ハロウィーンで仮装するのは何のため?#お天気検定

スポンサーリンク
0未分類

10月4日の「グッドモーニング」内のクイズ「お天気検定」で出題された問題は【ハロウィーンで仮装するのは何のため?】でした。

■当ブログの人気コンテンツ

スポンサーリンク

答え:ハロウィーンで仮装するのは何のため?【お天気検定】

青:死者を案内する
赤:死者から身を守る
緑:死者を追い払う

答え:死者から身を守る(赤)

ヨーロッパ圏のほぼ全域でキリスト教が主流となっていく7世紀を過ぎた頃、キリスト教にも万聖節(All Saints’ Day)が生まれました。All Saints’ Dayも死者を祈る日。サムハイン祭を取り込むように11月1日に制定されました。
Saintsはアングロサクソン語のHallow。
Hallow’ s Eve(イブ)が短縮されて「Halloween」と呼ばれるようになったのです。

ハロウィーンはサムハイン祭の影響を大きく受けていました。
地域によっては妖精伝説が根強く残り、身を守るために仮面を着けたり、また悪霊払いの焚き火をして、この日を祝いました。焚き火は魂を救済する役目も担ったといいます。また、各家庭では魂を迎えるためにsoulcake(ソウル・ケーキ)を作り、それをもらい歩くことをsouling(ソウリング)と言っていました。

https://tenki.jp/suppl/m_nakamura/2015/10/27/7331.html
タイトルとURLをコピーしました