パーセルマウスは誰?意味(パーセルタング)は?ハリーポッターで実在?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ハリーポッターでパーセルマウスは誰?サラザールの家系(子孫)以外でも、先天的に蛇語を話せる魔法使いor魔女は、いるんでしょうか?

トムリドルは蛇語を話せますが、マグル生まれの魔法使いor魔女にも、先天的に蛇語能力が備わる場合はあるんでしょうか?

スポンサーリンク

パーセルマウスは誰?ハリーポッター

歴史上に名前の残っているパーセルマウスの一覧です。

■生まれつきのパーセルマウス
・サラザール・スリザリン
・マールヴォロ・ゴーント
・モーフィン・ゴーント
・メローピー・ゴーント
・ヴォルデモート(トム・マールヴォロ・リドル)

■後からパーセルマウスになった
・ハリー・ポッター(ヴォルデモートに殺されかけた際、能力の一部が移った)
・ロン・ウィーズリー(ハリーが話していた蛇語の真似をした結果、成功した)
・アルバス・ダンブルドア(パーセルマウスから蛇語を習得した)

■どちらかは分からないが一応パーセルマウス
・腐ったハーポ(最初にバジリスクを創り出したギリシャ出身の闇の魔法使い)

ゴーント家はご存知の通りスリザリンの直系家族です。この他にも、能力は持っているが隠し通してきた人などいるかもしれません。

また、どのような遺伝性の特別な力でも、その始祖は偶発的に生まれてくるものです。なのでマグル、もしくはスクイブから産まれた子供がパーセルマウスの魔法使いになる場合もあります。

トムリドルは蛇語を話せるのはサラザール・スリザリンの子孫だからです。

サラザール・スリザリンは

ゴドリック・グリフィンドール
ヘルガ・ハッフルパフ
ロウェナ・レイブンクロー

とともにホグワーツの創始者である人です。

蛇語を話せる人をパーセルマウスと言いますが、サラザール・スリザリンはパーセルマウスでした。

パーセルマウスの能力は遺伝するのでヴォルデモートは蛇語を話せるというわけです。

パーセルマウスはほとんどいないのでパーセルマウスというだけでスリザリンの継承者(=サラザール・スリザリンの子孫)=スリザリンは悪の魔法使いが多い=悪の魔法使いと思われてしまいがちですが善良で偉大な魔法使いなら話せる人もいるそうです。

作中では遺伝によってパーセルマウスであるのはヴォルデモートの血筋しか出てきていませんが、ハリーはハリーの中にヴォルデモートの魂の一部がしがみついていたのでヴォルデモートの魂が死ぬまでパーセルマウスでした。

あと、ロンがハリーの真似をして蛇語を話したらそれがたまたま通じたというときもあります。

ダンブルドアはパーセルマウスから蛇語を習い蛇語を話せます。

ちなみに、ハリーポッターと死の秘宝で、最後らへんにロンが蛇語を話すシーンがあり、ロンいわくハリーの真似したらできたと言っていました。

パーセルタングの意味は?ハリーポッター

蛇語は我々にとっては意味が分からない言語です

マルフォイが出した蛇がジャスティンを攻撃しようとしたので、ハリーは蛇に向かって「Leave him!」と叫びます。「彼から離れろ!」という意味です。ハリーは普通の英語で言ったつもりでしたが、他の生徒や教師には、単なるシューシューという音にしか聞こえず、ハリーが蛇をけしかけたと誤解されてしまいます。
日本語版では Leave him が「手を出すな。去れ!」となっていますが、蛇に向かって「手を出すな」は変ですよね。

秘密の部屋の入り口では「Open up」、つまり「開け」と言っているだけです。

タイトルとURLをコピーしました