大豆より枝豆に多く含まれているものは?タンパク質?ビタミンC?食物繊維#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

6月24日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は「大豆より枝豆に多く含まれているものは?」でした。

スポンサーリンク

答え:大豆より枝豆に多く含まれているものは?【お天気検定】

青:タンパク質
赤:ビタミンC
緑:食物繊維

答え:ビタミンC(赤)

野菜と豆の両方の栄養がたっぷり
栄養面でも枝豆には大豆にはない特徴があります。例えば、大豆にはビタミンCはありませんが、枝豆(ゆで)には100gあたり15mg含まれています。しかも枝豆のビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。カロテンも大豆(ゆで)が100gあたり3μgなのに対し、枝豆(ゆで)は290μgとたっぷり。ビタミンB群も枝豆のほうが多いのです。これらのビタミン類はいずれも野菜に多い成分ですから、枝豆は栄養的にも野菜に近い食品だといえます。

https://www.dole.co.jp/column/detail/44

枝豆は大豆と同様に栄養価が高く、また豆と野菜の両方の栄養素を含んでいます。
タンパク質や脂質が豊富で、ビタミンB1、食物繊維、カルシウム、鉄分なども含むほか、大豆には少ないビタミンCやβ-カロテンも含まれているのが特徴です。

タイトルとURLをコピーしました