世界初として専門誌で発表されたイルカの水中行動は?あくび?くしゃみ?そしゃく#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

7月15日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は【世界初として専門誌で発表されたイルカの水中行動は?】でした。

■当ブログの人気コンテンツ

スポンサーリンク

答え:世界初として専門誌で発表されたイルカの水中行動は?【お天気検定】

青:あくび
赤:くしゃみ
緑:そしゃく

答え:あくび(青)

イルカが水中であくび 大学院生が14日間観察し発見

水族館で飼育中のハンドウイルカが、水中で「あくび」をすることを発見したと、三重大の研究チームが13日に発表した。水中で生活するクジラやシャチなどの水生哺乳類で、あくびが確認されたのは初めてという。あくびは従来、呼吸を伴うものとされてきたが、呼吸なしでもできることになる。今後、定義の変更を提案したいとしている。

三重大大学院の榎津晨子(あきこ)さん(博士課程3年)は、愛知県の南知多ビーチランドで飼育されている3頭のハンドウイルカを14日間観察し、水中で口をゆっくり開けて閉じる動作を5例、確認した。

 ゆったりと泳ぎながら目が閉じかかっている姿がビデオ録画で確認されたため、水中でのあくびと結論づけた。イルカは水上に顔を出して呼吸するが、その時も含めてあくびが確認されたのは初めてという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c41e733e9e4716280c6e577b19aff47e1b8871b
タイトルとURLをコピーしました