石原行雄の学歴や経歴をwikiチェック!サバイバーや北朝鮮で話題

スポンサーリンク
0未分類

石原行雄さんはジャーナリスト、ルポライターとしてとにかく「ヤバい」場所へ自ら足を運んで現地取材をしているノンフィクション作家。

数多くの「信じるか信じないかはあなた次第」の都市伝説ネタを抱えている石原行雄さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

石原行雄wikiプロフィール

名前:石原行雄(いしはら ゆきお)
出身地:東京都
生年月日:1969年
年齢:51歳
最終学歴:法政大学
職業:ジャーナリスト、ルポライタ

石原行雄さんはこれまでに海外のイラクの爆弾テロ現場や北朝鮮、カンボジアと日本国内の闇フーゾクやゴミ屋敷、大麻栽培場、さらには麻薬密造、自殺……と、命を作る現場から命が消える現場まで、数々の突撃/潜入取材を敢行。

これまでにイラク、北朝鮮、チベット、ミャンマー、空爆下のアフガン国境、津波被災後のスマトラ島など、約40カ国へ取材に出かけている言ほか、
問題を抱える少年の更生を目的とした「戸塚ヨットスクール」ではかつて生徒への傷害致死で服役中の戸塚宏校長からも取材の許可をもらっています。

日本版サバイバー3rdシリーズではシリーズ優勝者で俳優の蛯沢康仁と共に参加していました。

石原行雄の経歴

石原行雄さんはテレビ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」で違法薬物についても都市伝説のような話を公開しています。

疑惑のもたれる芸能人の名前が書かれた”超極秘ブラックリスト”が存在するということで、
MCの名倉潤さんも「俺も(事務所の指示で検査を)やったよ!」と薬物検査を受けた事実を告白していました。

■石原行雄の出演テレビ番組
『サバイバー3rdシリーズ』
『バイキング』専門家レギュラー
『やりすぎ都市伝説』
『ヨソで言わんとい亭』
『NMBとまなぶくん』
『ビートたけしのTVタックル』
『和牛の以上、現場からお伝えしました。』

■石原行雄の著書
『本当に買える海外通販アイテム大全』(データハウス刊)
『アジア売春街と麻薬地帯 体験記』(データハウス刊)
『データハウスブック40 アジア売春街と麻薬地帯 体験記』(データハウス刊)
『アウトローたちの履歴書』(彩図社刊)
『自殺ドミノ』(晋遊舎刊)
文庫版『アウトローたちの履歴書』(彩図社刊)
『ヤバい現場に取材に行ってきた!』(彩図社刊)
『型紙付き! ウクレレDIY完全ガイド』(リットーミュージック刊)
『客には絶対聞かせられない キャバクラ経営者のぶっちゃけ話』(彩図社刊)
『アコースティック・ギター・メインテナンス・ガイド ~プロの現場の調整術~』(リットーミュージック刊)
文庫版『ヤバい現場に取材に行ってきた!』(彩図社刊)
『世界のエッチなトリヴィア』(笠倉出版社刊)
『エレクトリック・ギター・メインテナンス・ガイド ~プロの現場の調整術~』(リットーミュージック刊)
『少女たちの裏稼業 ~性の切り売りをする女子児童たち~』(彩図社刊)
『ガイドブックには絶対に載らない 裏アジア潜入記』(セブン新社刊)

北朝鮮

石原行雄さんは以前の著書の中で、北朝鮮の裏側を暴露してしまったことから北朝鮮のブラックリスト入りしたとされています。

北朝鮮の地下鉄でホームに行く途中に目撃した光景やホテルを抜け出そうとしてガイドに言われたことなどを包み隠さず暴露したことが危険視されたようです。

他にも、石原行雄さんは北朝鮮に旅行と称して取材に行った際、金日成の金の銅像は実はコンクリートで出来た像に金色のペンキを塗っているだけだったも話しています。

石原行雄のツイッターやインスタグラム

石原行雄さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

石原行雄のフェイスブック
@yukio.ishihara.9

石原行雄の公式HP

石原行雄の高校や大学など学歴は?

石原行雄さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、大学は法政大学を卒業しています。

石原行雄の結婚した嫁は?子供はいる?

調査中
石原行雄さんのフェイスブックなどプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ結婚に関する情報は一切ありませんでした。

ちなみに、石原行雄さんは婚活パーティーにも潜入取材をしたことがあるそうですが、その際、目的も希望もねじれまくってて救いがない“婚活オンナ”の地雷にはまってしまったと話しています。

39歳の医療系OLと知り合い、数回のデートの後に『結婚を前提に』ってまじめに交際を申し込んだところ、『あんたの結婚観は間違ってる!』とか豹変。

その晩には長文の大説教メールが何通も来るという手痛いしっぺ返しを食らったそうです。

タイトルとURLをコピーしました