小野平八郎の経歴・学歴をwiki調査!財務省の総括審議官

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

小野平八郎さんは財務省で総括審議官を務める高級官僚。

2022年5月には走行中の電車内で乗客を殴ったなどとして暴行容疑で現行犯逮捕された小野平八郎さんの経歴・学歴などプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

小野平八郎の経歴をwiki調査

財務省キャリア総括審議官が電車内での暴行疑い現行犯逮捕

財務省の総括審議官が、走行中の電車内で他の乗客に暴行を加えたとして、警視庁に現行犯逮捕されました。

暴行の疑いで現行犯逮捕されたのは、財務省の総括審議官、小野平八郎容疑者(56)で、20日午前0時半ごろ走行中の東急田園都市線の車内で他の乗客に対し殴る蹴るの暴行を加えた疑いがもたれています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ad5c7bc4a87ea0b61432d2d9537f6335c8d3829

逮捕された小野平八郎さんは財務省の総括審議官といういわゆる「キャリア官僚」。

財務省大臣官房に置かれた局長級の職の一つで、政府系金融機関の管理や公定歩合の上げ下げについて日銀との間で調整するといった業務を行うそうです。

■財務省組織令(2020年3月31日)
第11条 大臣官房に、総括審議官1人、政策立案総括審議官1人、公文書監理官1人、サイバーセキュリティ・情報化審議官1人及び審議官11人(うち3人は、関係のある他の職を占める者をもって充てられるものとする。)を置く。
2 総括審議官は、命を受けて、財務省の所掌事務に関する特に重要な事項についての企画及び立案並びに調整に関する事務を総括整理する。

平成元年(1989年)に当時の大蔵省に入った小野平八郎さんは予算編成を担当する主計局の主計官や、税制改正を担当する主税局担当の審議官を歴任。

同期の中でもいち早く昇格すると総括審議官は歴代次官も数多く経験した「次官の登竜門ポスト」と言われ、将来の事務次官候補の一人とされていたようです。

小野平八郎の学歴をwiki調査

小野平八郎さんの出身大学および最終学歴は東京大学法学部で出身地は熊本県。

省庁の事務次官は東京大学法学部出身が異常に多いですが、国家公務員総合職の合格者の出身大学の第1位が東大が断トツで2位以下を大きく引き離しています。

さらに法学部は、東大の中でも、成績が良い人が集まっていると言われているため、国家公務員の上級職試験では、東大法学部の出身者が自然と成績優秀で合格→各省庁が、人事登用する場合は、希望に応じて、成績優秀者から、登用するのが自然でしょう。

タイトルとURLをコピーしました