川名桂の経歴をwiki調査!高校は?東大卒の女性農家でセブンルール

スポンサーリンク
0未分類

川名桂さんは東大卒という高学歴の持ち主ながら、農園「ネイバーズファーム」で代表を務める農家。

テレビ番組「セブンルール」でも農業へ熱い思いを持つ若き女性農家と紹介された川名桂さんの気になるプロフィールをまとめています。

セブンルール【「ネイバーズファーム」代表・川名桂】

■「セブンルール」放送内容
今回の主人公は、東京・日野市の住宅街の真ん中にある農園「ネイバーズファーム」で代表を務める川名桂。現在29歳の彼女は東大卒業後、大規模農業法人で経験を積み、2018年の法改正をきっかけに、都市農地を借りて新規就農する全国第1号の農家として独立した。2年前、2000㎡の畑に最新の環境制御技術を備えたビニールハウスを建設し、1人でトマトを中心とした旬の野菜の栽培を始めた。最新の農園では、土の代わりに環境に優しい「ヤシ殻」を使用し、人が通るスペースは太陽光の反射率が高い白いシートで覆われ、自動開閉式の屋根で温度をコントロールし、さまざまな数値を計測・記録する。地元の農家も「親から農業を受け継いだ僕たちが躊躇(ちゅうちょ)してしまうほど最先端」「東京で農業を始めるのに、ためらいがなくてすごい」と驚きと期待を寄せる。

農業には縁のない会社員の家庭で育ち、15歳から日野市で暮らす彼女は、子どもの頃から勉強熱心で東京大学に現役合格を果たす。入学したときは文系だったが、発展途上国でのボランティア活動やフィールドワークを通して「農業は人が生きる基本になる産業だ」と実感し、理系の農学部に転部して農業を学んだ。「消費者が見えるところで農業をやりたいという気持ちで地元での独立を目指した」と当時を振り返る。

今回カメラは、最先端の栽培システムと流通システムでトマトの地産地消を目指す彼女に密着。ビニールハウスでの徹底したデータ管理による栽培方法だけでなく、収穫後わずか3時間で店頭に並ぶ流通網や、実家で心と体を休ませるオフの過ごし方にも迫る。東大を卒業して農業の道に進んだ娘の姿を父・母はどのように見ているのか。「東京で農業を始めるのはハードルが高いから、ここが成功しないと次につながらない」と語り、新たな農業の形で注目を集める東大卒農家・川名桂の7つのルールとは。
https://www.ktv.jp/7rules/program/210629.html

スポンサーリンク

川名桂wikiプロフィール

名前:川名桂(かわな けい)

生年月日:1991年

年齢:30歳(2021年現在)

最終学歴:東京大学農学部国際開発農学専修

川名桂さんは生後間もなく家族でニューヨークに渡ると、7歳からはオランダ・アムステルダム郊外ですごしています。

小学校高学年で帰国するとその後は、埼玉県所沢市を経て東京都日野市に移り住んでいます。

川名桂の経歴

道を試行錯誤してきました。

川名桂さんは大学卒業後、同期の多くが大学院に進学したり有名メーカー・研究所へと就職していく中、農業法人に勤め始めます。

フルーツトマトの大規模ハウス栽培に従事したり、野菜の流通を担当したりするなど農業関連の幅広い業務を経験。

その後、一般社団法人の東京都農業会議のサポートを得て、農地を借りて東京都日野市で就農しています。

川名桂さんはなぜ農家の道を選んだのかというと、学生時代に、発展途上国の海外ボランティアに参加した経験がきっかけとなっています。

都市の貧しいスラムでホームステイをするなど現地に密着した生活をするうちに、都市のスラムに暮らす人たちのほとんどが農村出身という現実を知ります。

農村の貧困がスラム街を形成するなどさまざまな問題の根底にあるのでは?と疑問をいだきつつも、実際に農村で暮らす人たちは貧しくても幸せに暮らしている様子も目の当たりにします。

人間が豊かに暮らすためには、「食」が何よりも重要で、それを支える「農」という基盤が必要なんだと思い至り、農業法人に就職することに決めたそうです。

川名桂さんは約3年間農業法人に勤務した後、2019年3月、地元日野市在住の農家と30年にわたる農地の貸借契約を結び、生産緑地を借りて農業を営む全国初の新規就農者となりました。

■川名桂さんの略歴
2014年
農業法人に就職。福井県にて大規模トマト栽培施設の立ち上げ・流通業務に携わる。

2017年
より消費地との近い農業を志し、東京都清瀬市の農家にて研修を開始。

2019年3月
日野市の生産緑地を借り受けて日野市にて新規就農、ネイバーズファームを設立。日野市の認定新規就農者となる。

川名桂さんのトマトはどこで買える?販売場所は?

川名桂さんが手掛けるトマトはどこで買えるのかというと、販売場所は

川名桂さんの畑併設の直売所
「Farmer`s market 東京 みなみの恵み」

で購入できます。

■畑併設の直売所
東京都日野市大字新井870

■Farmer`s market東京みなみの恵み
東京都日野市万願寺6丁目31

〒191-0022 東京都日野市新井870

Farmer`s market東京みなみの恵みは、東京都日野市万願寺6丁目31にあります??

営業時間:10~18時
定休日:水(祝日と重なった場合は営業し、翌日が休み)

ちなみに川名桂さんがまだ農業法人に努めていた時のこと、自身が育てたトマトが都内のコンビニでも販売されたことがあるようですが、「見つけたけど、古かった」と両親から指摘を指摘されショックを受けます。

せっかく最高のトマトを作っても流通の問題で、供給の過不足が起きたり品質に悪影響が出てしまうことに悩んだ 川名桂さんは、生産者と販売者が連携して流通の課題を解決する方法を模索します。

販売にまでしっかり自分が関わって、採れたての野菜を消費者に届けられる農業をしたいと思っていたものの、国の定めた農地政策では、新規の就農希望者が市街地の中にある生産緑地を借りて新たに畑や田んぼを作ることは事実上不可能でした。

ところが2018年9月1日から新法「都市農地貸借円滑化法」が施行され、市街化地域にある生産緑地でも新規就農が可能になったことから、川名桂さんは、「Farmer`s market」をはじめ生産緑地を借りて新規就農をした第1号となりました。

川名桂のツイッターやインスタグラム

川名桂のツイッター
@oh_keikei11

川名桂のインスタグラム

川名桂のフェイスブック

川名桂の公式HP

川名桂の高校や大学など学歴は?

川名桂さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、
Facebookの出身高校の欄に「国立高等学校に在学していました」と記載がありました。

川名桂さんの経歴では15歳からは東京都日野市に移り住んでいることから、高校は日野市の自宅から通える国立高校のいずれかとみられます。

大学は現役で東京大学に進学すると、入学時は農業とは全く無縁の文系。

ただ海外ボランティアの経験を経て農学部専攻に転部しています。

川名桂の家族は?父親・母親・兄弟姉妹は?

川名桂さんは幼少期をアメリカ・ニューヨーク、オランダ・アムステルダム郊外で生活をしていますが、父親は会社員との事。

職種は貿易関係や商社、銀行などといった仕事になりそうですね。

ちなみに、東京都日野市は父親の地元とのこと。

川名桂の結婚した旦那(夫)や子供は?

調査中
川名桂さんのプライベートについて調べられる範囲では結婚に関する情報は一切ありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました