影守人のジグとメル打ち切りの理由はなぜ?nuudeで陽歌れいり

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「影守人のジグとメル打」はnuudeで連載されていた陽歌れいりさんの作品。

ただ2話を掲載したところで作者から連載終了が発表され波紋を呼んでいます。

スポンサーリンク

影守人のジグとメル打ち切りの理由はなぜ?nuudeで陽歌れいり

「影守人のジグとメル打」はnuudeで連載されていましたが、2021年12月には休載が発表されていました。

その後、「影守人のジグとメル」作者の陽歌れいりさんより下記のコメントがツイッターで発表されています。

ただ、陽歌れいりさんの発言に対してnuudeからはまだ公式発表は確認されていないので、これをもって打ち切りの理由とするのは早計でしょう。

陽歌れいりさん・nuude双方による連名での発表を待つばかりです。

東京漫画社NUUDE 「影守人のジグとメル」
連載終了のお知らせ
東京漫画社・NUUDEにて連載中の 「影守人のジグとメル」につきまして、2022年5月号掲載の2話をもって連載終了とさせて頂くことになりました。
作品を楽しみに応援してくださっていた読者の皆さまには、 残念なお知らせとなってしまい誠に申し訳ございません。

●連載終了に至る主な理由と経緯

・連絡が取れず作業が進まない
・打ち合わせのすっぽかし多数
・同誌内他作家様の作業進行や掲載状況と比較して、連絡を無視される等ぞんざいな扱いを受けていると感じた
・担当編集以外の社内の方々にも数回に渡り状況の改善を求めたが、 当作品は東京漫画社では大切にして頂けないと感じた
・担当編集と連絡が取れていない間、 読者様からのお手紙等も転送されずご心配をお掛けしていた
・他誌の担当編集様にもNUUDEでの進行の遅延が波及し、ご迷惑をおかけした(している)
・上記の状況が1年ほど続き、私自身、蕁麻疹で眠れなくなる、 突発性難聴になる

など生活に支障が出始めた

以上の理由で、 読者様や他誌様にもご心配ご迷惑をおかけしていることから、NUUDE編集部から経緯の説明・周知をしていただけないかお願い致しましたが、社内協議の結果、 「連載終了はあくまで陽歌先生のご要望によるもので、 企業としてはHPでの連載終了の告知のみとし、 理由 ・ 経緯の説明及びSNS等でのお知らせは一切行わない (要約」とのご回答でしたので、私からご説明させて頂くことになりました。

6月に東京漫画社側のご事情により担当編集が変わったのですが、現担当からの話ですと、その時点で東京漫画社としては過去の問題は解決済みという認識だそうです。

どのように解決に至ったのか、 私にご説明やご報告は一切ありません。

「影守人のジグとメル」 は私のデビュー作であり、 今でもとても大切に思っていますし、思い入れがあります。

しかしそれとは別に、 自分の置かれている状況からNUUDEに当作品は必要ないのだと考えるようになり、 去年の11月の時点で精神的な限界を感じ、 連載終了を申し出ていました。

その際、「判断を先送りにしてもらえないか」というお話があり、 休載の形をとって12月のお知らせを出すに至りました。

その後、なんとか持ち直せればと努力はしましたが、前担当との状況があまり好転せず、 1年越しの連載再開も、やっとの思いで漕ぎ着けたものです。

2話の作業過程でも、 前述のような連絡不備や遅延が改善せず、 「影守人のジグとメル」はNUUDEには必要ないのだと改めて感じ、 執筆中は体調を崩しながらなんとか描き切るという状況でしたので、 これは私にとっても作品にとっても良くないと考えました。

以上が、東京漫画社NUUDEにて執筆を続けることはできないと判断するに至った理由と経緯です。

●最後に
連載が始まる前から最終話の展開まで決まっていました。
そのハッピーエンドを、 応援してくださっていた読者の皆さまへお届けできないこと、さぞ落胆されたことと思います。
私自身、本当に不甲斐なく、情けない思いでいっぱいです。
読者の皆様からの応援やご期待を裏切る形となり、 本当に申し訳ございません。
今まで 「影守人のジグとメル」 を応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
心から最大の感謝を申し上げます。
これからは気持ちを切り替えて、 より良い作品を読者さまにお届けできるよう精進して参ります。
まだまだ未熟な私ではございますが、 今後とも変わらぬ応援のほど、宜しくお願い申し上げます。
2022年8月1日 陽歌れいり

影守人のジグとメル(nuudeで陽歌れいり)打ち切りにネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました