県岐阜商業野球部メンバー甲子園2022|出身中学や注目選手

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

県岐阜商業高校は甲子園に春夏通算60回近い出場を誇る岐阜県を代表する野球の名門校。

2022年の第104回全国高校野球選手権岐阜大会を制し甲子園出場を果たした県岐阜商業野球部メンバーの出身中学や注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

県岐阜商業高校野球部メンバー2022甲子園の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1井上悠投手3年生西濃ボーイズ右/右182/94
2村瀬海斗捕手3年生愛知江南ボーイズ右/左184/83
3三塚武造内野手2年生飛騨高山ボーイズ左/左178/81
4河合福治内野手3年生岐阜羽島ボーイズ右/左183/78
5藤本旭陽内野手2年生中百舌鳥ボーイズ右/右172/70
6内藤大輔内野手3年生揖斐本巣ボーイズ右/左177/75
7伊藤颯希外野手3年生岐阜東濃ボーイズ右/右186/95
8後藤耀介外野手3年生関ボーイズ右/右170/70
9石原尚昇外野手2年生岐阜ボーイズ右/右170/70
10小西彩翔投手3年生岐阜中濃ボーイズ右/右182/75
11小林希内野手2年生飛騨高山ボーイズ右/右175/82
12矢野航大捕手2年生枚方ボーイズ右/右173/76
13安藤竣祐投手3年生岐阜南ボーイズ右/右177/74
14古賀暖人投手3年生岐阜ボーイズ右/右182/81
15磯野真夢内野手2年生岐阜中濃ボーイズ右/左175/72
16垣津吏統内野手1年生岐阜西ボーイズ右/右179/92
17村木楓芽外野手2年生岐阜西ボーイズ右/右180/74
18山口恵悟投手2年生岐阜中濃ボーイズ右/右177/87
19加納朋季捕手1年生愛知尾州ボーイズ右/右180/80
20小泉慶外野手2年生愛知江南ボーイズ右/左172/74

県立岐阜商が村瀬サヨナラ弾で劇的優勝

2022年第104回全国高校野球選手権岐阜大会は28日、決勝が行われ、県立岐阜商が延長11回サヨナラアーチの7対6で帝京可児を破り、2年連続30度目の甲子園出場を決めた。

帝京可児は1対2で迎えた8回、代打・松尾 優吾外野手(3年)の左前適時打で同点とすると、美野田 琉輝遊撃手(2年)のスクイズで勝ち越し。その後、1死満塁から鈴木 孝介投手(3年)が走者一掃の右越え3点適時三塁打を放って、6対2と突き放した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c690d0db59aefae96e26289db83694be9052dab7

県岐阜商業高校野球部スタメン

2022-07-26の全国高等学校野球選手権岐阜大会 高校野球夏の選手権大会 準決勝、岐阜第一高校との対戦は、以下のスタメン・守備で行われました。

打順 守備 名前 学年 出身中学・出身高校
1 遊 内藤大輔 3年生 Jr.メントーズ – 揖斐本巣ボーイズ – 村瀬杯岐阜県選抜シャークス – 県岐阜商
2 右 小泉慶 2年生 愛知江南ボーイズ – 県岐阜商
3 一 三塚武造 2年生 飛騨高山ボーイズ – 県岐阜商
4 左 伊藤颯希 3年生 武並クラブ – 岐阜東濃ボーイズ – 村瀬杯岐阜県選抜シャークス – 県岐阜商
5 二 河合福治 3年生 岐阜羽島ボーイズ – 県岐阜商
6 中 後藤耀介 3年生 各務野球スポーツ少年団 – 関ボーイズ – 村瀬杯岐阜県選抜シャークス – 県岐阜商
7 三 藤本旭陽 2年生 中百舌鳥ボーイズ – 県岐阜商
8 捕 村瀬海斗 3年生 愛知江南ボーイズ – 県岐阜商
9 投 井上悠 3年生 西濃ボーイズ – 村瀬杯岐阜県選抜シャークス – 県岐阜商

県岐阜商業高校野球部メンバー2022甲子園の注目選手

県岐阜商業高校は日々の練習で

1日1200回スイング
270日間で2100キロ走り込む
親指・人差し指・中指をつかった3本指立て伏せを100回
膝を立てての腹筋が300回

など具体的な数値目標を取り入れているのが大きな特徴です。

県岐阜商業高校野球部の進路

加藤 春雄
野村 武史
国枝 利通
大島 信雄
高山 泰夫
坂井 豊司
武智 文雄
畑中 時雄
大平 茂
栗木 孝幸
樽井 清一
田中 照雄
高木 守道
千藤 三樹男
前原 博之
和田 一浩
蔵本 英智
石原 慶幸
青木 高広
黒瀬 春樹
藤原 正典
三上 朋也
高橋 純平

社会人野球│県立岐阜商業高等学校硬式野球部OB会

県岐阜商業高校野球部の監督

県岐阜商業高校野球部の監督は鍛冶舎巧さんです。

■鍛冶舎巧プロフィール

生年月日:1951年5月2日

年齢:71歳

出身地:岐阜県

出身高校:県岐阜商

出身高校:早稲田大学

高校3年時にエースで4番として1969年の第41回、夏の選抜に出場。

大会通算100号本塁打を放つなどベスト8進出に貢献し、早稲田大学でも季ぶりとなる1973年春季リーグ戦の優勝に貢献。

ベストナイン(外野手)2回受賞などの実績を残して社会人野球の松下電器に入社すると主軸として活躍を続けます。

1975年秋のドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受けるも入団を拒否。

社会人野球を続け1979年の社会人野球日本選手権では一塁手、四番打者として活躍して1981年に現役引退後。

その後は松下電器の野球部で同部長、監督を歴任し、1985年から2010年まではNHK高校野球解説委員を務め、高校野球ファンの間では知られた存在となっていました。

その間、松下電器が「パナソニック」の名前に代わりスポーツ担当の役員に昇進。

少年野球の強豪・オール枚方ボーイズの監督も務めジャイアンツカップ3度優勝などに導き、2014年4月には熊本県の秀岳館高の監督に就任しています。

秀岳館高は当時はまだ実績がほとんどない無名の高校でしたが、少年野球で実績を上げていたことから、
教え子を中心に同校へ全国から優秀な選手が集結するようになり、同校を全国的な強豪校へと押し上げています。

秀岳館高時代には3年目の2016年春の選抜大会から3季連続で甲子園ベスト4進出といった実績を残し、
2018年3月から母校の県岐阜商の監督に就任しています。

元ビジネスマンらしく、練習にPDCAサイクルを導入し、選手の技能と意識向上を心掛けています。

日本の高校野球では投手への負担が以前から問題視されていましたが、鍛冶舎巧はずっと以前から
「一大会で一人の投手が600球も投げるのは、その投手の将来を思ったら避けたほうがいい」といった持論を持ち、複数の投手を育て、継投策を採っています。

打撃に関してはノーステップ打法が知られています。

アマチュア野球の日本代表にコーチとして帯同した当時、世界最強といわれたキューバに対抗すべく用いた策で、
ファーストストライクからフルスイングで長打を狙いに行き、追い込まれたら一転、打率を高めるノーステップ打法に切り替えています。

県岐阜商業高校野球部の戦績

■県岐阜商高校甲子園戦績
出場回数:春の選抜30回、夏の選手権30回
優勝:4回
準優勝:6回

■県岐阜商高校2021戦績
秋季県大会 優勝
秋季東海大会 準優勝
第93回春選抜大会 1回戦で敗退
春季県大会 ベスト8
夏季県大会 優勝
第103回夏季選手権大会 1回戦で敗退

■県岐阜商高校2020戦績
秋季県大会 優勝
秋季東海大会 準優勝
第92回春選抜大会 大会中止
夏季独自県大会 出場辞退
夏季甲子園交流試合 明豊高と対戦

■県岐阜商高校2019戦績
秋季県大会 ベスト4
春季県大会 準優勝
春季東海大会 ベスト4
夏季県大会 ベスト8

■県岐阜商高校2018戦績
秋季県大会 ベスト8
春季県大会 ベスト4
夏季県大会 3回戦で敗退

県岐阜商業高校の校歌

作詩:伊藤 武男 作曲:福井 直秋

緑滴る 金華山
水清冽の 長良川
山河自然の 化を享けて
城北の地に 聳え立つ
我が学びに舎を 仰がずや

タイトルとURLをコピーしました