五輪サッカー年齢制限の理由は?オリンピックサッカーなぜ23歳以下?

スポンサーリンク

東京五輪2020ではサッカーを楽しみにしている人も多いんじゃないかと思います。

実際にスタジアムに足を運んでサッカー日本代表を応援しようと考えている人も多いんじゃないかと思いますが、
五輪(オリンピック)サッカーでは出場できる選手は23歳までという年齢制限が設けられています。

オリンピックでは基本的に年齢制限は設けられていないのに、なぜ五輪(オリンピック)サッカーだけが23歳以下に年齢制限されているんでしょうか?

スポンサーリンク

五輪(オリンピック)サッカーで23歳以下年齢制限の理由はなぜ?

「アマチュアの祭典」とも呼ばれるオリンピックでは基本的に年齢制限は設けていないものの、
各競技ごとに目的・理由があれば年齢制限をしてもかまわない、という運用ルールとなっています。

過去のオリンピックで年齢制限に引っかかってしまった例を挙げると、
冬季オリンピックのスケート競技ではスピードスケート・フィギュアスケートともに
(大会前年の6月30日段階で)15歳以上という年齢制限が設けられていたため、
金メダルの有力候補だった浅田真央選手が62日間だけ足りずに惜しくもオリンピック出場を逃しています。

スケートの場合、体がまだ成長段階にある子供に対して、過酷な練習を強いることを避けることが目的のようですが、
サッカーの場合は逆に24歳以上だと出場できないという上限に対して年齢制限が設けられています。

ベテラン選手の出場を厳しく制限することで、ナショナルチーム間の実力差の開きを狭くする狙いもありそうですが、
実際にはサッカーを統括する団体のFIFAと、オリンピック運営組織のIOCのお互いの思惑の妥協案といった感じのようです。

そもそもオリンピックは「アマチュアの祭典」だったはずなのに1992年のバルセロナ五輪から徐々に
プロ選手の出場が緩和され始めています。

実際に1992年のバルセロナ五輪ではバスケットボールでアメリカのNBAに所属するスター選手が名を連ね、
全試合で無双を繰り広げて危なげなく金メダルを獲得しています。

見る人によっては面白くはなかったかもしれませんが、バスケットボールファンとしては、
スター選手が一同に揃う機会がなかったので、結果的に大好評のうちに幕を下ろしています。

IOCとしては、1976年のモントリオール大会では10億ドルの赤字を出すなど、
以前は資金繰りに随分と頭を悩ませていたようで、その打開策としてプロ選手にも門戸を開いた、という思惑があります。

「アマチュアの祭典」という大義名分を外してしまったものの、
より広範囲にスポンサーを募ることで収益を改善させることに成功。

今やオリンピックは一大スポーツビジネスと言えるイベントとなり
サッカーに関しても、年齢制限なんか設けずに全年代の選手に出場してもらいたいという思いが垣間見れます。

一方でFIFAとしては4年に1度開催されるワールドカップこそ、サッカー世界一を決める大会にしたい思惑があり、
そもそもプロのサッカー選手がオリンピックに出場すること自体、あまり良くは思っていないようです。

そんなIOCとFIFAが妥協点を見出した結果、ロサンゼルス五輪からサッカーでもプロ選手の出場が認められたものの、
オリンピックに出場した選手はワールドカップ予選および本大会の参加資格は与えられという措置が取られています。

その後、話し合いを重ねてたどり着いたのが
「23歳以下限定」という年齢制限ルールだと言われています。

さらに1996年のアトランタ五輪からは条件の緩和が進み、
現在も続いている選手3名のオーバーエイジ枠も設けられるようになりました。

ちなみに、サッカーでプロ選手の出場とオーバーエイジ枠が認められてからの日本のオリンピック出場歴並びに、
オリンピックの成績は下記のとおりです。

1996年 アトランタ五輪
→オーバーエイジ枠不使用
結果:グループリーグ敗退
優勝:ナイジェリア

2000年 シドニー五輪
→楢崎正剛、森岡隆三、三浦淳宏
結果:ベスト8
優勝:カメルーン

2004年 アテネ五輪
→曽ヶ端準、小野伸二
結果:グループリーグ敗退
優勝:アルゼンチン

2008年 北京五輪
→オーバーエイジ枠不使用
結果:グループリーグ敗退
優勝:アルゼンチン

2012年 ロンドン五輪
→徳永悠平、吉田麻也
結果:4位
優勝:メキシコ

2016年 リオ五輪
→塩谷司、藤春廣輝、興梠慎三
結果:グループリーグ敗退
優勝:ブラジル

https://www.54-luck.com/f-spo/view/720

プロ選手導入以前の五輪(オリンピック)サッカーは共産圏が無双

FIFAとしては、オリンピックにプロのサッカー選手を参加させるのは何のメリットもないのに、
なぜ条件付きでオリンピックのサッカー競技でプロ選手の導入が認められるのかというと、
サッカーを軸とした政治的な争いもあったのでは?と思われます。

プロのサッカー選手が出場できるようになる前に行われたオリンピックでの、
歴代の金メダル受賞国(チーム)は、

開催年開催都市金メダル銀メダル銅メダル4位
1988年ソウル ソビエト連邦 ブラジル 西ドイツ イタリア
1984年ロサンゼルス フランス ブラジル ユーゴスラビア イタリア
1980年モスクワ チェコスロバキア 東ドイツ ソビエト連邦 ユーゴスラビア
1976年モントリオール 東ドイツ ポーランド ソビエト連邦 ブラジル
1972年ミュンヘン ポーランド ハンガリー ソビエト連邦・東ドイツ
1968年メキシコ ハンガリー ブルガリア 日本 メキシコ
1964年東京 ハンガリー チェコスロバキア東西統一ドイツ 東西統一ドイツ アラブ連合共和国
1960年ローマ ユーゴスラビア デンマーク ハンガリー イタリア

といった感じで、共産圏(ソ連や東欧諸国)が台頭していることがわかります。

1991年にソ連が解体するまでは資本主義国と共産主義国で「冷戦」と呼ばれる政治闘争もあり、
社会主義国家のサッカークラブは「公営企業」だったことから実質的なプロの選手も「公務員」という扱いとなりオリンピックに出場可能でした。

「アマチュア」ではありながらワールドカップに出場する選手と本物のアマチュアが試合をするという、
実力差の開いた状態が続いていたこともFIFAがオリンピックにプロ選手の出場を認めた一因ではないかと言われています。

東京五輪2020(オリンピック)サッカーで注目の日本人選手

名前生年月日年齢所属チームA代表デビュー戦
堂安律1998年6月16日22PSVアイントホーフェン2018年9月11日
伊藤達哉1997年6月26日23ハンブルガーSV
久保建英2001年6月4日19マジョルカ2019年6月9日
三好康児1997年3月26日23ロイヤル・アントワープFC2019年6月17日
安部裕葵1999年1月28日21バルセロナB2019年6月18日
冨安健洋1998年11月5日21ボローニャ2019年10月12日
板倉滉1997年1月27日23FCフローニンゲン2019年9月5日
中山雄太1997年2月16日23PECズヴォレ2019年6月18日

ここにあげた8人の選手は東京五輪2020に選出されることはほぼ間違いないと思われます。

オリンピックサッカーでの登録人数はワールドカップなどFIFA公式の試合での23人ではなく18人となっていて、そのうち2人がゴールキーパーとなります。

残りの8人の枠をかけて熾烈な代表争いが繰り広げられそうです。

タイトルとURLをコピーしました