高城久・光寿のウナギ経歴がすごい!おすすめのお店はここです

スポンサーリンク
0未分類

高城久・光寿さん親子は、日本全国400軒以上のうなぎ店を訪問・これまでに3000食以上のうな重、うな丼を食べたというウナギマニア。

過去には「マツコの知らない世界」にも出演したことがある高城久・光寿さん親子の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

高城久・光寿おすすめのウナギのお店

高城久・光寿さん親子が「うなぎ好きなら、ぜひとも訪れてほしい」と、絶賛するお店は、

王道の江戸前うなぎを味わいたいなら「うなぎ処 古賀」
ラーメン好きも集う、千円札1枚からうなぎ料理が楽しめる個性派「八べえ」
うなぎ料理の新たな世界に誘ってくれる、女性にもおすすめの1軒「川昌 本店」

などがあります。

■うなぎ処 古賀
埼玉県さいたま市桜区田島5-10-5 土屋第5ビル1F

【メニュー】
鰻重 松(200g)5,500円
鰻重 竹(160g)4,500円
鰻重 梅(120g)3,500円
鰻重 もみじ(95g)2,700円
鰻まぶしご飯(125g)3,500円
うな丼(65g)2,000円

■八べえ
【住所】
東京都江東区亀戸3-2-8 斉魯ビル 1F

【メニュー】
鰻丼2860円(税込)
鰻重特々上3850円(税込)
坂東太郎5000円~
青うなぎ5500円or7150円(税込)
高知県産無加温うなぎ7150円(税込)
お新香440円(税込)
肝焼990円(税込)
鰻兜焼550円(税込)

■川昌 本店
【住所】
埼玉県北葛飾郡松伏町金杉1511

【メニュー】
うな丼 2,600円
うな重 並 3500円
うな重 上 4500円
うな重 極 5900円
白蒲重 並 3500円
白蒲重 上 4500円
白蒲重 特上 5900円
うなぎまぶし 並 2600円
うなぎまぶし 上 3500円
うなぎまぶし 特上 4500円

他にも、高城久・光寿さん親子がお進めするお店には、

うなぎ家 しば福や(うなぎ上丼。愛知県名古屋市西区那古野1丁目23-10。4,050円)
はし本(白焼。東京都中央区八重洲1丁目5-10。3,300円)
うなぎ屋酒坊・画荘 越後谷(うなぎのしら焼き。埼玉県所沢市小手指町4丁目21-22。5,500円)
うなぎ創作・鰻樹(うなぎの皮焼き串。埼玉県吉川市木売2丁目9-7。486円)

といったところがあります。

高城久・光寿おすすめのブランドうなぎ

牛肉にもブランド牛によって肉質や味わいが変わってくるようにうなぎもブランドによって風味が変わってくると高城久・光寿さん親子は話しています。

ブランドうなぎは基本的に養殖ウナギを指していて、伏流水などを豊富に使いながら1年以上かけてじっくり育てられたものが多く、
天然物に比べて飼育期間が長く肉厚で身がしっかりしていて、脂はあるんですが、決して脂っこくないとのこと。

高城久・光寿さん親子のおすすめのブランドウナギには、

利根川の天然うなぎの味わい、うなぎ坂東太郎
ブランドうなぎのパイオニア、共水うなぎ
星付き店も御用達、横山さんの鰻

といったものがあります。

高城久・光寿wikiプロフィール

■高城久プロフィール
出身地:千葉県佐倉市
生年月日:1962年2月7日
年齢:58歳
最終学歴:学歴:帝京医学技術専門学校柔道整復科
職業:整復師(柏長生館高城整復院院長)

■高城光寿プロフィール
年齢:31歳(2020年12月時点)
居住地:千葉県柏市
職業:うなぎ問屋

高城久・光寿さん親子はうなぎの名産地であり、うなぎ屋が軒を連ねていた千葉県佐倉市の出身です。

高城久さんは高校卒業後、佐倉市内にある治療院に就職し1989年に独立すると脊椎矯正療法「柏長生館高城整復院」を開業し、
肩こり、腰痛、神経痛などの治療の他に、競輪選手、大相撲、Jリーガーなどプロアスリートのケアに努めています。

高城久・光寿の経歴

地元の名産ということもあって、ウナギ好きだった高城久さんですが、1軒、また1軒とそうした店が姿を消していく現状に一念発起。
うなぎ屋さん応援サイト「うなぎ大好き・どっとこむ」を立ち上げています。

2018年11月27日放送のTBS『マツコの知らない世界』では「養殖うなぎの世界」として高城久・光寿さん親子が出演もしていました。

高城久・光寿の高校や大学など学歴は?

高城久・光寿さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、
高城久さんは「帝京医学技術専門学校柔道整復科」を卒業しています。

今現在はサッカーや野球、バレーボールなどスポーツを観戦を趣味としていて、
サッカーは地元柏レイソルの創設時からのサポーターでもある高城久さんは、
高校時代にラグビー部に所属していたスポーツマン。

ただ、子供の頃とても病弱だったことがあり、治療師を目指したきっかけも子供の頃の体験があったようです。

小学校低学年くらいまではちょっとしたことですぐに体調を崩してしまうことから、1週間続けてまともに通学できたことはないほどで、
担任の教師からは進級が難しいと言われていたほど。

かかりつけの医師からは朝は元気そうでも夕方には熱を出しているので「おばけ」なんていうあだ名をつけられていたそうです(今では考えられませんね。)

小学校高学年になると欠席日数は減っていたものの、
子供心に運動会などで活躍する友人に憧れ、健康にコンプレックスを抱き、
季節の変わり目などは喘息の発作を起こして登校出来ないこともしばしば。

さらに母も体が弱く慢性の肩こり、頭痛に胆石や胃潰瘍で入院を繰り返したそうですが、
親戚の人の紹介でとある治療院(ここが後に入門する諏訪長生館の東京分館です)に通い始めると
みるみる元気を取り戻して様子を目の当たりにします。

丈夫な身体がほしかった高城久さんも母に頼んで通院してみたところ、喘息の発作を起こしにくになり、
中学に入る頃には市のロードレース大会に学校代表で出場できるまで丈夫な体をもてるようになりました。

健康な身体は有難い。多くの人が健康を取り戻せるお手伝いが出来たら素晴らしい。
この思いが、治療師を目指す原点です。
引用元 http://371374.net/profile/index.html

高城久・光寿の結婚した嫁は?子供はいる?

高城久さんは1987年5月に早苗さんと結婚されています。

奥さんの整復院を支えつつ、高城さんが営む書道教室「弓書道場」を通じて己書を地元で普及させる活動もしている総d背う。

ちなみに、奥さんの早苗さんも平成30年2月に2月17日に行われた19期(東京4期)の日本己書道場・師範試験で見事、合格を果たしています。

タイトルとURLをコピーしました