岬麻紀の経歴や学歴をwiki調査!結婚は離婚?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

岬麻紀さんは2021年10月第49回衆議院議員総選挙で初当選した衆議院議員。

元フリーアナウンサーという経歴を持つ岬麻紀さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

岬麻紀wikiプロフィール

名前:岬麻紀

出身地:名古屋市千種区(名東区育ち)

生年月日:1968年12月26日

年齢:53歳

小学校:名古屋市立高針小学校

出身中学:名古屋市立高針台中学校

出身高校:愛知県立東郷高等学校

出身大学:愛知大学→早稲田大学

選挙区:愛知5区

所属:日本維新の会

趣味/特技:ドライブ、バイク、ヨガ、ハーバリウム、モーターボートなど

岬麻紀の事務所

■地元事務所
〒481-0041
愛知県北名古屋市九之坪東町42-1

■国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2丁目1-2 衆議院第2議員会館705号室

岬麻紀の経歴

名古屋大学付属病院で副医院長秘書、世界祝祭博覧会「まつり博in三重’94」のミキモトパビリオンと「花と緑の博覧会in岐阜‘95」の中部電力パビリオンでナレーターを務めた後、株式会社ポリッシュを設立。

2019年7月の第25回参議院議員通常選挙には名古屋市長の河村たかしから擁立され愛知県選挙区(改選数4)で、地域政党「減税日本」と国政政党日本維新の会の共同公認候補として立候補するも次点で落選

2020年6月3日、日本維新の会から参議院愛知県選挙区第1支部長に改めて選任されると、2021年10月第49回衆議院議員総選挙に日本維新の会公認候補として愛知5区から立候補。

小選挙区では自由民主党公認の神田憲次が勝利。次点の立憲民主党公認の西川厚志は比例復活もかなわず落選。

3番目の得票数だったものの、日本維新の会が比例東海ブロックで2議席を獲得し、惜敗率54.008%により比例復活で初当選した

2022年5月には第25回参議院議員通常選挙の当時の「プロフィール」に「亜細亜大学非常勤講師」との経歴を掲載させていたもの、虚偽の経歴を掲載した疑いがあると報道されています。

【独自】日本維新の会の岬麻紀衆院議員に経歴詐称の疑い 刑事告発で名古屋市の河村市長「情けない」〈dot.〉

復活当選の維新・フリーアナウンサー岬麻紀さん、前回“公認”の河村市長は「庶民革命忘れんように」 (21/11/01 15:20)

岬麻紀のインスタ・ツイッター

岬麻紀のツイッター
@misakimaki_i
https://twitter.com/misakimaki_i

岬麻紀のインスタグラム

岬麻紀のフェイスブック
@maki.sweetvoice
https://www.facebook.com/maki.sweetvoice

岬麻紀のブログ
岬麻紀の公式HP
https://misakimaki.com/

岬麻紀のyoutube
https://www.youtube.com/channel/UCcaZTH14pxrxU5oLStAuqxA

岬麻紀のtiktok

岬麻紀の高校や大学など学歴は?

岬麻紀さんの通っていた学校は次のとおりです。

小学校:名古屋市立高針小学校

出身中学:名古屋市立高針台中学校

出身高校:愛知県立東郷高等学校

出身大学:愛知大学→早稲田大学

大学は愛知大学第2部法学部を中退後、早稲田大学人間科学部人間環境科学科の通信制(eスクール)に進学しています。

岬麻紀の結婚した旦那(夫)や子供は?

調査中
岬麻紀さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ彼氏の存在を匂わせる情報も一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました