せて

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「脳内メロディ症候群」というのが『世にも奇妙な物語’22 夏の特別編』のエピソードの一つ「メロディに乗せて」で登場しました。

これは実在する症候群なんでしょうか?「脳内メロディ症候群」が出てくる「メロディに乗せて」の原作は?曲名・オチは?

スポンサーリンク

脳内メロディ症候群とは?原作は?

生田絵梨花が“脳内メロディ症候群”に…『世にも奇妙な物語』初出演に「頭も心も忙しかった」

生田が演じるのは、脳内に流れる音楽に合わせた行動をとらないと脳が異常反応を起こし、最悪の場合は死に至る“脳内メロディ症候群”という奇病にかかってしまうOL・村野叶海(むらの・かなみ)。

突如、“脳内メロディ症候群”を発症してしまった叶海は、会社の大事なプレゼン中、食事中、帰り道など、ところ構わず脳内にアニソン、ラブソング、ホラー、クラシックなどさまざまなジャンルのメロディが流れ、それに翻弄される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e4780eaff77c8de10352d2b4efebe0dbc87f293d

「脳内メロディ症候群」というのは、「メロディに乗せて(世にも奇妙な物語’22 夏の特別編)」での架空の設定でしかありません。

ただイヤーワームという歌または音楽の一部分が心の中で強迫的に反復される現象とよく似ています。「音楽が頭にこびりついて離れない」と表現されることもあります。

脳内メロディ症候群(メロディに乗せて)の曲名・オチは?

タイトルとURLをコピーしました