線状降水帯とは長さ〇〇程度の強い降水を伴う雨域は?50km~300km?5km~30km?500km~3000km?#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

6月17日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は「線状降水帯とは長さ〇〇程度の強い降水を伴う雨域は?」でした。

スポンサーリンク

答え:線状降水帯とは長さ〇〇程度の強い降水を伴う雨域は?【お天気検定】

青:5km~30km
赤:50km~300km
緑:500km~3000km

答え:50km~300km (赤)

線状降水帯は,幅 20km~50km,長さ 50km~300km の バンド状の集中豪雨であり,対流セルが連続的に形成 されることで数時間にわたってほとんど同じ場所にと どまり,大雨をもたらす(Kato 2020). 線状降水帯は日本 の集中豪雨事例の約半数を占めるとされ,近年特に注 目を集めている.

東アジア域の線状降水帯の統計解析https://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp › satoh › labo › y-goto
タイトルとURLをコピーしました